JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14344
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

猫山先生、はじめまして。私は46歳の女性、会社員です。  現在、デパス0.5mg(朝・昼食後)とソラナックス0

質問者の質問

猫山先生、はじめまして。私は46歳の女性、会社員です。

 現在、デパス0.5mg(朝・昼食後)とソラナックス0.4mg(夕食後)を服用しています。
 また、就寝時にマイスリー0.5mg服用しています(それにエバミール1mgを半錠(つまり0・5mg)を加えるときもあります)。

 デパスとソラナックスを服用しているのは、両腕・手の疼痛のためです。医師にはストレス等が原因の下行性疼痛 だろうと言われています(長いので、別途下記にこれまでの経緯を記します)。
 夕食後服用がソラナックスに変更になったのは8月にはいってからのことで、それまでは3か月半にわたりデパス0・5mg×3(毎食後)を服用していました。

 (1)デパスを飲まないと痛みが出てくるので、なしではいられません。医師は、1日1・5mgなら、3,4か月くらいの服用ではデパスの依存は起こらないというのですが、実際どうなのでしょうか? どれくらい服用すると依存が起こる可能性がありますか? 

 (2)デパスの依存が怖くて、1日3回のうち夕食後の分だけソラナックスに変えてもらいましたが、あまり意味がありませんか? またデパスに戻すことで悪い影響はありますか?

 (3)慢性疼痛にはSNRI(トレドミンなど)が効くとのことですが、デパスほどの鎮痛効果は見込めるのでしょうか? また、デパスと並行しながら、SNRIに切り替えることはできるでしょうか。

 (4)下行性疼痛とは、ストレス等によって何かのきっかけで脳が作り出した痛みと聞きました。
 普段、会社にいる時は、デパスを飲んでいても、何らかの違和感や痛み(我慢ができる程度の)がありますが、ちょっとした旅行に行った後など、ストレスから離れたときは、確かにしばらく痛みが軽くなります(ただしデパスを飲んでいる状態で)。なお、仕事でパソコンは使いますが、そんなに使うわけではありません。
 医師は「経済状況が許すなら、しばらく海外にでも行ってのんびりしたら、治りますよ」と言われますが、どうなのでしょうか? あまりに痛みが長引いているので、いろいろ不安になり、「そもそも本当に私は下行性疼痛なのだろうか…」と思ったりもするのですが、やはり下行性疼痛なのでしょうか?

 いろいろ書きましたが、ご回答のほどなにとぞよろしくお願いいたします。

=====
★これまでの経緯
 仕事のストレス、プレッシャー等から、抑うつ症状と睡眠障害に陥り、昨年7~10月、休職しました。その際に服用していたのは、トレドミンとマイスリー、エバミール半錠です。ただ、調子がよくなってきて9月ごろには勝手にトレドミンは中止してしまいました(マイスリー、エバミール半錠はその後もずっと服用)。
 その後、10月中旬に復職したものの、会社では何もすることがなく、まったくの放置(現在もその状況にはさしたる変化なし)。とても精神的に辛かったのですが、なんとか出勤していました。
 11月中旬ごろからだるさや微熱が出て、前から少し痛みのあった左肘関節の痛みが増してきました。12月には37度ほどの熱が5日間も続いたり、ほぼ毎日強いだるさがあり、関節や腕の痛み(強い筋肉痛)がありました。そのうち、両腕が同じように痛むようになりました。
 整形外科では頚椎に加齢による若干の所見が見られるが、痛みを発するほどのものではないといわれ、リウマチ専門医でリウマチ・膠原病の検査をしましたが異常なし、とのことで、「心因性のものか、更年期障害ではないか」といわれました。婦人科にかかって低用量ピルを2か月服用しましたが変化なく、婦人科医には更年期によるものではないでしょうと言われました。
 その後、どんどん痛みが強くなり、今年3~4月には両腕に強い筋肉痛のような疼痛、肘関節の痛み、腕~手の皮膚のひりつくような痛み、何も触れないような手のひらの知覚の激しい違和感(痛み?)で、風呂に入るのも難しいくらいでした。
 「とりあえずの痛み止めで」打ったステロイド注射(ケナコルト?)は全く効きませんでした。
 その後、昨年からかかっているメンタルクリニックでレクサプロを処方してもらった2日目、夕食後に服用し、就寝前にマイスリーを服用した直後、激しい寒気に襲われ、腕の痛みが更に増強するという副作用?に見舞われました(マイスリーではなく、レクサプロのせいではないかと思うのですが)。
 その後、4月下旬にデパス0.5mg×3(毎食後)を処方され、これによって、ようやく強い痛みが治まりました。
 ========
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんばんは。猫山です。
ご指名ありがとうございます。ブログかツイッターからお越しいただいたのでしょうか。

率直に申し上げて、突っ込みどころの多い診断と治療ですので、ご質問を箇条書きにしていただいたのは非常に助かります。
順番に回答いたします。

> (1)デパスを飲まないと痛みが出てくるので……どれくらい服用すると依存が起こる可能性がありますか?
かなりの個人差がありますが、依存が生じるときは数週間から数か月の連用で生じます。
「1日1・5mgなら、3,4か月くらいの服用ではデパスの依存は起こらない」という説には同意しかねます。

【抗不安・睡眠薬依存(2) ベンゾジアゼピンの害】
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=60619

> (2)デパスの依存が怖くて、1日3回のうち夕食後の分だけソラナックスに変えてもらいましたが、あまり意味がありませんか? またデパスに戻すことで悪い影響はありますか?
残念ながら意味はありません。デパスもソラナックスも同じベンゾジアゼピン作動性の抗不安薬で、脳の同じ場所で同じように効き、同じようにベンゾジアゼピン依存を起こします。力価も作用時間もちょうど同じくらいです。セデスとノーシンくらいの違いしかありませんので、変えて良いこともありませんし、戻して悪いこともありません。

> (3)慢性疼痛にはSNRI(トレドミンなど)が効くとのことですが、デパスほどの鎮痛効果は見込めるのでしょうか? また、デパスと並行しながら、SNRIに切り替えることはできるでしょうか。
慢性疼痛には三環系抗うつ薬(TCA)とSNRIの効果が知られています。SNRIとしては、トレドミンは力価が低く、日本以外では数か国でしか承認されていないローカルドラッグであることもあって、慢性疼痛に対する効果はあまり知られていません(理論的には効果はあるでしょうが)。今なら、SNRIであるサインバルタが慢性疼痛の治療目的に広く用いられています。
「デパスほどの鎮痛効果は見込めるのでしょうか?」というのは違和感を覚えるご質問で、デパスに慢性疼痛に対する効果があるという根拠はほとんどありません。一方でTCAとSNRIは、慢性疼痛の治療ガイドラインの第一選択薬として挙げられているくらいで、世界的に定評があります。慢性疼痛に対する効果ということならTCAとSNRIの圧勝だと思われます。
デパスと並行しながらSNRIに切り替えることはもちろん可能です。そうされるべきだと思います。

> (4)下行性疼痛とは、ストレス等によって何かのきっかけで脳が作り出した痛みと聞きました。
これが一番の難所なのですが、「下行性疼痛」とはどういう病気でしょう?
私が知る限りそのような名前の疾患は存在しません。主治医にもご確認いただきたいと思いますが、存在しない病気について解説することはできませんので、(4)の回答は控えさせて下さい。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

猫山先生、ご回答まことにありがとうございました。


 


とりわけ、(3)へのご回答、たいへん参考になりました。


すぐにでも医師にそのようにしたいと話してみるつもりです。


 


>「デパスほどの鎮痛効果は見込めるのでしょうか?」というのは違和感を覚えるご質問


とのことですが、日常生活がまともに送れないほどの腕の痛みがデパスでおさまったので、素人ゆえの知識のなさから、かような文章になった次第です。


 


ともあれ、ありがとうございました。


(4)については、また新たにご質問させていただくかもしれませんが、その時はよろしくお願いいたします。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。

難しいんですよね、痛みは。
実際にデパスを含むベンゾジアゼピンで痛みが治まる患者様も臨床の場ではおられます。
一方で、痛みは、もっともプラセボ効果が強い症状で、デパスによる鎮痛が本当の薬理効果なのか、二次的な効果なのかの判断が困難です。

ただやはり、まずは世界標準の治療を受けられるべきかと存じますし、最適な治療を受けられるためには、診断もはっきりさせる必要がございます。

また何かございましたら、お気軽にご指名でご質問ください。

精神科 についての関連する質問