JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

親族の状態です。調子がいいときは、大変社交的で仕事もテキパキこなしますが、うつの症状が出始めると引きこもり食事もろく

解決済みの質問:

親族の状態です。調子がいいときは、大変社交的で仕事もテキパキこなしますが、うつの症状が出始めると引きこもり食事もろくにとりません。現在3週間くらい引きこもっています。以前にアルコール依存症といわれ、アルコールが入るとそんな状況になっていましたが、この春に専門医のところへ入院し1ケ月くらいでアルコールに依存しないでいられるようになりましたが、今回はアルコールを飲んでいないのに症状がでているので本人も絶望的になっているようです。今、病院等は拒否しています。とりあえずの対処を教えてください。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

少し補足情報を下さい。

①ご親族の、年齢、性別、ご職業を教えて下さい。

②精神科における疾患は何なのでしょうか?

③処方されている(されていた)お薬の名前と、それぞれの1日量を教えていただけませんか。

④ご本人はなぜ受診を拒んでいるのでしょう。

以上確認させていただけますと幸いです。
※回答は遅い時間になるかもしれません。ご了承ください。
質問者: 返答済み 5 年 前.

①49歳 男性 無職(元フルート奏者)


②アルコール依存症→うつ病


③わかりません


④入院生活を嫌がっている様子 現在は気力がない

質問者: 返答済み 5 年 前.

①49歳 男性 無職(元フルート奏者)


②アルコール依存症→うつ病


③わかりません


④入院生活を嫌がっている様子 現在は気力がない

質問者: 返答済み 5 年 前.

①49歳 男性 無職(元フルート奏者)


②アルコール依存症→うつ病


③わかりません


④入院生活を嫌がっている様子 現在は気力がない

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

ご返信・追加情報ありがとうございました。

「とりあえずの対処を教えてください」とのことですが、相談者様はこの49歳男性の患者様と平素どのていどの関わりがあり、どの程度の関与が可能な立場におありなのでしょう?

 

この男性の言動によって何か被害を受けられているというわけではないと理解してよろしいでしょうか。

 

「とりあえずの対処」とは、相談者様のための対処でしょうか。この患者様のための対処でしょうか。「とりあえず」とはどのように解釈すればよいでしょう?

この患者様にはご家族はおられないのでしょうか。

 

質問を重ねて恐縮ですが、ご質問の意図がはかりかねますので、再度確認させていただけますと幸いです。

質問者: 返答済み 5 年 前.
うつ状態にある者は、私と は同居していません。同じ市内に住んでいます。本人は、昨年離婚をし、現在80代の本人の両親と同居しています。両親は高齢なこともあり活発に動ける方ではなく、本人が調子がいいときは介護をしています。7月にはいり、うつ状態がひどくなり現在、ほとんど食事をとらず寝ているようです。これまでも、このようなことはありましたが、10日ほどで調子を戻していましたが、今回は長引いています。まずは病院に連れていくのが一番いいのですが、本人が行きたがらないため、体力の回復をさせたいと考えています。どのような方法がありますか?
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

残念ながら、妙案はありません。
本当にとりあえずの策としては、カロリーメイトゼリーやポカリスウェットのような、病院で行われる点滴に近い成分の経口栄養補給食品を差し入れて、使用を促すことでしょうが、これすら拒まれる可能性はありますし、長期間「ほとんど食事をとらず寝ている」ような生活を送られている方の体力を回復させるには、ポカリスウェットの1本や2本ではとても十分ではないでしょう。
根気強い説得を、数日間にわたって続け、栄養補給を継続させる必要があります。

そこまでできるのであれば、同じ量の努力をして、病院受診の説得をされた方がまだ現実的ではないかと考えます。

病院受診に関しては、「移送制度」というシステムがあります。
まずは窓口としての保健所に相談をされてみるのは1つの方法でしょう。ただし、移送制度は本来的には病識(自分が病気だという認識)の無い統合失調症患者様を医療に繋げることを想定したシステムですから、ご親族にこのシステムが適用される可能性は高くないでしょう。

このサイトでは、十分な病識(自分が病気だという認識)が無い本人をどうやって受診させればよいのか、というご家族からの相談をいただくことがしばしばありますが、ご本人のお人柄やご家族との関係を存じ上げないわれわれに、ぽんと、これこれこのように説得すれば受診させることができますよ、という助言ができるわけもありません。
ご親族に関しても、仰るように「
まずは病院に連れていくのが一番」にして唯一の事態打開の方法ですが、受診までは、ご身内が何とかしなければならない部分なのです。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問