JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14256
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

私はアメリカ在住の長い主婦です。 主人のことでちょっと相談です。主人も日本人、仕事の関係で在米40年近くなります。

解決済みの質問:

私はアメリカ在住の長い主婦です。
主人のことでちょっと相談です。主人も日本人、仕事の関係で在米40年近くなります。
最近、主人がアスペルガー(発達障害)ではないかと確信しているところです。
その関係の本をいろいろ読むと、ほぼ90%は主人の言動に当てはまります。又、私は以前教師をしていた時に
自閉症、アスペルガー症、両方の児童を何人か担当したことがあるので、その症状をよく分かっていますし、
診断することも出来ます。(自己診断ですが)

以前、働いていた頃は忙しくて、主人の動向を気にする暇がありませんでしたが、現在は退職して家に居ますと、普通の大人に男性と違う部分がありありと見えてきます。主人はアメリカの会社で専門職として活躍してきて、60 歳になりましたが、今も張り切って働いています。その方面では才能が認められていて、会社内ではすくなくとも彼のアスペルガー性を疑われることは一切ないようです。
今の所、私以外には誰も気がついていないと思いますが、そこが返って私のストレスになるわけです。
こういう、アスペルガーを持つ人のパートナーだけが一人で苦しむことを、今のアメリカでは「カッサンドラ症候群」と名付けられてカテゴリー化され、そのような人へのケアーが精神科でされています。

アスペルガーの症状を先生はよくご存知だと思いますので、それらをここで書き連ねることは避けますが、とにかく主人の日常の言動はその症状を端的に現しています。
彼は知的には普通以上で、性格もよく、思いやりも私以上にあるくらいなのですが、やはりアスペルガーの症状が出たときは、私は人前で恥ずかしくなったり、いらいらしたり、がっかりしたりとこちらの精神状態がアンバランスになります。時折、二人で激しく言い合いになったりもします。
彼はいまのところ、医者の診断を受けるように言っても、受け付けない状態ですが、今後、どのように対策していけばよいか、ぜひ、ご指南ください。

日本ではアスペルガーの人のパートナーに対するケアーはありますか? カッサンドラ症候群などは知られているでしょうか? この点について、特に教えて頂ければありがたいです。英語でこちらの医師と話すより、日本語で話を伺う方がより深く認識できると思い、相談することにしました。
よろしくお願いします。

伊藤静子(仮名)
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


現在、JustAnswerではユーザー様からの評価によって専門家のパフォーマンスを計測する試みが行われています。
今回のように、ユーザー様の願望に添えない回答をせざるをえないご相談の場合、回答内容が医学的に正しくとも、感情的な理由でマイナス評価を賜り、結果として報酬も得られず、運営側からの評価も下がることになることがすくなくありません。よって、専門家側も、そうしたご相談に対する回答を敬遠しがちになります。
このご相談に長く回答が付かなかったのは、それが理由であろうと推測いたします。

放置されているのを見るに忍びないようにも思われますので、あまりポジティブな内容にはなりませんが、回答させていただきます。

> 彼はいまのところ、医者の診断を受けるように言っても、受け付けない状態ですが、今後、どのように対策していけばよいか、ぜひ、ご指南ください。
米国の発達障害圏の疾患に対する医療体制は存じませんが、日本ならば、ご主人の年齢で、高機能(高知能)かつ専門職で高い評価を受けているということになれば、治療を行える施設は皆無なのではないかと考えます。
お薬を服用して治る「病気」ではありませんから、アスペルガー症候群を含めた発達障害をお持ちの方への治療は社会生活技能訓練を中心とした、社会適応を目指したものになりますが、ご主人の年齢でそうした治療プログラムに参加するのは困難ですし、既に社会適応はされているとの言えますので、ただでさえ後手に回っていて限定されている発達障害の治療のための治療資源をご主人のような方に投入しようとは、多くの専門医が考えないと思います。


アスペルガー症候群を含む発達障害は、近年になって急速に疾患としての認知度が高まり、これまで診断がついていなかった患者様が数多く「日の目を見る」ようになりました。
しかし一 方で、発達障害を適切に診療できる精神科医の数がそれに追いついていないのが日本の現状です。
政府がこの現状を改善するために、国策として発達障害情報・支援センターを開設しましたが、まだまだ十分なケアを発達障害当時者(特に成人後発覚例)については十分なケアが行き届いていないのも現実です。

 

> 日本ではアスペルガーの人のパートナーに対するケアーはありますか?
発達障害のご家族のケアに関しても、多くの医療者は知識が無く、「発達障害の方と一緒に生活することはストレスであろう」という一般的な認識は持っていますが、体系的に介入を行うような体制にはありません。
「カサンドラ症候群」についても、むしろご家族側が知識を持っておられる方が多く、インターネット上でブログや掲示板での議論がなされている程度です。
http://iroria.blog13.fc2.com/blog-entry-136.html
http://www4.rocketbbs.com/241/bbs.cgi?id=hime&mode=pickup&no=5716

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14256
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • DrAkiraOlsen

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    該当なし
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/DR/DrAkiraOlsen/2012-2-20_746_AkiraADpicmain.64x64.jpg DrAkiraOlsen さんのアバター

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    0
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/KE/kerosuke/IMG_0006[1].64x64.JPG kerosuke さんのアバター

    kerosuke

    精神科医

    満足した利用者:

    104
    平成16年 滋賀医科大学医学部医学科卒業 千鳥橋病院初期研修医平成18年 滋賀医科大学精神科後期研修医平成20年 滋賀医科大学精神科助教平成22年 滋賀医科大学地域精神医療学講座特任助教平成23年 滋賀医科大学精神科外来医長(兼任)
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    精神科医

    満足した利用者:

    233
    鳥大学医学部卒。診療所院長(診療科:精神科、心療内科、内科、神経内科)
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2556
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    297
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
 
 
 

精神科 についての関連する質問