JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14131
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

父の様態についてどのような治療が良いのか アドバイスいただければと思います。 長くなりますが。。。 去年の10月に父が脳梗塞で倒れ入院右半身麻痺。3カ月半の病院でリハビリをす

解決済みの質問:

父の様態についてどのような治療が良いのか
アドバイスいただければと思います。
長くなりますが。。。
去年の10月に父が脳梗塞で倒れ入院右半身麻痺。3カ月半の病院でリハビリをするも本人のやる気がなく車いすの生活になりました。1月の半ばから4月上旬まで老健で生活し、4月より特別養護老人ホームに入居しました。
初めの1カ月ほどは問題はなかったのですが、5月ごろから暴言を吐いたり食事・投薬拒否、入居者と口論になったり夜はナースコールを頻繁に押していると言われました。すぐに精神科の診察を受け、十分に睡眠をとることで改善されるかもということで睡眠薬とリスパダール1mgが処方されました。睡眠薬は強すぎて夜にリスパダールを飲むだけで睡眠は取れるようになり、約1カ月ほどで日中の落ち着きを見せてきました。
しかし、6月下旬ころから水分をあまり取らなくなったとのこと。甘いジュースなら飲みたいと言っていました。
施設では何とか麦茶やお茶を飲ませ ようとしましたがあまり取らなくなりました。ご飯はすべてではありませんが食べてはいたようです。しかし、ケアワーカーさんには頻繁に飯がまずいだの文句ばかり言っていました。
父は人との交流が苦手で、ケアワーカーさんや看護師さんの声かけに応えるぐらいで日中は
独りです。

7月21日(土)父を夕食に連れて行こうと迎えに行くと、途中で看護師さんに会い、その日は
特に水分を取っていなかったとのこと。本人は私の顔を見るなり不穏状態になり
怒りだしました。看護師さんに見せると水分は拒否していたものの、こんな状態ではなかったそうです。
車いすを押してバス停に向かう途中で"出たいんだ。死んだ方がましだ”などと独り言を
ブツブツ言っていました。バスの中でも立ち上がり歩こうとする始末。何とか車いすに戻して
バスを降りました。ご飯は食べましたが投薬、水分取りは拒否。何とかリスパダールだけは飲んだので20分くらいしておとなしくなりました。その後は少し怒り口調ながらもおとなしくなり施設に連れて帰ってから薬をあげようとしましたが拒否。そのまま布団に入りました。
翌日は本人には会いませんでしたが、施設の人の話によると
朝からご飯は食べていなかったようです。
普段から人との話が苦手で、唯一の不満のはけ口は娘の私だけかもしれません。
なので私の顔を見るなり不満を一気に爆発させたのかもしれません。

7/23日(月)4週間ぶりの精神科の診察のため迎えに行くとまた
私の顔を見るなり不機嫌になり、病院に行くのも嫌がり何とか施設の
車で運んでもらいました。診察を待つ間は"俺はパンがくいてえ、
あんなまずい物犬でも食えねえ”などいろいろ声を大にして
叫んでいました。診察室でもパンを買ってこいなどと暴れ
家族にパンを買いに行ってもらい、その間も抑えるのが
大変でした。精神科診療所の先生もすぐに入院させた方がいいということで
即日入院を受けてくれる精神病院をさがしてもらいました。
病院探しをしている間も、ひどいものできちがいみたいでした。
病院の受け入れokの連絡もらい、施設の車が迎えにくるころには少し落ち着き、車の中でも
おとなしくしていました。
病院では暴れてはいませんでしたが少し動揺しているようで看護師さんのカギを取り上げようとしたりしていました。認知病棟に入院となりました。
看護師さんと先生にお任せしてその日は病院を出ました。

7/28日(土)父の様子を見に行きました。
おとなしく車いすに座ってぼーっとしていました。全く動揺したり
怒る様子もなかったのですが、声をかけても反応が鈍かったです。
主治医とお話する機会を得て聞くと、
急きょ入院となった次の日から不穏の症状は全く見せていなかったとのこと。
なので薬の処方も(リスパダール1mg)も変えていませんでした。
通常は症状が出ない場合は退院となるとのこと。しかし、このまま
同じ薬では また症状が出ると思い、別の薬を試してもらえないか
お願いしました。漢方で落ち着かせる薬があると言っていました。
日中、寝てばかりでは困ってしまうのですがまた
拒否や不穏が始まっては困ります。
しかし医師の疎通ができないので先生も困っているようです。
本人も何か聞かれても"うん。うん。“ぐらいしか返事をしないみたいです。

7/23日の不穏だった状態から一転して翌日は
おとなしくなっている。このような状態が
不思議でなりません。環境が変わったからなのでしょうか。
これは鬱の症状なのでしょうか? 
とにかく施設での生活が
嫌で水分補給拒否、投薬拒否に変わってしまったようです。
リスパダール1mgでは2カ月して効果がなくなって
しまったようです。
私事ですが、今年の後半は結婚のため海外に移住を予定しています。
父を特養に入れた理由もこのことがあったからなのです。
ですので本人は施設が嫌といっても家では面倒をみることができません。
渡航後は兄に通院などをお願いしなくてはならなく、
彼一人で不穏になってしまった時の父を任せるのは心配です。

治療をしないで戻すとまた同じ状態が
出てきてしまうのではと思います。
明日、また先生との面談があり鬱の症状鑑別
をお願いしたいのですが。これは
正しいでしょうか?

父に関して倒れる前の状態ですが、物事が
雑で仕事を何度もくびになっていた人です。
人にとって簡単な内容の話でも父には
理解できないことが多かったです。無感情、
無関心な人です。何らかの発達障害が
あったかもしれません。
脳梗塞で病院に入院中は全く問題なく、右半身麻痺
ということでもそのことに対してのストレスは
見受けられません。

今は精神病院の専門家の下、内服薬での治療を受けています。
一日でも早く施設に戻ってほしいため適切な
治療を受けてもらえばと思っています。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


おはようございます。猫山と申します。精神科医 兼 神経内科医です。

少し補足情報を下さい。

①脳梗塞の範囲は広かったのでしょうか? 梗塞部位はお分かりですか?

②性格変化が強いようですが、物忘れはありますか?

③精神科での診断を教えて下さい。

④お父様には高血圧や糖尿病のような持病がおありだったのでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※回答は午後以降になるかもしれません。ご了承ください。
質問者: 返答済み 4 年 前.

①すいません。わかりません。右半身麻痺。急性アテローム脳梗塞としか覚えていません。


②物忘れはあります。注意力障害があります。車椅子の


ブレーキかけ/フットレストを直すことなど。細かいこと/


新しいことは覚えられません。


 


③診断名は聞いていません。不穏は脳梗塞を起こしたことが原因かも


と言われました。発達障害は脳梗塞を起こしているので診断できない


と言われました。


④血圧は安定しています。血圧の薬は飲んでいません。最近の


血液検査でと血糖値が高いことがわかりました。


元の脳梗塞の原因も糖尿病からくるものでした。入院後


点滴で値を落とし、その後は特に糖尿病による薬は


飲んでませんでした。


 


 


施設では日中はおとなしいことの方が多かったです。


不穏が始まったのは施設に入所してからです。


7/21日の不穏をきっかけに7/23日にかけてひどかったです。


書きました通り、入院の翌日からおとなしくむしろ


ぼーっとしていました。


 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

「明日、また先生との面談があり鬱の症状鑑別」をお願いしても、発達障害の診断が付けられないのと同じ理由で、うつ廟の診断を下すことは困難でしょう。
また、私の印象としては、お父様が呈されているのは狭義のうつ廟ではないと考えます。

まず、脳梗塞による認知症があります。これを脳血管性の認知症と呼びます。身体の麻痺だけではなく、記憶や感情などの高次脳機能にも影響が及んでいると考えられます。これが一次診断になるでしょう。

次に、「性格の先鋭化」が起きています。これは脳血管性の認知症に多く現れる症状で、元来の症状が極端な形で現れることです。

そして、抑うつ的な言動が聞かれたり、不穏を呈したり、食事を拒んだりするのはBPSD(認知症の行動・心理症状)で説明されるものと考えるべきでしょう。

【BPSD(認知症の行動・心理症状)】
http://kaigoouen.net/knowledge/dementia/dementia_2-2.html

基本的には、認知症という不可逆的な疾患の周辺症状として不穏も抑うつ症状も現れているわけですから、これを短期間で治めるのは非常に困難です。
脳梗塞は既に慢性期に入っていますから症状は固定していると考えられます。身体的・精神的能力の低下を受け入れられず、もしくは理解ができずに、大きく変わってしまった環境への反応として様々な精神症状を呈しているわけですので、本来ならば、時間をかけて薬物療法を調整し、環境に慣れていただく時間を取る必要があります。
それができない状況なのであれば、精神科主治医に事情を話して、薬物の量を増やし、施設内で適応できる程度に鎮静をかけてもらうようお願いすべきでしょう。
誤嚥による肺炎や転倒等のリスクは増しますが、それ以外には短期的にお父様を施設適応させるのは困難であろうと考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14131
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • DrAkiraOlsen

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    該当なし
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrAkiraOlsen/2012-2-20_746_AkiraADpicmain.64x64.jpg DrAkiraOlsen さんのアバター

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    0
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/KE/kerosuke/IMG_0006[1].64x64.JPG kerosuke さんのアバター

    kerosuke

    精神科医

    満足した利用者:

    104
    平成16年 滋賀医科大学医学部医学科卒業 千鳥橋病院初期研修医平成18年 滋賀医科大学精神科後期研修医平成20年 滋賀医科大学精神科助教平成22年 滋賀医科大学地域精神医療学講座特任助教平成23年 滋賀医科大学精神科外来医長(兼任)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    精神科医

    満足した利用者:

    233
    鳥大学医学部卒。診療所院長(診療科:精神科、心療内科、内科、神経内科)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2556
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    297
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
 
 
 

精神科 についての関連する質問