JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
clozapine1961に今すぐ質問する
clozapine1961
clozapine1961, 精神科専門医
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 297
経験:  精神保健指定医、都内大学病院勤務
69030297
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
clozapine1961がオンラインで質問受付中

母のこと相談です。 母は大うつ病の治療中いろいろなストレスで声がでなくなりました。最初は薬物療法治療をしていま

解決済みの質問:

母のこと相談です。

母は大うつ病の治療中いろいろなストレスで声がでなくなりました。最初は薬物療法治療をしていましたが、一向 に効果があらわれず半年が過ぎました。長期にカウンセリングにも通っていました。今月に入ってから病院に入院してECTを始めました。現在5回のECTを終えました。私は、うつ病が良くなったとは感じません。声はささやき声から少し良くなってます。母は記憶がなくなることをとても気にしています。母は何日か前このサイトの心理療法士に相談していました。それは今すぐにECTをやめなさいという指示があったと話していました。記憶が部分的になくなってしまったせいか、母は今とても混乱しています。あと5回のECTが残っています。次回は明日の予定です。私はどうしてあげればよいのでしょうか。あしたからのECTをやめたほうがいいですか、それとも、続けてあとの残りを行うほうがいいですか、何かアドバイスをください。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  clozapine1961 返答済み 4 年 前.

精神科医のclozapine1961です。

ご回答が遅くなり申し訳ございません。

 

まず電気けいれん療法(以下ECT)の適応ですが、

焦燥などが強く自殺の危険性もあるうつ病、興奮が強い双極性障害、緊張病の統合失調症、など緊急性が高い場合もしくは、難治性の精神疾患

というのが代表的です。

 

相談者様のお母様の場合は、薬物療法やカウンセリングを行っていることから、後者の難治性と考えられ施行されていると思います。

 

ECTを続けるデメリットに関しては、やはり記憶障害が出る方がいて、それは戻りえない場合もあります。また失声に対して行っているようですが、奏効した例は過去にあると思いますが、一般的にはECTが第一選択ではございません。

 

続けるメリットに関しては、現在5回試行しているとのことですが、私の経験上、7回目くらいからようやく効果が出てくる方もいらっしゃることです。現在5回目で、失声が少し改善しつつあるとのことですので、効果はあるのでしょう。またお母様が記憶障害を気にされているとのことですが、うつ病の症状としてやや心気的になっている可能性があります。

 

以上を勘案して、もう一度、主治医とご家族が話し合い、継続の有無、そして今後の治療方針を決定してください。

6回目の直前で申し訳ございませんが、試みていただければと思います。

質問者: 返答済み 4 年 前.

とっても丁寧な回答に心より感謝いたします。


 


一つ質問させてください。


 


「また失声に対して行っているようですが、奏効した例は過去にあると思いますが、一般的にはECTが第一選択ではございません。」


とありますが、通常は失声の治療はどのように行われているのですか?


 


当初、半年間、失声のために発声のトレーニング、カウンセリング、薬物療法等を試してみましたが全く効果がありませんでした。


 


 

専門家:  clozapine1961 返答済み 4 年 前.

ご質問、ありがとうございます。

失声症は、主にストレスや心的外傷により生じる身体化症状で、うつ病などにも合併することが時にみられます。

治療はすでになさっている通り、薬物療法やカウンセリング、発声リハビリテーションなどが通常行われています。

今回、ECTが行われているのは治療抵抗性のうつ病に合併した失声と考えているからでしょう。もしECTを行わないんであれば、治療抵抗性のうつ病に対し抗精神病薬や炭酸リチウムなどの増強療法など他にも選択肢があります。

ECTのメリット・デメリットを勘案し、主治医と相談して治療方針を決めていただければと思います。

clozapine1961をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問