JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

10年ほど前から精神科に行っています。仕事は昨年、1ケ月、落ち込みがひどくて休みました。 ジェイゾロフト100で安

解決済みの質問:

10年ほど前から精神科に行っています。仕事は昨年、1ケ月、落ち込みがひどくて休みました。
ジェイゾロフト100で安定したかと思っていたら、先週、急に不安が高じて、レキソタンでしのぎ
ました。生理がきたら、気持ちは楽になりました。混 合性不安抑うつ障害と診断です。
グレーな状態が苦手で、検診を受けただけで、がんといわれるのではと恐怖に支配されたり
します。
48歳、女、独身、一人ぐらし。
今の先生は、認知症専門ですが、私の職場を知っていて、話はしやすいのですが
薬の選択などに疑問があります。
カウンセリングに行っても、話きくだけだし、と受けていません。
この先、年とともに孤独が増したり、病気になったりしたときに、コントロールできるように
なりたいのですが、どこに相談したらいいのか、混乱しています。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  clozapine1961 返答済み 5 年 前.
精神科医のclozapine1961です。
いくつか質問があります。
まず不安がつのり、その後、月経が来たら軽快したとのことですが、そのパターンはよくあるのでしょうか?
次に主治医の先生の処方内容に疑問があるとのことですが、どの辺りなのでしょうか?現在はジェイぞロフトを内服しているようですが、他にも内服してるのでしょうか?
ご家族とのご関係、ご友人やご趣味の有無などを教えて下さい。
以上を宜しくお願い致します。
質問者: 返答済み 5 年 前.

正確な記録や基礎体温がないので、何とも言えませんが、更年期か生理が遅れると、いらいら、孤独感が増すような感じがします。だいたい、心気症といわれたこともあり、不安は病気(がん)にむかうのですが・・・


昨年、症状がひどくなったとき、ジェイを減薬していたのですが、抗不安薬を出すわけでもなく、こちらこらお願いして、ジェイを増やし、レキソタンをもらいました。ジェイに変更したのも、友達のすすめです。あと、ユーロジンとレンドルミンを服用中です。

質問者: 返答済み 5 年 前.

正確な記録や基礎体温がないので、何とも言えませんが、更年期か生理が遅れると、いらいら、孤独感が増すような感じがします。だいたい、心気症といわれたこともあり、不安は病気(がん)にむかうのですが・・・


昨年、症状がひどくなったとき、ジェイを減薬していたのですが、抗不安薬を出すわけでもなく、こちらこらお願いして、ジェイを増やし、レキソタンをもらいました。ジェイに変更したのも、友達のすすめです。あと、ユーロジンとレンドルミンを服用中です。趣味はない、家族は両親が遠方。でも、不安なときは、来てくれます。少ないけれど、信頼できる友人はいます。職場では、明るいハイなひと、強いひとと思われているようです。

質問者: 返答済み 5 年 前.
あの、回答まだですか
質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:回答が遅い.
質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:回答が遅い.
質問者: 返答済み 5 年 前.

あの、回答まだですか


わたしは医療関係職(ライ


センスあり)ある程度の知識はあり。


それが時には邪魔ですが。


抗精神薬に抵抗はないです。薬で安定しているほうが生活できるから


でも、根本の解決がないと、この先、異常な不安が繰り返すのは、なんとかしたいのです。

質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:回答が遅い.
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
※「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答に不明点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします。

おはようございます。猫山と申します。精神科医です。
再投稿されたようなのでclozapine1961先生に代わって回答させていただきます。

少し補足情報を下さい。

①clozapine1961先生からも確認がありましたが、月経前症候群(PMS:Premenstrual Syndrome)の要素もあるように思われます。婦人科で相談されたことはおありでしょうか。また、「混合性不安抑うつ障害」のこれまでの経過を通じて、そういった傾向はあったでしょうか。月経前の不調が途中から出てきたのであれば、それはいつからでしょう?

②向精神薬にご抵抗は無い、とのことですが、レキソタンのようなベンゾジアゼピン系抗不安薬の耐性や依存性、長期的な副作用も許容可能と理解してよろしいでしょうか。

【抗不安・睡眠薬依存(2) ベンゾジアゼピンの害】
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=60619

③心気症と言われたこともある、とのことですが、実際にドクターショッピングをされるようなこともあるのでしょうか。「先週、急に不安が高じて、レキソタンでしのぎました」とのことですが、この時の不安の内容を具体的に教えて下さい(定義としては対象がないのが不安ですが)。その不安にはレキソタンは有効だったのでしょうか。

④「根本の解決がないと、この先、異常な不安が繰り返すのは、なんとかしたいのです」とのことですが、一方で相談者様はカウンセリングの効果は信じられていないようです。相談者様にとっての「根本の解決」とは最適化された薬物療法のことでしょうか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※回答はできるだけタイムリーにできるよう努力は致しますが、このサイトの回答を専業で行っているわけではありませんので、多少の遅れはご容赦いただけますと幸甚です。
質問者: 返答済み 5 年 前.

返事が即とあったので、すみません。


①婦人科でPMSについて相談したことはないです。1月に不正出血があり、


婦人科でホルモン等検査しました。少しプロラクチンが高いが問題なしで


した。生理前に不安定になるのは、意識をあまりしていませんでしたが、


そういえばと感じることは1年くらい前から感じます。精神科に通院する


ようになったのは、10年くらい前、職場の異動でひまで、それが苦しくて


がんにかかっているのではと恐怖になり、そこで、精神なんだと気づきま


した。


②依存性・耐性は知っています。レキソタンは本当に不安でたまらないとき に


使用しています。全然、必要ない月もあります。SSRIについて、抵抗


がないということです。SSRIもジェイゾロフトがやっと、気分を安定に


導いたからです。(パキシルはだめでした。)副作用もありますが、生活


の安定が第一なので、減薬は今、考えていないということです。


③ドクターショッピングはないです。癌じゃないとわかると、恐怖から解放


されるので。先週の不安は、前日に回転性めまいを初めて体験しました


た。そんなに激しくなかったし、回数も少ないので、恐怖にはなりません


でした。翌日の昼から、さびしいような感じがして、泣きました。なんで調


子がよかったのにと不調の原因がわからないことが、不安になりました


。SSRIはマックス量です。これが効かなくなれば、やっと合う薬で前向き


になれたのにと思い、一気に不安が増しました。主治医に3日後に診て


もらい、薬がすべてではないし、仕事は休まず、しばらく、週1回受診し


どうしても不安なときはレキソタンをのむようにと言われ、安心しました。


母にも来てもらい、仕事にも行け、生理になりました。レキソタンは3日


くらい5×2錠を服用しました。レキソタンは有効でした。


④いいえ。カウンセリングを否定しているわけではないのです。ただ、認知


療法は、一人では実践が怖いですし、どうしたら

質問者: 返答済み 5 年 前.

返事が即とあったので、すみません。


①婦人科でPMSについて相談したことはないです。1月に不正出血があり、


婦人科でホルモン等検査しました。少しプロラクチンが高いが問題なしで


した。生理前に不安定になるのは、意識をあまりしていませんでしたが、


そういえばと感じることは1年くらい前から感じます。精神科に通院する


ようになったのは、10年くらい前、職場の異動でひまで、それが苦しくて


がんにかかっているのではと恐怖になり、そこで、精神なんだと気づきま


した。


②依存性・耐性は知っています。レキソタンは本当に不安でたまらないとき に


使用しています。全然、必要ない月もあります。SSRIについて、抵抗


がないということです。SSRIもジェイゾロフトがやっと、気分を安定に


導いたからです。(パキシルはだめでした。)副作用もありますが、生活


の安定が第一なので、減薬は今、考えていないということです。


③ドクターショッピングはないです。癌じゃないとわかると、恐怖から解放


されるので。先週の不安は、前日に回転性めまいを初めて体験しました


た。そんなに激しくなかったし、回数も少ないので、恐怖にはなりません


でした。翌日の昼から、さびしいような感じがして、泣きました。なんで調


子がよかったのにと不調の原因がわからないことが、不安になりました


。SSRIはマックス量です。これが効かなくなれば、やっと合う薬で前向き


になれたのにと思い、一気に不安が増しました。主治医に3日後に診て


もらい、薬がすべてではないし、仕事は休まず、しばらく、週1回受診し


どうしても不安なときはレキソタンをのむようにと言われ、安心しました。


母にも来てもらい、仕事にも行け、生理になりました。レキソタンは3日


くらい5×2錠を服用しました。レキソタンは有効でした。


④いいえ。カウンセリングを否定しているわけではないのです。ただ、認知


療法は、一人では実践が怖いですし、どうしたら、変な思考回路から抜


け出せるのかわからないのです。薬は今は必要です。安定している時間


があるときに、根本の解決の道を探りたいのです。根本の解決とは、不安


の過剰処理をなんとかして、おだやかな日を送るというイメージでしょう


か。


すみません。クリックを途中でしたので、2回目を送信します。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。
ご返信・追加情報ありがとうございます。

主治医の「薬がすべてではない」というコメントが回答ということになるでしょう。
混合性不安抑うつ障害のような不安が前面に出る病気の場合、ありとあらゆる局面で現れる不安を完全にお薬でコントロールしようとするのは、不可能ですし不自然です。お薬の助けを借りながら、残った不安に対峙していく中で、ご自分なりの対処法を身に付けられ、結果としてお薬が減っていくのが理想的な治療経過でしょう。

主剤となるべきお薬はSSRIであるべきでしょうが、パキシルが効かずにジェイゾロフトが効いたことからもおわかりのように、SSRIのなかでも相性があります。
ジェイゾロフトは効果があったようですから、当面は、このお薬を主軸にレキソタンでその場その場の不安を抑えていくという方法をとられるのがよろしいかと存じます。

誠に失礼ながら、女性ホルモンのバランスが変化しつつある年齢ですから、それが症状に及ぼす影響も考える必要があるでしょう。
プロラクチンが高いのは恐らくジェイゾロフトの影響で、更年期であることや女性ホルモンの変動とは関係がありません。

心身ともに不安定になりやすい時期に不安定になっているのだという可能性が高いと思われますので、しばらくは多少的にレキソタンを用いながら、ジェイゾロフトの用量は変更せずに様子を見られることを私もお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございます。


プロクチンは主治医からも説明がありました。しばらく、生理との関係で


気分の変化をみて、必要時、婦人科でPMDDか、診てもらうようにとの


指示です。更年期は、女性であれば、とおる道ですし、むしろ、ちゃんと


した教育がなされていない時代の私達世代は、悩んでいる方も多いの


で、語り合う場があればと感じます。


先生の回答は、参考になりましたが、ただ、10年も続いているので、


他のアプローチはないかと相談したいのです。何でも、新しいことに


他人以上に不安を感じ、そのレベルに達することに努力はしますが


加齢とともに、難しくなってきます。性格は変えられないし、ポジティブ


思考ばかりが善とは思いませんが、過剰な不安に対応する薬プラスの


何かないのでしょうか。趣味、生活を楽しむと、去年、安定してから、やって


みています。そんなに即効性はないのも承知ですが・・・


仕事が暇になると、昔から

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。

新機軸の治療方法で、独習可能なもの、かつ効果が期待できるものとしては、やはり認知療法ということになります。
うまくいかなくても症状が悪化することはないので、実践を怖がる必要はないと思いますが……

認知療法という心理療法の根底にあるのは、周囲の環境を変えられなくとも、自分が周囲を理解する(認知する)方法を変えればストレスは軽減される、という思想です(無理にポジティブシンキングをしろという意味ではありません。念のため)。

人間は世界のありのままを観ているのではなく、その一部を抽出し、解釈し、帰属させているなど 「認知」しているのであって、その認知には必ず個人差があり、客観的な世界そのものとは異なっています。
認知療法では、そのため、誤解や思い込み、拡大解釈などが含まれた自らに不都合な認知をしてしまい、結果として様々な嫌な気分(怒り、悲しみ、混乱、抑うつ)が生じてくると仮定しています。
不快な気分や 不適切な行動の背景として「考え方」つまり「認知」に着目し、この不都合な認知⇒気分の流れを紙などに書いて把握すること、また、それらに別の観点を見つけるべく紙に書いて修正を試みる事が認知療法の根幹になります。
ステレオタイプな認知を歪みと命名したりします。

認知療法では認知の歪みに対し、反証や多面的解釈を生み出す手助けをします。このように自らが認知を修正することによって、身体反応が軽減したり、苦しみの少ない方向に情動が変化したり、より建設的な方向に行動出来るようになったりするとの説があります。

独習ではなく認知療法を受けるには、インターネットなどで検索してこの治療法を行っている心療内科やカウンセラーを探す必要があります(JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介を行っていません。ご了承ください)。
実際のところ、昨年からうつ病(混合性不安抑うつ障害は、微妙なと思います)に対する認知療法は、保険診療の対象となっています。これはうつ病に対する有効性を厚生労働省が認めているということで、他にそのような扱いを受けている心理療法はありません。

認知療法的な思考方法を身につけるためには、一般の方向けの書籍がたくさん出版されていますから、それを読み、独習するだけでも一定以上の効果が期待できます。

こころが晴れるノート―うつと不安の認知療法自習帳
http://www.amazon.co.jp/gp/product/442211283X/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&tag=polyhedron00-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=442211283X

心のつぶやきがあなたを変える―認知療法自習マニュアル
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4791103548/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&tag=polyhedron00-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4791103548

あたりが推薦図書です。
人間、すぐに変われるものではもちろんありませんが、事態を好転させる努力は続ける必要があるでしょう。


本当は複数の選択肢が残されていることがほとんどです。
ただ、それをみつけるには、相談者様が新たな視点を手に入れる必要があるかもしれません。
良くなりたい」のであれば、認知療法的なアプローチはその一助になると思うのですが。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14357
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

すみません。誤送信です。


心が晴れるノートは読みました。自動思考?は当てはまります。


ただ、独習はリスクありと思いますので、専門の方に診てもらい


ます。


ノートや、この間、過敏性腸症候群の対応(テレビ)で認知療法の


デモストをやっていましたが、あんなにすんなりいかないでしょうが。


皇室のあの方も大野先生主治医ですよね。


あう・あわないはあるとは思いますが、あったらラッキーと思い


探してみます。


同病を経験したような方がサポーターならば、思いをより的確に


把握できるのでしょうか。健常な方には、深いところで共感して


いただけないのが病気のつらいところです。もちろん、例えば


統合失調や、高次機能しょう害の方になれないのですから、


立場はいっしょですけれど。


 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
仰る通り、日本で一番有名な適応障害患者様の主治医が大野先生ですね。

認知療法は、施術者というよりも、この治療法そもものと患者様の相性が予後を決めるような印象を持っています。私が独習を勧めるのはそのせいなのですが。

「同病を経験したような方がサポーターならば……」というのは、精神科領域ではよく聞かれるご要望ですが、私は違うと思います。
自らも糖尿病を経験した医師が糖尿病の治療をうまく行えるかというとそうではありません。
病気が同じでも、土台となる体質や性格が違うので、治療者の成功体験に引っ張られて患者様の治療の最適化がむしろできないような気がします(これは、精神科医でうつ病を発症する医師が少なくないことから得た経験です)。
ニュートラルな見方をできる施術者(臨床心理士)で、経験豊富な方の治療成績がいちばん良好であるような気がいたします。
質問者: 返答済み 5 年 前.

何度もありがとうございます。


保険扱いできるといいです。


 


 


独習は患者本人でしようとしたら


あーできなったになるかもと思ったりします。


 


あの自動思考のように「あるべき」「白黒」


「完璧」の固まりですので。


SSRIは、先生はご承知のように副作用は


あります。痩せる・口渇がひどい。痩せて


骨が目立ち、坐骨は常にしびれていたい


です。(坐骨のときは馬尾腫瘍パニック


になりMRIでなんでもなくすっとしましたが)


坐骨はつきあわないとしょうがないと思える


ようになったのは、副作用もあるSSRIです


が。


メールではご判断が困難でしょうが、


認知療法をする際、何か注意というか


迷いというか(思い込みが強いので)


こころがけておいたほうがいいよという


ことがあれば、ご教示ください。


 


先生の同病者理論は納得しました。


 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。
申し訳ありません。お待たせしました。

認知療法が保険適応になるのは、医師が、うつ病に対して行った場合のみになりますから、相談者様の主治医がその技術を持たれていて、そのための時間をとってくれる体制になっていない限りは難しいかもしれません。残念ながら、臨床心理士が行った場合は保険適応されません。

SSRIでは、初期に体重減少、中長期的には体重増加が問題になることが多いのですが、相談者様の場合は体重減少が続かれているんですね。

認知療法に臨む心がけ……難しいご質問ですが、私が臨床でこれを行う際に患者様に申し上げることは、①厚生労働省が保険適応を認めたくらいの治療法なのだから、効果については信用されてよい、②宿題は必ずやること(セッションそのものよりも、日々 の自分の言動を認知療法のやり方でノートにとることが大切)、③そのうちに自然と自分の認知の歪みや自動思考に気づきやすくなるので、それらを修正することを恐れてはならない(人はしばしば、間違っているとわかっていても、自分に馴染んだ方法を選びたがるので)……くらいでしょうか。
つまり、認知療法は、自分の欠点に向き合わなければならない治療方法であるが故に、、効果が出るのも早い代わりに、患者様の無意識・意識的な抵抗も強い治療法なので、それを和らげて(説得して?)治療を進めることが重要になってきます。
抽象的かもしれませんが、お役に立てば幸いです。

精神科 についての関連する質問