JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

LD、ADHDを伴う広汎性発達障害の中1の男の子の母親です。 現在、スルピリド50mg0.5錠、ソラナックス0.4

質問者の質問

LD、ADHDを伴う広汎性発達障害の中1の 男の子の母親です。
現在、スルピリド50mg0.5錠、ソラナックス0.4mg0.5錠、ジェイゾロフト25mg1錠、セロクエル25mg1錠、デパケンR錠100 100mg1錠、柴胡清肝湯2.0g 1包 を夕食後に服用しています。
セロクエルとデパケンR錠は7月26日から飲み始め、それまでは、ジプレキサ2.5mg0.25錠、バレリン錠100mg0.5錠をスルピリド、ソラナックス、ジェイゾロフトと一緒に夕食後に服用していました。
ここ4.5日、夜目が覚めて、気分が悪いと訴えるようになり、吐くかもしれないと不安を持っているようです。
小学校の3,4年生のときも、吐くかもしれないという不安が強くいつも顔色を気にしていました。
ここ2年くらいは落ち着いていましたが、4、5日前から夜起きてくるようになりました。
薬の副作用でしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんにちは。猫山と申します。精神科医です。
大学病院在籍時は児童・思春期症例を診察するグループで臨床と研究に従事していました。

ま ず、処方を拝見する限りは、吐き気を副作用とするお薬(ジェイゾロフト)が含まれていますが、服用初期に出る副作用ですから、現在の吐き気をジェイゾロフ トの副作用であるとは考えにくいと思います。セロクエルやスルピリドのように、制吐作用があるお薬も飲まれていますので、現在の吐き気がお薬の副作用であ る可能性は低いように思われます。

随分と多剤、しかも中途半端な量のお薬を服用されていますが、児童精神医学の専門医にかかられているのでしょうか?
例えばデパケン(バルプロ酸)の血中濃度はどれくらいでしょう?
確認させていただけますと幸いです。

※回答は夜以降になるかもしれません。ご了承ください。
質問者: 返答済み 5 年 前.

今薬を処方してもらっている先生は精神科の先生ですが、児童精神医学の専門医ではありません。


血中濃度は分かりません。


 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。

セレニカR(ちなみに有効成分はそれまで服用されていたバレリンと同じバルプロ酸です)には有効血中濃度があり、少量から始めて増量を繰り返しながら血液検査を行い、その有効血中濃度に達するように調整をしていかなければ服用している意義が無いお薬です。
ちなみにバルプロ酸はもともとは抗てんかん薬であり、躁うつ病の気分を安定させる作用もあり、保険適応外の処方ではありますが、ご子息のような発達障害の患者様の気分を安定させる作用も期待できます。あくまで有効血中濃度に達していれば、ですが。
最初の回答に書き忘れましたが、このお薬の服用によっても吐き気が起こりますので、あるいはバレリン⇒セレニカRの増量は吐き気の原因になったかもしれません。

その他のお薬はスルピリド25mg、ソラナックス0.2mg、ジェイゾロフト25mg、セロクエル25mgということになりますが、スルピリドは25mgでは脳に移行しませんので、精神科のお薬として服用している意味はありません(一方で体重増加等の副作用は起こります)。
ソラナックスは作用が期待できるのがどうか微妙な量ですが、依存性があるお薬ですので、お子様に常用させるべきではありません。
ジェイゾロフトも有効用量に達していません。前述したように、吐き気が起こるとしたらこのお薬の副作用である可能性がなくはありません。
セロクエルは抗精神病薬ですが、子の用量では穏やかな鎮静作用がありますので、ご子息が服用されているお薬の中でゆいいつ意味があるものであるように思います。

「小学校の3,4年生のときも、吐くかもしれないという不安が強くいつも顔色を気にして」いたということですから、今回の吐き気に対する恐怖心は、お薬の副作用というよりは精神症状(嘔吐恐怖)である可能性が高いのではないかと考えます。

率直に申し上げて、処方を拝見する限りは現主治医がご子息に適切な治療を施しているとは判断しかねます。普通の精神科や心療内科の病院・クリニックではこの年齢のお子様の問題には対応するのはそもそも困難です。

今後のことも考え、以下のサイトから検索できる児童青年精神医学会の専門医がいる施設を受診されることをお勧めいたします。

【児童青年精神科専門の医療施設一覧】
http://child-adolesc.jp/nintei/ninnteii.html

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

丁寧な回答ありがとうございました。


以前は専門の先生に診てもらっていたのですが、子供も私も相性が合わず、通院が苦になったので、主人(うつ病)の主治医に診てもらっていました。


やはり専門医に診てもらった方が良いですね。


薬のことは大変気になっていたので、参考になりました。ありがとうございました。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
たしかに、知識や技術だけではなく、相性の問題も大きい領域ですからね。

よい主治医がみつかるとよいのですが。

少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

精神科 についての関連する質問