JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

16歳ごろ学校に行けなくなり、学校付属の精神科医からパキシル20mgを処方され、止めることが出来ず、現在まで 1

解決済みの質問:

16歳ごろ学校に行けなくなり、学校付属の精神科医からパキシル20mgを処方され、止めることが出来ず、現在まで
1日おきにのんでいました。今年1月ごろに友達関係がうまくいかなくなり、落ち込み、不安神経症のような症状がでてき、7月下旬大変ナーバスになり、病院の救急にいきました。そのと き精神安定剤を貰い飲むようになり、8月初めから精神科医にかかっています。そして現在寝ようとするときにお腹の強いぴくつきや、
落ちるような感覚があり、これはミオクローネスでしょうか。寝るのが怖くなかなか寝られません。お医者さんは
早く精神安定剤を止めないと依存症になるからといって、パキシルを20mgから30mgそして40mgまで上げよう
といっています。そうすれば不安な気持ちがなくなり、安定剤を飲まなくても良くなるといっています。けれどパキシルを多くするのは怖いです。SSRI症候群でミオクローヌが起こるということもききました。
とにかくパキシルを多くしなければ、不安感はなくならないし、安定剤も
止める事は出来ないよと医者は言っています。本当にそうなんでしょうか?朝起きたときや日中不安な気持ちになったときはLorazepamを0.25mgか、0.5mg(毎日ではありませんが)、夜寝るときはミオクローネスの為にClonazepamを0.25mgをのんでいます。少しはぴくつきがましなようですが。このミオクローネスは
SSRI症候群かとお医者さんに訊きましたが、そうじゃない、不安感からだろうといいました。おききしたいことは1、パキシルを多くすればこの不安感はなくなるのか。2、このミオクローネスはどうしたらなくなるのか。3.clonazepamは長くのめない薬なんでしょうか。4.他にいい薬は
ありますか。
copycat
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

主治医の方針を全面的に支持したいと思います。

不安神経症という診断は死語ですが、最近の診断用語ではパニック障害や全般性不安障害といった不安障害に相当すると思われます。

不安障害の標準的治療は、まず薬物療法で不安を抑制し、平素は病的な不安が起きなくなったら次第に薬を減らしながら行動範囲を広げていき、最終的には薬を飲まずに元通りの生活が送れるようになることを目指します。

薬物療法はSSRI(選択的セロトニン再取り込阻害薬)と呼ばれる抗うつ薬/抗不安薬と精神安定剤(ベンゾジアゼピン作動薬)の併用で開始し、SSRIを増量しつつ、次第に安定剤を頓服薬にするなどして減らしていきます。
SSRIは、具体的な薬剤名としては、ルボックス(デプルメール)、パキシル、ジェイゾロフト、レクサプロのことです。
脳内のセロトニンという物質を増やすことで、不安を消褪させると考えられています。
SSRI は服用を開始して十分量に増やしてから有効性が現れるまでに数週間かかります。今日飲んだら明日効くというタイプのお薬ではないのです。
一方で安定剤は、飲めばその時その時でパニック発作に効きます。一方で定時服用を数週間以上続けたら依存が生じます。
この2つのタイプの薬の特性をうまく利用し、SSRIが効くまでは安定剤で繋ぎ、SSRIが効いてきたら依存が生じる前に安定剤を減量していくわけです。

Clonazepamは依存性が生じやすいベンゾジアゼピンのひとつですから、可能な限り早くこのお薬の定時服用を止めれるべきでしょう。
SSRIも無害なお薬では確かにありませんが、国際的には日本におけるベンゾジアゼピンの過剰処方の方が問題視されています。

ベンゾジアゼピンをこのように無原則に使用できる国は先進国では日本だけです。このベンゾジアゼピン依存の問題は昨今では一般マスコミにも取り上げられ、社会問題化しつつあります。

【抗不安・睡眠薬依存(2) ベンゾジアゼピンの害】
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=60619

> 1、パキシルを多くすればこの不安感はなくなるのか。
パキシルが100%の患者様に効くわけではありません。相談者様にとってSSRIが相性の良いSSRIであれば不安感は消褪するでしょう。

> 2、このミオクローネスはどうしたらなくなるのか。
入眠時のミオクローヌスは通常、四肢に起こります。現時点では不安障害の症状と考えるべきかと存じます。

> 3.clonazepamは長くのめない薬なんでしょうか。
長く飲むべきではないお薬です。

> 4.他にいい薬はありますか。
上述した他のSSRI(ルボックス(デプルメール)、ジェイゾロフト、レクサプロ)です。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

猫山先生


ご丁寧なお返事有難うございました。以下の点についてもう少し伺いたいと思いますので宜しくお願い致します。


1.パキシルについて:パキシルを多くしていくのが怖いです。30mg、40mgにしていくと、副作用も強く現れるのではないですか。SSRI症候群の一つのミオクローヌス、また何年か前の新聞記事で、強い攻撃性、敵意、焦燥感を膨らませる可能性があると出ていました。そして多くすれば止めるのが非常に難しくなるのではないでしょうか。けれど長年飲んでる為他の薬に変えたくはありません。


 


2.睡眠時ミオクローススには漢方薬の(芍薬甘草湯)が効果があり、痙攣症状が治まるとききましたが本当にきくのでしょうか。


  


3.リポトリールというのはどんな薬でしょうか。これもclonazepamと同じ様な薬で依存性が高いのでしょうか。


 


現在カナダに住んでいます。医療の情報が日本語では中々得られなく、


全般性不安障害、睡眠時ミオクローヌスで本当に毎日が大変苦しいので


宜しくお願い致します。


 


 


 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。以上、回答いたします。

1.パキシルについて

仰るような副作用や離脱症状があるのは確かです。

ただし服用するメリットが服用したいメリットを上回ると信じられていますし、そもそも、副作用のないお薬などありません。副作用が全ての患者様に現れるわけでもありません。

また、使用するならば十分量用いなければ抗不安効果も得られません。中途半端な用量でだらだら続けるのが、副作用は起こり、効果は得られない、もっとも「損」な服用方法ということになります。 「長年飲んでる為他の薬に変えたく」ないのであれば、増量されるべきでしょう。離脱症状は漸減法を用いれば最小限に抑えられます。


2.睡眠時ミオクローススには漢方薬の(芍薬甘草湯)が効果があり、痙攣症状が治まるとききましたが本当にきくのでしょうか。

少なくとも私は臨床使用経験がありません。

そもそも漢方薬の場合は、西洋薬と は異なり、症状に合わせてお薬が決められるわけではないことにご留意下さい。
舌の性状やお腹の固さといった「証」を診て、その患者様ごとに処方されるお薬が変わるのが本来の漢方医療です。

症状は同じなのに処方される漢方薬は違ったり、同じお薬が異なる症状に対して用いられることが漢方ではしばしばございます。
http://kanpo.kenko-jp.com/100/ent158.html
http://www.kamponavi.com/library/l03.html

 

「睡眠時ミオクロースス⇒芍薬甘草湯」というような考え方は成立しないということです。
私は漢方専門医ではなく、「証」を見る技術が無いので漢方薬を使いませんし、漢方薬安全伝説が鼻につくので、どちらかと言えばアンチ漢方薬派でもあります。

3.リポトリールというのはどんな薬でしょうか。これもclonazepamと同じ様な薬で依存性が高いのでしょうか。

リボトリール=clonazepamです。同じ薬ですよ。


JustAnswerは、相談者様が質問料金を提示して質問を投稿し、専門家はその質問が自分の専門知識が及ぶ範囲のもので、回答にかける手間や時間が提示された質問料金に見合うと考えれば回答する、というサイトです。

途中で、次から次へと追加で聞きたいことは出てくるかもしれませんが、それは最初に設定・提示された質問料金に含まれていないものです(そうした追加質問に関しては、このスレッドを適切に処理された後、別のスレッドを立てて新しいご質問として投稿していただく必要があります)。
そうでなければ以下のような事態になりかねないからです。

今回の追加質問は当初のご質問の回答内容に対する不明点でしたので回答いたしましたが、これを拡大解釈して追加質問を重ねるようなことはお控えいただけますと幸甚です。

以下、「返信」機能に関するJustAnswerサポートデスクの見解です。

*********************************************
JustAnswerは質問ごとに料金を設定し、「承諾」することでユーザーは支払いに同意し、報酬が専門家に支払われるシステムです。

返信機能は別の質問を投稿するためではなく、質問に対する回答内容に不明な点がある場合にご利用いただく機能です。

別の質問がある場合は、ユーザーは、返信機能を利用するのではなく、新たにスレッドを立てて、別の質問を投稿する必要があります。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問