JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

全部で9回のECT治療を終了した者です。 繰り返しのうつ病と失声(解離性障害によるもの)のためでした。 うつ病に効果があったのかどうかは、自分ではまだわかりません。 でも、8

解決済みの質問:

全部で9回のECT治療を終了した者です。
繰り返しのうつ病と失声(解離性障害によるもの)のためでした。
うつ病に効果があったのかどうかは、自分ではまだわかりません。
でも、8回目のECTをした後には、声がたまに出にくいことはあるのですが、ささやき声ではない正常に近い状態で発声することができるようになれました。

治療終了後(8回目終了した頃から)に酷い筋肉痛に悩まされております。これはECTによるものなのでしょうか?それとも何か他に(特に思いあたることがございませんが)原因があるのでしょうか?
また、最終回のECTを終えてからオデコのあたりに脈うつような頭痛があります。いつもの頭痛と違う感じなので、頭痛薬を服用するべきなのか躊躇しております。市販されている頭痛薬を服用しても差し支えないでしょうか?


それと、入院中に他の患者さんからうかがったことですが、ECTは回数を重ねるごとに次第に効果がでなくなるということですが、これは事実なのでしょうか?
今後、月に一度のECTを続けるようにと聞いておりますが、もしそれが(次第に効果がなくなること)本当でしたらメインテナンスECTを避けたいと考えております。ECTにより、断片的に記憶が消去されてしまうと仕事を続けていくのに、かなりな障害になってしまいます。このように考えるのは間違っておりますでしょうか?

明後日、主治医を受診する際にも伺うつもりでおりますが、今後の治療をどうするかを決める際の参考にしたいので、何かご存知でしたら教えていただけると助かります。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんばんは。猫山です。以前に別の質問に回答させていただいたことがあります。
健忘は残念ですが、ECTの一定の効果はあったようで何よりです。

> 治療終了後(8回目終了した頃から)に酷い筋肉痛に悩まされております。これはECTによるものなのでしょうか?
これはおそらくECTによるものです。
相談者様が受けられたECTが、本当に痙攣が起きる古典的なECTなのか、手術室で麻酔科医の呼吸管理のもと筋弛緩薬を投与して痙攣を起こりにくくして行うm-ECTであったのかが不明ですが、いずれの場合も多かれ少なかれ痙攣が起こります。この痙攣によって筋肉痛が起こるのです。

> いつもの頭痛と違う感じなので、頭痛薬を服用するべきなのか躊躇しております。市販されている頭痛薬を服用しても差し支えないでしょうか?
差し支えありません。頭痛もECTでよく認めらる副作用のひとつです。大体の場合で一般的な頭痛薬が効きます。少なくとも服用して問題が起きることはありません。

> ECTは回数を重ねるごとに次第に効果がでなくなるということですが、これは事実なのでしょうか?
これは事実ではありません。効果が減弱していくようなことはありません。
効果は持続するという前提で、健忘と記憶障害、うつ病・失声への効果を総合的に勘案されてメンテナンスECTを受けられるかどうかを決められるのがよろしいでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.
回答ありがとうございます。

ECTの効果は減弱していくようなことはないということですが、もしメンテナンスECTをしない場合は再び声がでなくなってしまうのでしょうか?

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。

それは何とも申し上げられない部分です。
主治医が、相談者様の失声に対して有効な薬物療法なり心理療法なりをみつけるか、相談者様の自然治癒力で失声が治ることもありえますが、そうした要素が無い場合は、今回のECTの効果の持続が途切れるとまた失声が悪化する可能性は高く、そうなる前にメンテナンスECTが必要ということになるでしょう。

完全に元に戻ってしまうとまた1クールのECTが必要になりますので、「悪くなる前に」1回行っておくというのがメンテナンスECTのコンセプトです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問