JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14367
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

私は20年来の不眠症です。それがひどくなり、約10年前に鬱病になりました。 2~3年精神科に通院し、安定してきた頃

質問者の質問

私は20年来の不眠症です。それがひどくなり、約10年前に鬱病になりました。
2~3年精神科に通院し、安定してきた頃、ちょうど仕事が移動になり、通院ができなくなりました。

その後、マイスリー10mgを内服し、睡眠はとれていたのですが、異常行動が出てきました。
もらい物のお菓子を1箱食べたり、外に買い物に出たり、高所(10階以上)のベランダに座っていたり・・・。
ある時、気づくと街にいて見知らぬ男女と一緒にいました。その後、知らない男性についていったり、
車に乗って買い物に行ったり。

さすがに、ベランダから落ちたり、知らない男性に物をとられたりしてからでは遅いので、精神科に行きました。
その後、いきなり警察がきまし た。どうやら寝ている間に携帯サイトで入ってはいけないサイトにアクセスした
らしく、現在取り調べ中です。しかし、何一つ覚えていません。警察が言っている事すら最初わからなかった
ほどです。
私はマイスリーによる奇異行動だと思うのですが、精神科の先生は認めてくれません。
そして、病名は「双極性障害」「情動コントロール不全」です。

弁護士は車の免許を自主返納しろと言います。
現在の薬を内服して、睡眠時ポリグラフィをしていただいたのですが、全く正常でした。
それでも、車に乗ってはいけないのでしょうか?

ただでさえ記憶のない事で刑事事件になっています。
どうしたら、いいのでしょうか?マイスリーによる睡眠時随伴症だと診断書を書いていただける先生が
いらしたら、受診したいと思います。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

まず、「それでも、車に乗ってはいけないのでしょうか?」というご質問についてですが、マイスリーによる奇異行動があるなしに関わらず、「不可」ということになります。
例えば相談者様は現在レキソタンを服用されていますが、レキソタンの添付文書(医師向けの薬の説明書のようなものです)の「使用上の注意」の項に、「眠気、注意力・集中力・反射運動能力等の低下が起こることがあるので、本剤投与中の患者には自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事させないように注意すること」と明記されています。
http://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00053019.pdf(2ページ目参照)
これは向精神薬の決まり文句のようなものですので、確認はしていませんが、セロクエルやレボトミンでも同じ注意喚起がなされているはずです。
つまり、建前としては、精神科で薬物療法を受けている患者様の大半は自動車の運転をしてはいけないことになります。

本題の、「マイスリーによる睡眠時随伴症だと診断書を書いていただける先生」ですが、これは探せばいるでしょう。マイスリーを処方した主治医がその診断書を書くべきですが、自分の責任になることを恐れているのか、本当にマイスリーによる奇異反応は起こらないと信じているのか、そういう診断をするつもりはないようですので、他医にセカンドオピニオンを求められるべきでしょう。

そもそも、マイスリーによる夢遊病症状、異常行動については2007年にすでに食品医薬品局(FDA)によって注意喚起されており、これを受けて、日本でも販売元が患者向けの文書を発行しているほどです。
http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/GUI/800126_1129009F1025_3_14G.pdf
専門用語で言えば「既知の有害事象」であり、主治医がこれを知らなかったとも思えないのですが。

えらく弱腰の弁護士がついているようですが、これらの材料を元に、診断書を作成してくれる医師をみつけ、また、製薬会社からの見解も引き出すべきでしょう。
実際、睡眠薬の奇異反応下で刑事事件を起こし、心神喪失が認められた判例はいくつもあるのですかから。
http://www.npojip.org/sokuho/no142-07.pdf

以上、ご参考になれば幸いです。

精神科 についての関連する質問