JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14366
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

17歳 女子高生の娘のことでご相談です。 日頃から食後にトイレに行く、というくらいに便秘とは無縁の生活でしたが、この

質問者の質問

17歳 女子高生の娘のことでご相談です。 日頃から食後にトイレに行く、というくらいに便秘とは無縁の生活でしたが、この2~3か月は 快便というよりは下痢といった症状です。ひどいときには1日に6~7回、最後は水のようになって、それでも水分をとると、またおなかが痛くなってトイレに、とい うかんじでした。 近くの病院でおなかの薬をいただいて、何も食べれていなくてふらふらしていたので点滴をしました。 1週間ほどはそこまでひどくなくなりましたが それでも毎日、食べるとおなかが痛くなる の繰り返しです。 一日中家にいて ベッドでゴロゴロし、うとうとしている状態、
先のお医者さんに 自律神経の乱れではないかと言われましたが、いただいた薬は飲み切ってしまっても おなかが痛い、くらくらする と そばで見ていても「無気力」な状態です。
心療内科などを受診したほうが良いのか 迷っています。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんにちは。猫山と申します。心療内科医です。

もしも「自律神経」が原因でご記載のような症状が起きているのであれば、過敏性腸症候群(下痢型)である可能性が大です。
しかしこの診断を下すためには内科的疾患の除外がしっかりと行われなければなりません。

そこで少し補足情報を下さい。

①内科ではお嬢様の腹部症状に対してどのような検査が行われましたか? 例えば便潜血検査は行われたでしょうか。細菌検査はどうでしょう?

②近医が、例えば腸炎などではなく、「自律神経」を疑う理由は何なのでしょうか? 何かストレスフルな状況におありなのでしょうか。

③これは一応の質問ですが、お嬢様がダイエット目的で下剤を服用しているような可能性はないでしょうか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※回答は遅い時間になるかもしれません。ご了承ください。
質問者: 返答済み 5 年 前.

①内科ではお嬢様の腹部症状に対してどのような検査が行われましたか? 例えば便潜血検査は行われたでしょうか。細菌検査はどうでしょう?

二日間高熱が出て、(38.4℃)三日目に熱は下がったものの水を飲んでもトイレに行く …が続いていたため、内科を受診し、まずはインフルエンザを疑われ、陰性でしたが血液検査をしました。検査結果は急がずに聞きに来たらいいですということでした、(先週末受診、まだ結果を聞きに行っていません) その時には先生がおっしゃるような過敏性腸症候群かもしれないね、と言われ「ホスミシン錠」「ミヤBM錠」「トランコロン錠」を処方されました。


「タンナルビン」「アドソルビン原末」は頓服としてひどい下痢のときに飲みなさい、とのことでした。


 


これより2週間ほど前に咳が止まらず同じ内科を受診したとき(お医者様は別の女医さんでしたが)咳が止まらない症状のほかに一日に6回も7回もトイレに行く、食べたり、飲んだりしたらすぐにトイレに行きたくなる、とお話ししたところ、この歳頃は自律神経から来ることもありますから、と言われました。ちょうどそのとき試験前だったこともあり、そんなストレスもあるのかな、と感じたのですが、。便潜血検査も細菌検査も、していません。


 


②近医が、例えば腸炎などではなく、「自律神経」を疑う理由は何なのでしょうか? 何かストレスフルな状況におありなのでしょうか


これに関しては現在高校3年生で進路のこともあり、多少ストレスはあるかもしれません。女医さんにおなかに優しい食べ物や冷たい飲み物は控えるなどの注意を受けてきました。


点滴をしたときが一番ひどい下痢の症状でしたが、その後も、何かを食べるとおなかが痛くなる、とあまり食べなくなりました。普段は食に関心がある娘 で、外食を嫌い、家のご飯をおいしいと食べるので、あまり食べないのを見ていると、やはりどこか調子がわるいのか、食べると痛むので食べたくないのか…(実際本人はそう申していますが)と感じます。 夏休みに入って ずっとゴロゴロとしていて、一日ベッドにいたりするのでなんとなく 神経的なものかな?と思ってしまうのですが、、。 なんで横になっているのか聞くと 頭痛があり、起きているとめまいのようにくらくらするから…といいます。寝ているとくらくらしないので、と。


今日も朝から お茶しか飲みません。


ダイエットに関しては 下剤の服用はないと思います。病院でいただいた頓服の下痢止めも飲んでいません。 あまりひどいなら飲んだら?といっても、 なぜか、手にとっても飲まないですね…。少し食べたら?と言っても 食べないとおなか痛くならないから、と。


娘は特に太っているわけではありませんが、周りのお友達は口々び「ダイエット」と言っているそうです。食べないとだめだよね、と言いながら本人も多少その傾向にあるのか? 


わかりません、、。


私にはどうも このような生活が「無気力」にみえて仕方なく、自律神経の症状を見ても 当てはまるような、ないような… 今朝も別の病院を受診してみては?と誘いましたが、本人が行きたがりませんでした。


 


 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

印象としては、純然たる体の病気である可能性が高いのではないかと思えるのですが……
高熱後の下痢ですし、少なくとも当初は感染性の腸炎が疑われて然るべきだったと考えます。
実際、最初に処方されたお薬であるホスミシンは、過敏性腸症候群のお薬ではなく、細菌による食中毒や病原大腸菌O-157の治療に使用される強力な抗生物質です。

その後も消化器内科的検索が行われず、「自律神経」疑いで対症療法しか行われていないことにも懸念を持ちます。
仮に、相談者様ご自身が、腸に病気があって「一日に6回も7回もトイレに行く、食べたり、飲んだりしたらすぐにトイレに行きたくなる」状態なのだと想像されてみて下さい。元気に動き回れますか? 食べられない、食べても下痢という状況ですから身体的消耗は激しく、「ずっとゴロゴロとしていて、一日ベッドに」いるようになってしまってもおかしくないのではないでしょうか。それを、「無気力」にみえて仕方ないと言われてしまうのは酷なことであるように思われます。

まず、消化器内科を受診されて、お嬢様が「一日に6回も7回もトイレに行く、食べたり、飲んだりしたらすぐにトイレに行きたくなる」状態になることを説明しうる消化器疾患が無いかどうか、検索を受けられるべきかと存じます。
「自律神経」はどのような症状でお説明できてしまうので便利な言葉ですが、それだけに重大な身体疾患を見逃す危険性があります。

充分な内科的検索の結果、病気が見つからなければ、そこで初めて過敏性腸症候群(IBS)を疑ってその専門医療機関を受診されるべきでしょう。
以下のサイトから、IBSの診療を行っている医療機関を検索することができます。

【IBSネット】
http://ibsnet.jp/

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

では、まずは消化器内科を受診して、腸の病気はどうか診察をしていただいたほうがいいとのことですね。


わかりました。そのようにしてみます。ありがとうございました。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご理解の通りです。

少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

精神科 についての関連する質問