JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

夫が2ヶ月前から鬱で通院していて、現在ジプレサザイディス・エビリファイ・セロクエル・グッドミンを処方され飲んでいます

解決済みの質問:

夫が2ヶ月前から鬱で通院していて、現在ジプレサザイディス・エビリファイ・セロクエル・グッドミンを処方され飲んでいます。
2週間程前から落ち着きのなさがとても気になっておりまして、特に4日ほど前から非常に落ち着きの無さがひどくなり、同じ姿勢・同じ場所に何分もいる事ができません。
余りに酷いので急遽昨日診察を希望し受診しました。
先生曰く、今薬が 効き始めだした現れと思います。とのことでした。
落ち着きを取り戻すアキネントの注射と薬の処方してもらいましたが今のところ余り改善はされていません。
夫は日常お酒を飲んでいました。鬱になりお酒は駄目と言われましたが、気持ちが落ち込むとお酒に頼っていたところもあり、薬との副作用かもと心配しております。
また、口元がピクピクと動くことも気になります。
今飲んでいる薬は夫に合っているのでしょうか?ちょっと不安です。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

結論から申し上げれば、お薬は全くご主人に合っていないと思われます。
ジプレサザイディス・エビリファイ・セロクエルはすべて抗精神病薬(統合失調症のお薬)であって、躁うつ病のうつ状態に適応があったり、海外ではうつ病の補助療法として承認を得ているものもありますが、単独でうつ病の治療に用いられるお薬ではありません。

うつ病の患者様に、抗うつ薬を処方せず、適応外の抗精神病薬を多剤併用で処方するというのは、およそ常識的には考えられない薬物療法です。
「落ち着きの無さがひどくなり、同じ姿勢・同じ場所に何分もいる事ができ」なくなるのは「アカシジア」という、抗精神病薬特有の副作用であって「薬が 効き始めだした現れ」などでは決してありません。
「口元がピクピクと動く」のもジスキネジアという抗精神病薬副作用である可能性が高いと考えます。

治療方針の範囲内で説明がつく非常識さではありませんので、ただちに他院に転院されることを強くお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

以前の鬱の時、一時期躁の症状が現れました。そんなことからい今の薬が処方されたのでしょうか?

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

であるとしたら、躁うつ病としての薬物療法が行われるべきで、気分安定薬と呼ばれる、気分の幅を一定に収めるお薬が用いられるべきです。薬剤名としては、リーマス、デパケン、テグレトール、ラミクタールなどが気分安定薬にあたります。
これらのお薬は躁うつ病の躁状態にもうつ状態にも有効で、継続的な服薬を続けることで病相予防効果もあります。

ジプレサザイディス・エビリファイ・セロクエルは、それを行ったうえでなお症状がコントロールできない場合に用いられる位置づけのお薬ですし、そうした使い方をされる時でも、この3剤を併用するようなことはありません。

ですので、どう好意的に考えても的外れでな多剤併用療法であると見做さざるをえません。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問