JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
clozapine1961に今すぐ質問する
clozapine1961
clozapine1961, 精神科専門医
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 297
経験:  精神保健指定医、都内大学病院勤務
69030297
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
clozapine1961がオンラインで質問受付中

現在6回目のうつの再発で、2回目の休職中(6か月弱経過。1回目の休職は、3年前、3か月間の休職で復職)の50歳サラリ

質問者の質問

現在6回目のうつの再発で、2回目の休職中(6か月弱経過。1回目の休職は、3年前、3か月間の休職で復職)の50歳サラリーマンです。初発は14年前です。何れも仕事のストレスが原因で、転職はしておりません。
3年半前の再発では、パキシル30㎎で寛解後、同用量の維持療法を続けていましたが1年半前に再発し、パキシルを慎重に減薬、断薬し、サ インバルタ40㎎に切り換え寛解しました。
1年後、また再発してしまい、ゾロフトへの切り替え、パキシルへの切り替えを試しましたが、いまひとつ効果が出ず、現在、サインバルタ30㎎、パキシル30㎎で快方に向かっています。
パキシルは40㎎、サインバルタは60㎎の最大量にすると倦怠感が酷く、勤務や生活に支障が出てしまいます。
こうしたSSRIとSNRIの併用は、文献等を見ても見かけませんが、臨床的にあり得るのですか?
この用量で維持療法を続けた場合、万一、再発した場合、服薬はどのように対処するのが一般的ですか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  clozapine1961 返答済み 5 年 前.

精神科医のclozapine1961です。

まず再発を繰り返されていることですので、診断は反復性のうつ病ということになると思います。

反復性のため、薬物療法は可能な限り継続した方がよいといわれておりまして、効果があった時の薬剤をそのまま可能な限り同じ用量で継続ということに多くのガイドラインではなっております。

しかし、過去にパキシルやサインバルタで上記のようにやっていただいたにも関わらず、再発されているので、なかなか治療には主治医の先生、患者様ともども苦慮されているのがうかがえます。

現在、SNRIのサインバルタ30mgとSSRIのパキシル30mgを併用して快方に向かっているということで良かったと思います。

うつ病の薬物療法の基本は抗うつ薬単剤と言われており、可能なら抗不安薬や睡眠薬も中止出来たらその方がよいと言われています。

しかし、文面の限りでは3剤使ったが、結果的に再発しておりますので、治療がやや難しいということになると思います。

治療が難しいケースでは、抗うつ薬同士を併用したり、抗うつ薬に他の向精神薬(抗精神病薬や炭酸リチウムなど)などを加えたりすることがあります。

ですので、SNRIとSSRIを併用するケースは臨床的にはありえますし、過去の英語の文献でも肯定的なものは存在します。

そして、今後再発した場合の対処ですが、まず再発しないよう、薬物療法に心理社会的な治療法(生活リズムや生活スタイルを整える、認知療法を追加する、有酸素運動を定期的に行う、など)を追加することが大切かと思います。

その上で、万が一、再発した場合は、過去に使っていない抗うつ薬(例えばリフレックス・レメロンなどはいかがでしょうか?)に変薬する、パキシルかサインバルタのどちらかを残し別の抗うつ薬や向精神薬(増強療法と言います)を加える、など検討するのが一般的です。

質問者: 返答済み 5 年 前.

clozapine1961先生


 


ご回答有難うございます。


 


日中も若干眠さを感じますので、SNRIのサインバルタ30mgとSSRIのパキシル30mgの併用を漸減して、SNRIのサインバルタ30mgとSSRIのパキシル20mgの併用で効果に差異がなければ、この服薬で維持し、万一、再発した場合、サインバルタとパキシルの増薬の余地を残しておく、という処方は有効ですか?

専門家:  clozapine1961 返答済み 5 年 前.

ご返信ありがとうございます。

まず日中の眠さに関し、他の向精神薬(睡眠薬や安定剤など)が影響を及ぼしている可能性はないでしょうか?

もしそうであればまず先にそちらを漸減か中止することを検討していただければと思います。

次にパキシルとサインバルタはそれぞれいつ内服されているのでしょうか?

もしどちらでもよろしいですが、朝から昼にかけて飲まれているのであれば、それを夕方に変更していただければと思います。

上記どちらにもあてはまらなければ、または試みたが眠気が残っているのであれば、仰る通りに症状をみながら5mg刻みでパキシルの漸減を試みてもいいかもしれません。

この場合、日中の眠気は症状なのか副作用なのか、まず主治医に確認してからにしてくださいね。

副作用でありパキシルを漸減して症状が変わらなければ、仰る通りそれを維持用量としてキープしていただきつつ、心理社会的な治療を追加するという手法がよろしいかと思います。

clozapine1961をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

clozapine1961先生


 


早速のご回答有難うございます。


 


何度も何度も恐縮です。


 


サインバルタとパキシルの併用を開始する前は、安定剤はワイパックス0.5mgを1日2~3回頓服で服用していましたが、ソラナックス0.4mgを1日2~3回に変え、最近は0.4mgを半分に割ったものを1日2~3回に減らしています。


 


また、サインバルタとパキシルは夕食後に服用しています。


 


睡眠薬はマイスリーを10mgを5mgに減らして(日によっては10mg)服用しています。


 


更に、少しですが喋りづらいという副作用もあります。


 


勿論、主治医と擦りあわせの上慎重に進めて行きたいと思いますが、パキシルを漸減しても宜しいでしょうか?


 

専門家:  clozapine1961 返答済み 5 年 前.

プラス評価、ありがとうございます。

現在、日中の眠気があるとはいえ、症状が改善したばかりの段階でパキシルを減らすのはやはりリスクがあります。

ですので、前述した通り、まずは他の向精神薬の漸減中止を検討してみてはと思います。

マイスリーは超短時間作用型の睡眠導入剤なので、日中に眠気が残ることはまずないと思います。

そこで、ソラナックスの漸減中止を試みてはいかがでしょうか。

1回あたり0.2mgとはいえ、日中の服薬は眠気を引き起こしている可能性がありますので。

しかしこのような安定剤も減らしていくときには離脱反応といって、逆に不安が高まったり、めまいや発汗などの自律神経症状が出たりしますので、やはり慎重に行っていただければと思います。

質問者: 返答済み 4 年 前.

clozapine1961先生


 


本当に有難うございました。


今後とも宜しくお願いします。

専門家:  clozapine1961 返答済み 4 年 前.

また何かございましたら、ご連絡ください。

ではお大事になさってください。

精神科 についての関連する質問