JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Nyarlathotepに今すぐ質問する
Nyarlathotep
Nyarlathotep, 医師
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 420
65535416
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
Nyarlathotepがオンラインで質問受付中

精神科のドクターは、必要に応じて「嘘」をつくことがありますか? 受診歴16年以上の長患いの患者です。去年、念願の就

解決済みの質問:

精神科のドクターは、必要に応じて「嘘」をつくことがありますか?
受診歴16年以上の長患いの患者です。去年、念願の就職を果たしました。頑張れています。
2年くらい前、かなり病状が良くなった時に、主治医から、「あなたは100%治った」と言われました。
この言葉を「素直に100%治ったと思う自分」と「まだまだ。先生は勇気づけようと思って言っている」
と、2重構造の気持ちで聞いていました。その聞き方は、今でも正しかったと思っています。
その時、投薬一時中断。具合が良くなくなり、1ヵ月後別の薬(エビリファイ)を再投与。
一気にまた回復軌道に乗りました。
最近、お世話になった福祉の専門家(複数)に、
「主治医が確信もなく100%治ったというのは、無責任で、信じられない」と言われ、
ショックを受けています。
ドクターの仕事は、どの診療科でも
「傷が深いぞ。もうダメだ」とは、どんなにひどい病状でも言わず、
「傷は浅いぞ。大丈夫」というものだと思っていますし、
そう言う意味で前向きの嘘をつき続けてくれた今の主治医を名医と思っていますし、感謝しています。

ドクターは、
・常にシビアに真実を伝えることが責務
・常に患者を勇気づけ、治療効果を引き出すことが責務

自分は、後者と思います。そのためには嘘も必要な時がある、と思ってきましたが、
専門のドクターはどう思っていらっしゃるのか、知りたいです。

よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  Nyarlathotep 返答済み 5 年 前.

何をもって「嘘」、何をもって「治った」というのかにもよりますが、統合失調症と告知すると受診を拒否されてしまうので、「自立神経失調症」という病名を告げたりすることはあります。

 

100%治った、とは、精神科に限らず言わないと思います。

 

「傷が深いぞ。もうダメだ」とは、どんなにひどい病状でも言わず、
「傷は浅いぞ。大丈夫」というものだと思っていますし

。。。これは嘘とか誠ではなくて、励まし。

 

私が冒頭に挙げた例が、精神科特有の嘘。。。というか方便と言うことになるでしょう。

Nyarlathotepをはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問