JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14294
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

大学3年男子の母です。前期の授業にほとんど出てないことが大学の保護者会で判明しました。 今年の5月半ばに本人に大学

質問者の質問

大学3年男子の母です。前期の授業にほとんど出てないことが大学の保護者会で判明しました。
今年の5月半ばに本人に大学を休んでいるといわれ電話で話し合いました。アパートに行くといったら、ちゃんと大学にいくは行く!大学を確認してもいい!ときっぱりいったので尊重して様子を見ていました。
そのときに大学の学生相談室の話もしたのですが、そんなとこに行くほど 弱くない、意外と頑丈なんだ と
1.2年のときはバイトもしていたのですが 今はやっていません。人とのつきあいがだんだんしんどくなってしまうようです。大学でもあまり友人はいないようです。本を読むのが
高校のときも三年の三学期に学校に行けなくなりました。そのときは卒業単位は満たしていたので卒業できました。大学受験もセンター試験は受けられませんでしたが 自分で受験し私立の英米文学部に合格しました。
親もつい腫れ物にさわるような接し方をしてしまいます。明日 アパートに行って話しをしてこうようと思っているのですがどんな態度で接するのがよいのかわからなくなってしまってます。アドバイスいただければと思いメールしました。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


現在、JustAnswerではユーザー様からの評価によって専門家のパフォーマンスを計測する試みが行われています。
今回のように、ユーザー様の願望に添えない回答をせざるをえないご相談の場合、回答内容が医学的に正しくとも、感情的な理由でマイナス評価を賜り、結果として報酬も得られず、運営側からの評価も下がることになることがすくなくありません。よって、専門家側も、そうしたご相談に対する回答を敬遠しがちになります。
このご相談に長く回答が付かなかったのは、それが理由であろうと推測いたします。

放置されているのを拝見するのも忍びなく、回答いたしますが、お役に立つ内容ではないかもしれません。

率直に申し上げて、ご子息に関して、あまりにも情報が足りません。

このサイトでは、実際に患者様を診察できませんし、検査所見も拝見することができません。文章で得られる情報が全てですので、十分な情報が得られない場合は十分な回答ができない場合もございます。

相談者様は、患者様と離れて暮らされているというようですから、ご本人の現状についてこの場で説明できるほどには把握されていないのだと思われます。
現在のご質問分のご記載からではご満足いただける回答はできません。

このサイトは相談者様にプラス評価をいただかなければ専門家は報酬を得られないシステムです。
十分な情報をいただけるか、不十分な情報に基づく不十分な回答でプラス評価をいただけるか、そのどちらかを了承していただかない限りは、回答作業が徒労に終わってしまうわけです。
これも、回答が付かなかった理由の一つでしょう。

仮にご子息に狭義の精神医学的疾患があり、そのために大学に行けていないのであれば、支持的に接し、登校刺激はせずに、まずは病気を治すことを最優先した対応をされるべきでしょう。

性格的な問題であれば、大学に行くよう説得し、応じないなら学費も含めた金銭的援助を打ち切られ、学生という免罪符を失った成人男子の当然の義務として自活するよう言い渡されるべきでしょう。

鑑別のためには、ご子息に精神科・心療内科を受診していただく必要があります。

このサイトでは、受診を拒む本人をどうやって受診させればよいのか、また、どのような接し方をすればよいのか、というご家族からの相談をいただくことがしばしばありますが、ご本人のお人柄やご家族との関係を存じ上げないわれわれに、ぽんと、これこれこのように説得すれば受診させることができますよ、こういう接し方をすればよい方向に向かいますよ、という助言がで きるわけもありません。
統合失調症で幻覚・妄想や興奮が激しい症例の場合を除いて、法的に受診を促す制度もございません。
受診までの説得はご家族が行われる必要があるのです。

以上、ご参考になれば幸いです。

精神科 についての関連する質問