JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

奥さんについての質問です。 家族構成は自分、妻、子供(2歳)の3人です。 現在、奥さんの気持ちが不安定な状態

解決済みの質問:

奥さんについての質問です。
家族構成は自分、妻、子供(2歳)の3人です。

現在、奥さんの気持ちが不安定な状態が続いています。

週2回(9:00~14:00)は子供をプリスクールに通わせているのですが、
それ以外は子供と一緒に過ごしています。

気持ちが安定しているときは 子供とうまく付き合っているのですが、子供が
家を散らかしたりして気持ちが抑えられなくなると、子供に手を挙げたり、
泣きながら自分のところに電話してきたりしている状態です。

彼女は中国の出身で、結婚を機に日本(横浜)に来ました。
向こうでの友達も横浜にいることもあり、結婚当初は普通な感じでした。
ただ、慣れない日本の文化/風習や義母とのコミュニケーションなどから
ストレスは蓄積されていたと思います。

その後来日3年目に子供を出産したのですが、子育てがさらに彼女のストレス
を増大してしまいました。
中国の子育ては、自分の両親や旦那の両親がメインでするものらしく、日本の
ような夫婦(妻の方が世話する時間は長くなりますが…)だけで育児を行わなければ
ならないことに強い違和感をもっていたみたいです。

子供が1歳を過ぎたあたりで育児も一時的には落ち着きましたが、2歳を過ぎて
だいぶやんちゃに動きまわるようになり、我慢できないことも増えてきた状況です。

去年、一度精神科のカウンセリングを受けたのですが、その時はしばらく帰国して
ひとりになった方が良いと言われたのですが、子供のことを考えると決断しきれず
現在に至っています。

元々気分屋な性格ではありましたが、最近の情緒不安定な状況は自分だけで無く
特に子供への影響が心配されます。
本人も現状から解放されたい(帰国したい)ことを望んでいます。

自分としてもストレスを軽減させるために、家事の手伝いや子供の学校送りなど
できる限りのことはやっているのですが、完全に奥さんをストレスフリーの状態に
させることはできません。

やはり帰国させた方が良いのでしょうか。

アドバイス、宜しくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

少し補足情報を下さい。

①精神科ではどのような診断を受けられているでしょうか。

②子作り前に、日中の子育て環境の違いについてよく話し合われ、奥様も納得された上での出産だったのでしょうか。

③奥様の帰国の意思は固いのでしょうか。この場合の帰国とは一時帰国ですか? それとも完全帰国でしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※回答は少し遅い時間になるかもしれません。ご了承いただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.
①うつ病という診断でした。原因が日本文化や子育て等であると思われることから、まずはひとりになる時間を作るために帰国(1~2年)した方が良いと言われた。

②子育て環境の違いについては、事前にそれほど深く話していませんでした。

③帰国したい(現状から逃げたい)意思は固いですが、一時か完全かは確認していません。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。

たしかに、適応障害に近いタイプのうつ病の印象を私も受けていました。
この場合、薬物療法はあまり奏効せず、環境調整が治療上の重要な位置を占めます。

この場合は、ストレスとなっている「環境」が子育てですから、主治医の助言通りにまずは帰国していただいた方がよろしいように思います。

現在、奥様は本来の判断力を失った状態にありますから、ここで完全帰国か一時帰国かを決めてしまうのは得策ではありません。お子様の処遇にせよ、相談者様との婚姻関係にせよ、どちらにも転べる状態で、「まず」半年程度の帰国をしていただき(1~2年は長いような気がいたします)、状態次第でその後のことを相談されていくのがよろしいかと存じます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問