JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

息子が2,3年ごとに夏になると偏頭痛を起こし、精神的に不安定になる。今年も7月末に家出 せっかく入った会社も退職に

解決済みの質問:

息子が2,3年ごとに夏になると偏頭痛を起こし、精神的に不安定になる。 今年も7月末に家出
せっかく入った会社も退職になりそうです。金遣いが荒くなったり、睡眠が安定しない
、などそううつ病かもしれないと思いました。身内に同じように精神が不安定で借金したひと
、若くて自殺した人、がいて、心配です。解離性遁走も疑いましたがどうも違うようです。
もし息子が戻ってきたら、治療して楽にしてあげたいです。
子どもの頃から偏頭痛でした。いまは群発頭痛もあるのかなと思います。頭痛の治療だけでは
だめだと感じています。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

濃厚な遺伝歴がおありのようですし、ご本人にも臨床的に躁うつ病を疑わせる言動があるようですから、精神科は受診された方がよろしいかと存じます。

また、頭痛についても治療の改善の余地はあるでしょう。

誠に失礼ながら、全体的に論旨が読み取りにく、精神科のことをお尋ねになりたいのか頭痛のことをお尋ねになりたいのかが判然としません。

可能ならば、ご質問を箇条書きにしていただけないでしょうか。
質問者: 返答済み 4 年 前.


頭痛とそううつは別に考えたほうが良いのですか。


治療の見通しや、社会生活の留意点


遺伝的なものが影響しているのか


季節と関係ないのか


 


いまの不安な気持ちでとにかく思い当たることをつぎつぎに


書いてしまい申し訳ありません。不幸な身内を知っているだけに


不安でなりません」。


 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございました。

それでは、まず、現在頭痛にたいして使用されているお薬の名前を教えて下さい。

※回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
追加で質問です。主治医は頭痛専門医でしょうか?
質問者: 返答済み 4 年 前.

いいえ、頭痛専門ではなく脳神経外科の開業医です。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

まず、かなりの逸脱行動があるようですから、ご記載を拝読する限りはご子息が躁うつ病(双極性障害)の躁状態を呈されている可能性は確かに否定できません。
これに関しましては精神科・心療内科を受診され、然るべき診断と治療を受けられるべきでしょう。
症状の程度としては、社会生活上大きな支障(会社の退職)を生じていますから、双極Ⅰ型障害ということになります(躁状態がもっと軽ければⅡ型になります)。
必ずしも入院治療が必要になるとは限りませんが、それが必要となる可能性も想定しなければなりませんので、クリニックではなく、入院施設のある病院を受診されることをお勧めいたします。

双極性障害に片頭痛を伴うことはありませんし、片頭痛の症状として躁状態を呈することもありませんから、ご子息において、この2つは基本的には独立した病気であると考えて別個に治療がなされるべきであると考えます。

現在、ご子息は片頭痛に対してトリプタン製剤(イミグラン、ゾーミッグ、レルパックス、マクサルト、アマージ)を処方されているのではないかと推測しますが、効果が十分でないのであれば、発作予防薬として、β遮断薬、カルシウム拮抗薬、バルプロ酸の併用なども検討されるべきでしょう。
片頭痛自体、まだ原因が完全には分かっていない病気で、同じような症状が現れ、同じように片頭痛と診断される患者様の中にも、複数のタイプの片頭痛が混在しており、それぞれ有効なお薬が違っているのではないかと考えられています。
このため、個々の患者様に最適な治療法をみつけるためには多かれ少なかれ試行錯誤は必要です。

以下のサイトから、日本頭痛学会認定の頭痛専門医を検索できますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、ご子息の片頭痛についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本頭痛学会認定の頭痛専門医】
http://www.jhsnet.org/ippan_senmoni_ichiran.html

最後に、躁うつ病に関して箇条書きにしていただいたご質問についてですが、以下に回答いたします。

> 頭痛とそううつは別に考えたほうが良いのですか。
回答済み。

> 治療の見通しや、社会生活の留意点

薬物療法中心で、障害の服薬が必要となります。

 

【日本うつ病学会:双極性障害(躁うつ病)とつきあうために】
http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/sokyoku/


> 遺伝的なものが影響しているのか

していると思われます。

> 季節と関係ないのか

あまり気にされる必要はないでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問