JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

clozapine1961に今すぐ質問する

clozapine1961
clozapine1961, 精神科専門医
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 297
経験:  精神保健指定医、都内大学病院勤務
69030297
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
clozapine1961がオンラインで質問受付中

初めて質問をします。 夫が4ヶ月くらい前に、双極性障害Ⅰ型と診断されました。 リーマスとエチゾラムと睡眠導入

質問者の質問

初めて質問をします。

夫が4ヶ月くらい前に、双極性障害Ⅰ型と診断され ました。
リーマスとエチゾラムと睡眠導入剤を処方されています。

大きな問題行動は今のところありません。
仕事も普通に出勤しています。が、1人勤務の職場なので仕事時の状況は誰にもわかりません。
家では人格が変わったような気がしています。自分のことしか考えられないような。

主治医からは、1~3ヶ月程度の休職を勧められていますが、本人は全くその気がない、と
いいますか、病気になってから今まで以上に仕事に対して執着心を持ってしまっているように見えます。

何せ1人勤務ですので、会社は夫の状態を全く知らなく、かなり迷いましたが妻の私が会社の最も信頼できる方と連絡を取っています。会社には内緒にし、その方が個人的に夫をフォローしてくれていました。
ですが最近の状態から、診断書を提出してほしいと言われました。もう会社として判断すべきなのではないかと。

それを夫の両親に報告したところ、猛反対されました。あくまでも本人の意思を尊重してほしいと。そうなると放置することになります。
報告せずに事を進めてしまえば良かったのかもしれませんが、後々、大きな問題になりかねないと思い、せめて夫の両親には理解してもらいたかったのです。

私1人で抱えてしまっている状態で、共倒れだけはしてはいけないと思いつつ、他に相談できる人もいないので、どうかアドバイスをお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  clozapine1961 返答済み 4 年 前.

精神科医のclozapine1961です。

 

ご主人が双極性障害Ⅰ型で現在、仕事に対し執着心があり人格が変わったよう、ということは現在軽い躁状態なのかもしれませんね。

 

大原則なのですが、会社を休職するかどうかの判断は、会社の責任者(実際には上司や人事、産業医)が決定することで主治医ではないのです。

その際に医療的判断の助言として主治医の診断書をもらうことになります。

 

ですので、相談している会社の方に、お手数ですがご主人の上役の方に現在の状態を説明していただき、会社として対応していただくしかないです。

会社として現在、仕事を続けられなそう(具体的にはミスが多いなど)と判断していただく必要があります。

 

また同時に、奥様も主治医と連絡をとってください。

もしご本人の了承が必要と言われましたら、ご主人と一緒に主治医のもとに受診し、主治医とともに休職の説得をすることになります。

 

もし上記のように進めてもうまくいかない場合は、休職以外の方法を考えていただくことになります。

具体的には薬物療法の強化ということになります。

まずリーマスが効果が十分かどうか血中濃度を調べていただき、不十分ならリーマスを増量、十分ならリーマス以外の薬(デパケンやジプレキサなど)を追加していただく、などになるかもしれません。

 

大変だと思いますが上記を試みていただければと思います。

何かご質問がありましたら、何なりと返信してください。

質問者: 返答済み 4 年 前.

早速のご返答、ありがとうございます。


 


主治医のところには、夫とは一緒ではありませんが夫の受診数日後に


私が話を聞きに言っています。


 


主治医もやはり夫の働くことへの強い感情に、休職の必要性は間違いないが、難しいかもしれないと言っています。


こういう場合は、転勤は有効なのでしょうか?


 


今現在は九州におり、夫の実家は北海道、私は東京ですので、知り合いもなく、いざという時が本当に怖いと感じます。


 


主治医も、仕事で無理が重なると大うつという症状になり、動けなくなり入院になることも覚悟してくださいと言われています。


その前に手を打ちたかったのですが、夫に話をしようとするととても嫌がられるので、あまり話が出来ません。


 


やはり、薬で調整していくのが良いのでsy

専門家:  clozapine1961 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。

 

まず転勤などの大きな決断は、症状が活発な時期は望ましくないのが一般的です。

主治医が「休職は難しいかもしれない」と言い、ご本人が病気の話を嫌がる、というのは、現在軽い躁状態でご自身にあまり病識がない状態なのでしょう。

やはり休職してご自身が休める環境作りをするのが望ましく、そのために休んだのち東京で静養するのは良いと思います。

実家のご両親は、世代の関係もあるのか、精神疾患に対し理解が乏しい可能性がありますので、あまりおすすめできません。

 

主治医が懸念されているのは、ずっと軽い躁状態は続かず、必ずうつ状態の時期が来るということですね。

入院という結末は悪いことではないのですが、やはり病状が不安定なのはわかっているのですから、早めに手を打つにこしたことはありません。

 

休職の向けた試みをあきらめずに行い、同時に前述した薬物調整を行っていただいてはいかがでしょうか。

 

躁状態の時は心配している周囲の人こそ大変なのは、実臨床からも痛いほど感じます。

大変と思いますが、ご主人のことを思い取り組んでみてください。

clozapine1961, 精神科専門医
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 297
経験: 精神保健指定医、都内大学病院勤務
clozapine1961をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

夫は元々、循環性気質です。双極性障害と確定診断されたのは、まだ4ヶ月くらい前ですが、支える家族は私だけで大変苦しいです。


休職すら難しいのですが。私もヘトヘトです。そんな理由で入院はやはり難しいでしょうか?

専門家:  clozapine1961 返答済み 4 年 前.

ご返信有難うございます。

 

入院加療というのは、ご本人の同意があれば全くハードルが高いものではありません。

しかし今回の場合は、ご本人の同意を得るのはまず難しい印象を文面から受けます。

 

そうしますと医療保護入院ということになります。

具体的には、①患者さんが病状的に外来加療ではなく入院加療が必要な状態と精神保健指定医が判断する、②本人は病識がなく入院加療に同意が得られない、③保護者である妻が入院に同意する、というのが大まかな条件です。

 

現在、②であり、③は問題ないのですから、あとは①ということになります。

文面から判断するに主治医が①と判断するのは難しくないと思いますが、いかがでしょうか。

 

ご本人にとっては強制的な入院という形になりますので、主治医とともに説得を試みたうえで、やむなく医療保護入院という流れにするのが望ましいです。

もちろん家族が疲弊しているから、というのは理由にはならず、あくまでご本人の病状を考えると入院が望ましい、ということにしてください。

 

いずれにせよ主治医と、上記をふまえていただいたうえで、ご本人が受診する前に作戦を入念に練っておく必要があると思います。

質問者: 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。


あくまでも、一般論としてお尋ねします。


 


こういうケースはご家族はどういう選択をされるのが多いでしょうか。


入院を望まれる場合もあるのでしょうか?


 

専門家:  clozapine1961 返答済み 4 年 前.

一般的にはケースバイケースとしか言えません。

もちろんご家族が入院を望まれる場合も多いです。

 

実臨床では、「ご本人が同意する○○をして、ダメならご本人が嫌がる●●をする」、という流れをとる場合が多いです。

具体的には、ご本人が同意する薬物調整をして、ダメならご本人が嫌がる入院をする、という感じでしょうか。

これは事前に主治医からご本人に告げておくパターンが多いです。

 

というのは、双極性障害は一時的な病気ではなく、持続的にフォローしていかなければならない病気だからです。

強制的に入院させてよくなっても、心理的わだかまりが残るケースが多々あります。

ですので、「まずあなたが同意するこれでやってみるけど、ダメならあなたが嫌がるこれをするからね。いずれにせよあなたのためだし、ご家族も疲弊しているし」などと主治医が本人を説得したりします。

 

しかし、上記はまだ余裕があるケースでして、今回は切迫しているとすればその限りではないと思います。

くどいようですが主治医とよく相談し、ご本人の病気のためを思って取り組んでいただければと思います。

JustAnswer メディア掲載:

 
 
 
Ask-a-doc ウェブサイト:簡単な質問がある場合は、さまざまな分野の専門家が回答してくれるサイトに投稿してみてはいかがだろうか。Justanswer.jp は特にお薦めだ。
10 月以来、JustAnswer.jp では一時解雇や失業、契約解除に関する法的な質問が急増している。
justanswer.jp/legal といったウェブサイトでは、
法律に関する確実な回答が得られる。
過去 30 日で JustAnswer のトラフィックは 14 パーセント上昇し、ページ閲覧回数は 40 万に近付いている...ストレスや高血圧、飲酒、心臓の痛みに関する質問にいたっては 33 パーセントという増加率を記録した。
グッド モーニング アメリカに出演しているキャリア専門家の Tory Johnson は、注目の在宅ビジネスとして、さまざまな分野の専門家がユーザーの質問に答える JustAnswer などを紹介。
専門家として登録するには、かなり厳しい審査をパスしなければなりません。
 
 
 

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • DrAkiraOlsen

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    該当なし
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrAkiraOlsen/2012-2-20_746_AkiraADpicmain.64x64.jpg DrAkiraOlsen さんのアバター

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    0
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/KE/kerosuke/IMG_0006[1].64x64.JPG kerosuke さんのアバター

    kerosuke

    精神科医

    満足した利用者:

    104
    平成16年 滋賀医科大学医学部医学科卒業 千鳥橋病院初期研修医平成18年 滋賀医科大学精神科後期研修医平成20年 滋賀医科大学精神科助教平成22年 滋賀医科大学地域精神医療学講座特任助教平成23年 滋賀医科大学精神科外来医長(兼任)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    精神科医

    満足した利用者:

    233
    鳥大学医学部卒。診療所院長(診療科:精神科、心療内科、内科、神経内科)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2556
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    297
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
 
 
 

精神科 についての関連する質問