JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

49歳の男性で、会社を経営者している者です。 酒癖が悪く、自責の念でつぶれそうです。 さして日々ストレスを感じて

解決済みの質問:

49 歳の男性で、会社を経営者している者です。
酒癖が悪く、自責の念でつぶれそうです。
さして日々ストレスを感じているわけでもなく、
飲んで発散したいというわけでもなく、ただただ、酒が好きなのです。
ほどほどにしておけばいいのはわかっているのですが、
ビールロング缶1本以上飲むと、あとは飲めば飲むほど飲みたくなり、
飲めば必ず酩酊し、酒場の人に絡んだり、甘えたり、帰宅後は家族に
暴言を吐いたりしています。(というか、全部覚えているわけではなく、
ほとんどの場合、最後の店を出た後は記憶を無くしています。
家族に対する暴言は、家族からの証言によるものす。)
家内は、次また同じことがあったら家を出ていくと言っています。
今日は、飲まないで済みそうです。明日も大丈夫かもしれません。
でも、明後日は飲まないでいられるかどうか、わかりません。
正直、自信がありません。
何度も断酒や減酒を心に誓いましたが、長続きしません。
もう、自分ではどうしたらよいか、わからなくなってしまいました。
ご助言をお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

相談者様のような方の場合、「適量」はありませんので、断酒が必要になります。
恐らく相談者様が独力でお酒を止めるのは不可能ですが、アルコール専門外来を持つ精神科病院を受診されるご意向はおありでしょうか?
質問者: 返答済み 5 年 前.

早速のお返事、ありがとうございます。


恐らくそのようなアドバイスになるだろうと思っておりました。


正直、アルコール専門外来を持つ精神科病院を受診することには相当の抵抗がありますが、どうしても必要であるならば致し方ありません・・・というのが、正直な気持ちです。


 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。

現在、JustAnswerではユーザー様からの評価によって専門家のパフォーマンスを計測する試みが行われています。
ユーザー様の願望に添えない回答をせざるをえないご相談の場合、回答内容が医学的に正しくとも、感情的な理由でマイナス評価を賜り、結果として報酬も得られず、運営側からの評価も下がることになることがすくなくありません。よって、専門家側も、そうしたご相談に対する回答を敬遠しがちになります。

このご相談もそれに近い流れになってしまいましたので、回答継続をためらいましたが、乗りかかった舟ですので、最後まで回答させていただくことにいたします。

「どうしても必要」かどうかは判じかねますが、アルコールの専門外来に通われ、断酒希望者のグループ療法である「断酒会」の類に所属されて活動に参加されるのが、断酒の成功率がもっとも高い治療法であろうとは思われます。

次善の策は、相談者様の断酒の意志が固かった場合、シアナマイドという嫌酒薬(抗酒薬)を用いる方法もあり得ます。
嫌酒薬(抗酒薬)といっても、飲むとお酒を飲みたくなくなるお薬ではなく、アルコールの代謝物であるアセトアルデヒドという物質の分解を阻害するお薬です。アセトアルデヒドは頭痛や吐き気、血管拡張作用などがある物質で、シアナマイドを服用した上でアルコールを飲むと、要するに、重度の二日酔いのような状態が延々と続くことになります。
従いまして、基本的には、このお薬は、お酒を飲まないことを前提に、患者様が朝、ご家族の前で、儀式のように服用するためのお薬です。

シアナマイドは精神科や心療内科でした扱っていませんので、結局は精神科・心療内科の受診が必要ですが、アルコール専門外来よりは、メディカルビルに入っている心療内科のクリニックの方がまだ受診しやすいのではないでしょうか。

奥様とよく話し合われ、この方針で断酒するつもりであることを宣言されて、できれば初診は一緒に心療内科を受診されることをお勧めいたします(相談者様の覚悟を示すためです)。

精神科・心療内科ならばどこでもシアナマイドを採用しているわけではありませんし、一般的にアルコール関連の患者様は敬遠される傾向にありますので、目星をつけた精神科・心療内科の医療機関にあらかじめ電話をされてシアナマイドがあることと、上述の方針での治療を行ってくれることを確認された方がいいでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

色々な情報に接し、恐らくは今回のようなアドバイスを頂くであろうことは推測しておりました。


ただ、あくまでも専門家の知見によるアドバイスがほしかったので、今回の回答内容にはとても満足しています。


 


これで、踏ん切りがつきました。


 


丁寧なご回答、ありがとうございます。


 


今後益々のご活躍に期待しております。


 

精神科 についての関連する質問