JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14312
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

43歳の女性です。夫は29歳で、子供はおりません。 夫が昨年末まで2年ほどひきこもり、今年の4月には再就職しました

質問者の質問

43歳の女性です。夫は29歳で、子供はおりません。
夫が昨年末まで2年ほどひきこもり、今年の4月には再就職しまし たが、2か月で退職となってしまいました。その後、就職活動とバイト探しをしていたのですが、こんどは私が病的にヒステリックになってしまい、夫をなじるなど繰り返しました。そのためにまた夫は8月はじめ頃から、ひきこもりとなり、うつのような状態です。落ち込みと突然のイライラが繰り返されています。
わたしはカウンセリングに通いはじめました。自分のヒステリーを克服し、なんとか二人のサイクルをよくしたいと考えています。しかし夫の状態を見ていると、夫は医者に行ったほうがいい、と思うことも多く、悩んでいます。夫はカウンセリングや精神科への通院をすすめると、必ずイライラになり、絶対に行かない、と言います。
2年以上も前から、医者に行ってほしい、行かない、の繰り返しで、どうしていいのかわかりません。夫の両親は「見守って」と言うのですが、それでここまで来てしまい、同じことの繰り返しになってしまいました。
夫は、暴力はなく、近所への迷惑もありませんが、「死ね死ね」と自分に向かって2,3時間も繰り返したり、家の中の物を壊したりします。
いろいろな人に相談していますが、私自身が一貫性が持てず、夫の気分に巻き込まれてしまいます。医者に行く方法、私が落ち着く方法、なんでも結構です。ご助言ください。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


おはようございます。猫山と申します。精神科医です。

現在、JustAnswerではユーザー様からの評価によって専門家のパフォーマンスを計測する試みが行われています。
今回のように、ユーザー様の願望に添えない回答をせざるをえないご相談の場合、回答内容が医学的に正しくとも、感情的な理由でマイナス評価を賜り、結果として報酬も得られず、運営側からの評価も下がることになることがすくなくありません。よって、専門家側も、そうしたご相談に対する回答を敬遠しがちになります。

あるいはこのご質問もそれに該当するのかもしれませんが、私なりの見解を述べさせていただきます。

まず、ご記載を拝読する限りは、ご主人には医療的な介入が必要な状態であると私も思います。定期的な外来通院、もしくは入院加療の対象かもしれません。
しかしご本人が強く「カウンセリングや精神科への通院」を拒んでいるとのことですから、ご主人を医療に繋げるのは困難であろうとも考えます。

このサイトでは、十分な病識(自分が病気だという認識)が無い本人をどうやって受診させればよいのか、というご家族からの相談をいただくことがしばしばありますが、ご本人のお人柄やご家族との関係を存じ上げないわれわれに、ぽんと、これこれこのように説得すれば受診させることができますよ、という助言がで きるわけもありません。
統合失調症で幻覚・妄想や興奮が激しい症例の場合を除いて、法的に受診を促す制度もございません。
受診までは、家族が何とかしなければならない部分なのです。

ご主人が精神科医療機関を受診できないという前提で相談者様が落ち着かれる方法としては、一時的に距離を置くことが考えられるでしょう。
ご主人の病状に影響され、巻き込まれてしまい、「病的にヒステリックになって」しまわれることでさらにご主人の病状が悪化するという悪循環が生じていしまっているようにお見受けします。
可能であるならば、ご主人にしばらく実家で過ごしていただくなりして物理的に距離をとられて相談者様の治療を進められ、余裕ができてから改めてご主人に向き合われ、先々のことを話し合われるのがよろしいのではないかと存じます。

以上、ご参考になれば幸いです。

精神科 についての関連する質問