JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
clozapine1961に今すぐ質問する
clozapine1961
clozapine1961, 精神科専門医
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 297
経験:  精神保健指定医、都内大学病院勤務
69030297
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
clozapine1961がオンラインで質問受付中

ノイローゼ、抑うつ反応、自律神経失調症、適応障害、摂食障害、鬱状態と診断名がいろいろ変り、自分は何の病気なのかわから

質問者の質問

ノイローゼ、抑うつ反応、自律神経失調症、適応障害、摂食障害、鬱状態と診断名がいろいろ変り、自分は何の病気なのかわからず、そのこともストレスです。
最近の症状としては、やる気が全くない。仕事ができない、できるとは思えない。薬の過剰摂取、食べると吐く・・などです。

薬は朝・夕にメディピース0.5mg、寝る前にセロクエル100mg×2、サインバルタ20×2、フルニトラゼパム2mgが処方されています。

本当は何の病気なので しょうか?
先日は薬の過剰摂取で記憶がなくなり、自分が怖くなりました。運転して、出かけた形跡があるのです。こんなことをしていたら、社会に迷惑をかけてしまうようで・・・
また、今の頭の中にあることは、「死」です。このまま働くことができなければ、生活保護の受給となりますが、娘が大学進学を希望しています。生活保護受給家庭は進学できないと聞いて、落ち込んでいます。私が死んだら、保険金その他で進学は可能です。別れた娘の父親の元とも考えましたが、再婚して子供もいる人のところに娘をやるのは忍びないです。だから死んだほうがいいと思っています。あとは、本当の病気を知って、とことん向き合って、社会人としてもう一度やり直すかです。

お忙しいところ申し訳ありませんが、どうかよろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

相談者様を実際に診察できないネット相談で、これまで診断が変遷してきた患者様の診断を確定するのはどだい無理な話ですが、処方内容とご記載からはうつ病の可能性が高いと思われます。

このような調査もあります。相談者様も適切な治療を受けてこられなかった75%の患者様に含まれるのかもしれません。

【うつ病:適切な治療を受けているのは1/4(2006年 日本うつ病学会調べ)】

良い病院をみつけられて(JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介を行っていません。ご了承ください)、病気と向き合って治療していかれることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
現在、精神科領域でもっとも一般的に用いられているDSM-IV-TR(精神疾患の診断・統計マニュアル)における大うつ病性障害(うつ病)の診断基準を以下にお示ししておきます。

本来、うつ病の診断はこのようなチェックリストに当てはめて考えるべきものではありませんが、このようなネット相談では使い勝手がいいので。あくまでご参考まで、ですが。

次の1)~9)のうち、基本症状である1)と2)の少なくとも一つを満たすことを必須として、他のよくある症状と併せて合計5つ以上の症状に当てはまり、これらの症状がほとんど1日中、ほとんど毎日あり、2週間にわたっていること、且つ1)~9)の症状がA~Dを満たす場合に、大うつ病性障害と診断されます。
1) 抑うつ気分:気分の落ち込みを感じる。
2) 興味、喜びの著しい減退:全ての活動に対して興味や喜びを感じない。
3) 体重減少か増加、または食欲減退か増加:この1ヶ月で5%以上の体重の減少か増加がある。
4) 不眠 または睡眠過多:不眠または過眠(10時間以上)がある。
5) 精神運動静止または焦燥:何をするにも億劫で辛く感じ、仕事をするのに時間がかかるようになった。または焦燥感でイライラしたりする。
6) 易疲労感または気力の減退:やる気が出ない、すぐに疲れてしまう。
7) 無価値感または罪責感:自分を無価値な存在と感じて自信がなかったり、過度に自分を責めることが多い。
8) 思考力や集中力の減退または決断困難:考えるのに時間がかかり、決断ができなくなった。
9) 自殺念慮等:生きるのが辛く、死について考えることがよくある。
A. 混合性エピソード(躁うつ)ではない。
B. 著しい苦痛を感じる、または社会的・職業的な機能障害がある(非常につらい、または日常生活に支障がある)
C. アルコールや薬物による作用や身体疾患によるものではない。
D. 死別反応ではない(愛する人を失った後、症状が2ヶ月以内ならば離別反応と考えられます)
質問者: 返答済み 5 年 前.

私は東北の田舎に住んでいるので、心療内科や精神科というと、近くにあまりありません。今は週に1回診察、もう1回認知行動療法の講座に通っています。以前は、カウンセリングも受けていたのですが、もはや気力と体力がついていきません。この週2日の治療でいっぱいいっぱいです。マンションのローンのこと、破産宣告のこと・・・


いったい何から手を付ければいいのかわかりません。


私一人のことならどうにでもなるのですが、娘がいます。娘には私しかいません。


病気を治すことか、生活面の相談をしていくかどちらかしかできないような状態にあります。どちらが大事なのか?


やはり娘のことです。親の都合で片親にしてしまった責任があります。でも、責任感だけでは動けない・・・ どうしたらいいのでしょうか?

専門家:  clozapine1961 返答済み 5 年 前.

精神科医のclozapine1961です。

かなり追い込まれている状況かと思います。

まず、大切な娘さんがいらっしゃるのですから、何があろうと「死」を選んではいけません。

そして、現在の病気のためにこの辛い現状があると思いますので、何よりも治療に専念することが大切と思います。

病院にはたいてい精神保健福祉士がおりますので、治療に専念しながら生活面でのアドバイスを受けることも可能かと思います。

例えば、生活保護受給と大学進学の問題に関しては、世帯分離などの手段も提示してくれると思います。

決してあきらめず娘さんのためにも治療に取り組んでくださいね。

お大事になさってください。

 

clozapine1961, 精神科専門医
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 297
経験: 精神保健指定医、都内大学病院勤務
clozapine1961をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問