JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

23年前に統合失調症とうつ病となりました。20年前より社会復帰して68歳までバリバリバリと仕事をして今年5月退職しま

解決済みの質問:

23年前に統合失調症とうつ病となりました。20年前より社会復帰して68歳までバリバリバリと仕事をして今年5月退職しました。薬はソラナックス0.4.テトラミド10.スルピリド100.ハルシオン0 .5ミリです。退職してからあちこち具合が悪くなりましたが、治り、今ハルシオンを飲んでも寝れず、朝になると眠気がついて昼までネテシマイマス。ハルシオンを飲んでもねれないのでやめたいとおもいます。長いこと服用していますので効き目がなくな

 ると思います。かかりつけの医師はねれないことがあると睡眠薬をだしますがねむれないのでことわります。
どしたらいいでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。猫山と申します。精神科医です。

眠りの問題がお薬だけで解決することはむしろ稀です。
相談者様の場合、退職後の不眠ですから、日中の活動度(身体的活動、肉体的活動、ともに)の変化が不眠と関係しているかもしれません。

退職後あちこち具合が悪くなったということでもありますが、在職中に比べて、現在の活動度は変化していないでしょうか。

※本日、日当直中ですので、回答が遅くなるかもしれません。ご了承いただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

ご指摘のようにやめてから活動力は大幅にへりました。体をもっとうごかさなくてはいけないとおもっています。主人もなくなり、子供もいなく、一人ぼっちでいます。主治医は仕事しなさいといいますがないし、気力ありません。生活のリズムをかえなければいけませんね。朝眠気がつくとどうどうしょうにもありません。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
回答が遅くなってしまい、大変申し訳ありません。

ハルシオンに関して申し上げれば、減量・中止を前提としながら、しかし今はまだ服用されていた方がよろしいかと存じます。
ハルシオンはベンゾジアゼピン系薬物に分類され、「常用すると効果が薄れる耐性がつきやすい。当初の服用量では効果がなくなり、次第に薬の量や種類が増えていく。特に、睡眠作用に対する耐性は早く形成される」ことが知られています。
このことは、昨今、一般マスコミでも報道され、大きな社会的問題として認識されつつあります。

【抗不安・睡眠薬依存(2) ベンゾジアゼピンの害:読売新聞】
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=60619

つまり、相談者様の、「長いこと服用していますので効き目がなくなる」という印象は全くその通りで、相談者様におけるハルシオンの効果はかなり薄れてきているでしょう。
しかし効力が0になったわけではなく、それなりの睡眠導入効果は残っているはずです。にもかかわらず現在眠れていないわけですので、ハルシオンを止めたら、さらに眠れなくなってしまうでしょう。
ハルシオンの依存性も考慮に入れなければなりません。相談者様はかなりの長期間ハルシオンを服用されていますから、恐らくハルシオン依存に陥ってしまっています。その状態でハルシオンを止めると、「反跳性不眠」といって、非常に強い不眠が現れることがあります。

したがって、まず現在の、ハルシオンを服用した状態で眠れるようになることを目指されるべきでしょう。
20年間もバリバリ働いてこられたわけですから、また新たに仕事を始められるのは少し酷かな、とは思います(少しゆっくりされて、また意欲が出てきたら仕事を探されるのはよいかもしれませんが)。ただし活動量は上げていかなければ睡眠-覚醒リズムは整いません。特に、日光に当たること重要です。人間の体内時計は日光に当たることで日々調整が行われているからです。
そんなに高い強度の運動を行う必要はありませんので、午前に30分、午後に30分程度の散歩を、現在の生活に付け加えるだけでもすこし眠れ方が違ってくると思います。
前述のとおり、活動量とは身体的なものだけではありませんので、他人とのかかわりを持つことも重要です。良い意味での「気疲れ」が、良好な睡眠のためには必要です。たとえばお友達と会う機会を増やす、サークル活動に参加する、等がこの種の努力に含まれます。

このような努力を行い、眠りが改善した後に、ハルシオンを慎重に減量されるべきでしょう。
いきなり止めるのではなく、半錠にして様子を見たり、どうしても眠れない日には服用するなど、行きつ戻りつしながらもゆっくり量を減らしていくことでリバウンドの不眠を防ぐことができます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問