JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
clozapine1961に今すぐ質問する
clozapine1961
clozapine1961, 精神科専門医
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 297
経験:  精神保健指定医、都内大学病院勤務
69030297
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
clozapine1961がオンラインで質問受付中

現在、心療内科に通院しております。社会不安障害と医師から診断をされていて薬を服用していますが、最近は人前で話すことに

解決済みの質問:

現在、心療内科に通院しております。社会不安障害と医師から診断をされていて薬を服用していますが、最近は人前で話すことに抵抗を感じなくなりました。ただいろいろなストレスから人に会いたくない日があります。
一日何もしたくないという・・pcだけは触るのですが・・時々電車の中で誰かに襲われるような恐怖感も
あったりします。また違う病気になりはじめていますか??
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  clozapine1961 返答済み 5 年 前.

精神科医のclozapine1961です。

いくつか追加で質問させてください。

1.ソラナックスとルボックスも寝る前だけ服用されているのでしょうか?

2.一日中何もしたくないと思うのは、ほぼ毎日でしょうか?

3.電車の中で誰かに襲われるような恐怖感といいますが、電車以外の状況でも同じような経験はありますか?

4.食欲や睡眠はいかがでしょうか?

5.休日などは趣味をするなど自身のペースで過ごせていますか?

以上教えていただけると幸いです。

clozapine1961をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  clozapine1961 返答済み 5 年 前.

上記は回答ではなく情報リクエストの間違いなので、ご理解ください。

もちろんこの段階でご評価いただく必要はありません。

質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございます。今年三月からデパス処方希望で心療内科を受診して自分がSADの症状であることがわかりました。デパスは二年前の交通事故にあってから飲み始めています。ソラナックスとルボックスは朝と夕方です。夜はデパスだけです。この三種類を飲み始めて確かに緊張が少なくなったというか気持ちが落ち着いている感じはします。ただいつも眠さはあります。一日なにもしたくないというのは毎日ではありません。電車の中はやはり怖いです。あとはホームです。誰かに押される恐怖心があります。食欲は以前よりもなくなりました。睡眠はデパスを飲むとすぐに眠りにはいれますが夜中必ず一度目が覚めます。そしてまた朝まで寝ます。で、目覚めた瞬間ドキドキしたりすることがあります。趣味は手芸ですが。。今はやる気がおきません。今の生活環境でストレスがかなりあることは自分でもわかります。最近は朝の分の薬は飲んでいません。一時的なもなのだといいのですが・・何か考えられる病気はありますか?

専門家:  clozapine1961 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。

症状として、意欲低下(ただし毎日ではない)、食欲低下、興味の低下、特定の恐怖心、中途覚醒などがみられるようですね。

これに当てはまる病気として考えられるのは、うつ病や気分変調症(うつ病ほどではないが、慢性的な軽度抑うつ気分が遷延している状態)ではないかと思われます。

うつ病は社会不安障害との合併率も高く、またルボックスはもともと抗うつ薬(うつ病の治療薬)ですので、ある程度効果が出ているため診断基準はすべて満たさず、部分寛解となっている可能性があります。

最後にうつ病の診断基準を下記に添付しておきますので、参照なさっていただければと思います。

「大うつ病診断基準」
A 以下の症状のうち5つ(またはそれ以上)が同じ2週間の間に存在し、病前の機能からの変化を起こしている 。(これらの症状のうち少なくとも1つは抑うつ気分または興味・喜びの喪失である)
1 その人自身の訴えか、家族などの他者の観察によってしめされる。ほぼ1日中の抑うつの気分。
2 ほとんど1日中またほとんど毎日のすべて、またすべての活動への興味、喜びの著しい減退。
3 食事療法をしていないのに、著しい体重減少、あるいは体重増加、または毎日の食欲の減退または増加。
4 ほとんど毎日の不眠または睡眠過多。
5 ほとんど毎日の精神運動性の焦燥または制止。
6 ほとんど毎日の易疲労性、または気力の減退。
7 ほとんど毎日の無価値感、または過剰であるか不適切な罪責感。
8 思考力や集中力の減退、または決断困難がほぼ毎日認められる。
9 死についての反復思考、特別な計画はないが反復的な自殺念虜、自殺企図または自殺するためのはっきりとした計画。
B 症状は混合性エピソードの基準を満たさない。
C 症状の臨床的著しい苦痛また社会的、職業的、または他の重要な領域における機能の障害を引き起こしている。
D 症状は、物質(薬物乱用など)によるものではない。
E 症状は死別反応ではうまく説明されない。すなわち愛する者を失った後症状が2ヶ月を超えて続くか、または著明な機能不全。無価値への病的なとらわれ、自殺念虜、精神病性の症状、精神運動制止があることが特徴。
質問者: 返答済み 5 年 前.

ご丁寧なご回答ありがとうございました。

精神科 についての関連する質問