JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

5月末から、心療内科を受診しています。リフレックスとデパスを服用し、落ち着いたので、仕事をはじめました。早番もあり、

質問者の質問

5月末から、心療内科を受診しています。リフレックスとデパスを服用し、落ち着いたので、仕事をはじめました。早番もあり、薬は、マンスリーとデパスとサインバルタにかえてもらいました。2日ほどで全身に蕁麻疹が出て、リフレックスとデパスにかわりました。だだ、歯のかみしめがひどくなり、相談するとツムラシャクサンとデパスにかわりましがこのような薬で改善するのでしょうか。
 うつの薬は、SSRIなどの薬をよく聞くのですが、詳しく教えてください。
また、病院をかえるには、紹介状が必要とのことですが、そんはことは実際にでできるのですか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

少し補足情報を下さい。

①差し支えなければ相談者様のご年齢と職業を教えて下さい。

②診断はうつ病なのでしょうか。どのような症状がおありだったのでしょう。

③SSRIについて詳しく、とのことですが、どういった部分についてお知りになりたいのでしょう。何をお知りになりたいのか絞っていただかないと、本が1冊書けてしまいますので。

以上、確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

初めてで、よくわからず遅くなりました。3月ごろから、疲れが取れず、更年期か内臓系とおもい産婦人科や内科に受診しているうちに食欲がなくなり、眠れなくなりました。診断書には、抑うつ状態とありました。食事は食べたいものだけですが、取れるようになり、行事前には、なんども目がさめますが、一応仕事は、できているとおもいます。ただ、なににたいしても、楽しさを感じず、いままで好きだったものにも関心がありません。一番不快なのは、歯のかみしめでいつも緊張が取れないことです。


私もよういな場合はSSRIはどうなのでしょう。いま言っている病院は、ほとんど院長が決めて説明もきけません。


 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

相談者様の診断はうつ病であるという前提で回答させていただきます。

抗うつ薬については、いくつかの系統がありますが、実は有効性という点ではどれも甲乙が付けがたいことが知られています。
ただ何故か、抗うつ薬と個々の患者様の間には相性のようなものがあります。
全く同じような症状を呈するAといううつ病患者様とBという患者様に対して、Xという抗うつ薬を投与した場合、Aさんにはよく効き、Bさんには全く効かず副作用ばかりが現れるということが臨床現場ではしばしば起こります。

どの患者様にどの抗うつ薬が効くのかを事前に予想する手段は現在までのところ存在しません。順繰りに試していくしかないのです。
運が良ければ最初の抗うつ薬が効きますし、そうでない場合はいくつもの抗うつ薬を順番に試していくことになります。

その、試す順番を決めるのが副作用です。
効果は変わらずとも、副作用はお薬のタイプによって異なるからです。
相談者様が服用されていたリフレックスは、眠気やだるさといった副作用が強いため、初めに使う抗うつ薬としては推奨されていません。

治療ガイドラインで第一選択薬として推奨されているのがSSRI(選択的セロトニン再取り込阻害薬)です。
SSRIは、具体的な薬剤名としては、ルボックス(デプルメール)、パキシル、ジェイゾロフト、レクサプロのことです。
脳内のセロトニンという物質を増やすことで、うつ病の症状を改善させると考えられています。

上述しましたように、リフレックスの方が効くとか、SSRIの方が効くという問題ではありません。どちらが相談者様に合っているかどうかという相性が重要です。
ただし、うつ病の場合は、症状が無くなった後も数か月は抗うつ薬を継続する必要があることがわかっています。
相談者様はまだ万全の状態にはおありでないようですから、なぜ現在抗うつ薬が使用されていないのか、理解に苦しみます。

診断も治療方針も、お薬の説明もしない医師にかかられているのは、相談者様にとって決してプラスにはなりません。
なぜ転院が不可能だと思われているのかわかりかねますが、主治医を選ぶ権利は患者様にあります。
転院にあたっても、元主治医の紹介状が絶対に必要であるというわけでもありません。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございます。私のなかでも、不信感がでできてしまい、医者を変えようと、独協医大に連絡したところ、精神科にすでに通院している場合は推薦状がなければ受診できませんといわれました。べつの心療内科でも同じ回答でした。こうなったら、初めてと嘘をついて病院に行くしかないのかとおもっています。遅くなれましたが、私は公立の保育士現在年長組です。


 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

厚生労働省の告示のレベルですが、200床以上の規模の病院への転院はかかりつけ医からの紹介状をもらって受診することが「望ましい」とされていますので、大学病院ですとそのような対応になるかもしれません。厳密には特定療養費(その他色々な名称で呼ばれることがありますが)を支払えば診察を受けることは可能なのですが。

まあ、過去にご自分が他院にかかられていたことを忘れて受診されてくる患者様はたまにおられます。

精神科 についての関連する質問