JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

はじめて質問いたします。宜しくお願いいたします。私は、4年前にパーキンソン病と診断され、ずっと薬を飲み続けています。

解決済みの質問:

はじめて質問いたします。宜しくお願いいたします。私は、4年前にパーキンソン病と診断され、ずっ と薬を飲み続けています。現在、服用しているのは、トレリーフ錠1粒(朝のみ) ビシフロール0.5mg(朝3粒゜ 昼と夜2粒)マドパー(朝 昼 夜1粒ずつ)コムタン錠100mg(朝 昼1錠)マグラックス錠330mg(朝 昼 夜1錠ずつ)です。ビシフロールは、今月の4日まで4年間ねずっと3錠ずつ服用してきました。が、今年四月から担当の先生が変わり、その先生がおっしゃるには薬の飲みすぎと言われ、私の年齢(51歳)でこれだけ服用していたら、先が続かないから減らすと説明をうけてはいるのですが、10日前から左の頸椎が寝違えのように動かすと痛み、3日前から右わき腹が痛みだしどうしようか迷っています。何かアドバイスをお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

お薬が多いかどうかはパーキンソン病の進行の速さと重症度との兼ね合いで決まるもので処方内容を見て一概に多いとあ少ないとか言えるものではありません。

少し補足情報を下さい。

①その新主治医は相談者様のお薬を減らそうとしているのですか?

②現在の重症度はヤール分類で何度でしょう?

③現在の自覚症状を教えて下さい。首の寝違えのような痛み、脇腹痛はパーキンソン病の症状のようですか?

以上、ご確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

お世話になります。お答えします。



1,そうです。私の年齢から、あと30年生きられるとして、今の薬の量だと老人になってから服用できるのがなくなつてしまうよ。と言われました。



2,ヤール重症度は、3度です。



3,首のほうは、10日経った今も上を向いたり、左を向いたりがきつい状況ですが、初日の痛みよりは、ましになってます。右わき腹痛は、寝起きがとても大変で、寝返りもできないし、仰向きもできません。ゆっくり、右側を下にして横向きで、朝までです。ただ、この症状がパーキンソン病と関係あるのかは、わかりません。



以上です。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

ご返信・追加情報ありがとうございます。

 

お薬は減らさない方がよろしいかと存じます。

 

様々な研究結果に基づいて、日本神経学会のパーキンソン病のガイドラインが昨年改訂されたばかりです。
それまでは、薬物療法は初期には最少量にしておいた方が長期的な予後が良いと信じられていましたが、新しいガイドラインは初期からの積極的な治療を支持する内容となっています。
推察しますに、相談者様の新主治医は、古い治療原則に則って治療を行う医師なのではないでしょうか。

【パーキンソン病治療ガイドライン2011】
http://www.neurology-jp.org/guidelinem/parkinson.html
※「第Ⅱ編 クリニカル・クエスチョン」の「第1章 治療総論」をご参照ください。


もしも相談者様の主治医が、日本神経学会のホームページで検索可能な神経専門医でないのであれば、もしくは専門医であったとしても、他の専門医を受診してセカンドオピニオンを受けられてみてもいいかもしれません。

【日本神経学会認定神経内科専門医名簿】
http://www.kktcs.co.jp/jsn-senmon/secure/senmon.aspx

以上、ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 5 年 前.
申し訳ないですが、結局、先生からご覧になられて、頸椎とわき腹の痛みは、独立して考えたほうがいいとおっしゃっておられるのですか。教えてください。ちなみに、私の主治医は、登録されていました。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
恐れ入ります。回答漏れでした。
診察させていただいたわけではありませんので断言はできませんが、私の見解としては頸部と脇腹の痛みはパーキンソン病に関連した症状だと考えます。
筋固縮そのものか、筋固縮がある中で体を動かすために筋肉に負担がかかっているのだと思います。

新主治医が神経内科専門医であるなら、他の専門医のセカンドオピニオンを受けられるべきでしょう。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問