JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14133
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

叔母のことです。 夫と二人暮らしである、家の中に菌が繁殖して 汚くて暮らせないと実家である私の両親の家に滞在してい

解決済みの質問:

叔母のことです。 夫と二人暮らしである、家の中に菌が繁殖して
汚くて暮らせないと実家である私の両親の家に滞在しています。 

叔母と母 は姉妹で養子である父と弟が一緒に暮らしています。
叔母の夫に対しても菌がある。
飼い犬に対しても菌があると言います。飼い犬に関しては汚いから殺すと首を絞めたそうです。自分もストッキングで自殺未遂を図りました。

現在は、一日の大半を実家の自室に与えられた部屋で過ごし、
食事は21時くらいに摂る程度です。
自分も汚いからと入浴も嫌がります。

昨年の夏、子供同様にかわいがっていた犬を叔父の不注意にて行方不明にさせてしまったことが大きな原因では、と推察していますが、このまま実家で生活のリズムも不自然なまま暮らしてよいのか、不安に感じています。両親や弟の負担も大きく、皆が共倒れにならないか
心配です。心療内科には通院していますが診察は叔母のみで受診するため、皆が詳しいことが
わからない状態です。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
おはようございます。猫山と申します。精神科医です。

ご記載を拝読するかぎりは、強迫性障害(OCD)に基づく不潔恐怖のように思われますが、その診断名の確認を取るのも難しいでしょうか?
OCDにも軽症~重症までさまざまな重症度がありますが、「飼い犬に関しては汚いから殺すと首を絞めた」というのはよほどのことのように思われます。

OCDであるとすれば、適切なお薬を服用することも大切ですし、ご本人の努力も必要な疾患です。ご本人が強迫観念に呑み込まれてしまって適切な行動をとれない場合はご家族の協力が必要になってきますが、現時点では一緒に暮らされているのはご両親と弟さんであるわけですので、この方々が、叔母様の病名も知らず、適切な対応も指導されずに叔母様の言動に翻弄されるだけでは、ご懸念の通り「共倒れ」になってしまいかねません。
現在私が受けている、類似のご相談をご参照ください。
http://www.justanswer.jp/mental-health/6uscl-etc.html

叔母様が心療内科に通院されているのであれば、ご両親が診察に同行することを同意させ(できないならば出て行ってもらう、くらいのことは仰ってもよろしいかと存じます)、主治医から、診断名と、一緒に暮らす方々がとるべき対応について指導を受けられるべきかと存じます。

以上、ご参考になれば幸いです。

********************************************

現在、精神科領域でもっとも一般的に用いられているDSM-IV-TR(精神疾患の診断・統計マニュアル)における強迫性障害の診断基準を以下にお示ししておきます。

本来、精神科疾患の診断はこのようなチェックリストに当てはめて考えるべきものではありませんが、このようなネット相談では使い勝手がいいので。あくまでご参考まで、ですが。

A. 強迫観念、強迫行為のいずれか。

強迫観念  (1)、(2)、(3)、(4)によって定義される:
(1)反復し継続する思考、衝動、イメージ(心象)のいずれかで、それらは障害が生じている間に、邪魔で不適切なものとして体験され、著しい不安や苦痛の原因となる。
(2)その思考、衝動、イメージは、単なる現実生活の問題についての過剰な心配ではない。
(3)その人は、この思考、衝動、イメージを無視、抑制、何か他の思考または行為によって中和しようと試みる。
(4)その人は、その強迫的な思考、 衝動、イメージが(思考吹入のように、外部から強制されたものでなく)自分自身の心の産物であると認識している。

強迫行為  (1)、(2)によって定義される:
(1)反復行動(例:手を洗う、順番に並べる、確認する)、または心の中の行為(例:祈る、数を数える、声を出さずに言葉を繰り返す)があり、それらは強迫観念に反応して、もしくは厳密に適用しなくてはならない規則に従って行うよう駆り立てられている感じがする。
(2)その行動や心の中の行為は、苦痛を防ぐ、もしくは減らす、または何か恐ろしい出来事や状況を避けることを目的としている。しかし、この行動や心の中の行為は、消去や防御をねらったものとしては、現実的な手段として筋が通っていない、もしくは明らかに過剰である。

B.障害の経過のある時点で、強迫観念または強迫行為が、過剰もしくは不合理であると認識したことがある。(注)これは子供には当てはまらない。

C.強迫観念または強迫行為により、著しい苦痛があるか、時間の浪費がある(1日1時間以上かかる)か、通常の生活習慣、職業(または学業)での業務、普通の社会活動や人間関係への無視できない妨げがある。

D. 別のⅠ軸(精神の臨床疾患)の障害がある場合、強迫観念または強迫行為の内容は、それに制約されたものではない。
(例:
摂食障害がある場合の食物へのとらわれ、
抜毛癖がある場合の毛抜き、
身体醜形障害がある場合の外見への心配、
物質使用障害がある場合の薬物へのとらわれ、
心気症がある場合の重篤な病気にかかっているというとらわれ、
性嗜好異常がある場合の性的な衝動もしくは空想へのとらわれ、
大うつ病性障害がある場合の罪への黙考)。

E.障害は、物質(例:乱用物質、投薬)または一般の身体疾患による、直接的な生理学的作用のためではない。

*該当の場合、特筆:
洞察力が乏しい場合:現在のエピソードのうちほとんどの期間、強迫観念および強迫行為が、過剰もしくは不合理であることを認識していない人。

質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答いただきましてありがとうございます。

 

早速、両親に伝え、医師の説明を受けることを強く勧めます。

それから、叔父に対する攻撃的な言動は、 

先生のおっしゃる病気がさせるものなのでしょうか・・・

 

叔父から離れて実家に戻ったり、現在の飼い犬に手をかけたことで、

昨年、行方がわからなくなった犬が関係しているのかと思っていました。 

 

叔父は、今の飼い犬と暮らし、ほぼ毎日のように犬を連れて 

叔母を見舞っているそうですが、このままの状態で良いでしょうか。

それとも、毎日ではなく少し間隔をあけたほうが良いでしょうか。

 

それから、両親が主治医の先生に面談するにあたり、お尋ねしたほうが良い点がありましたら、教えていただきたいです。 

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答いただきましてありがとうございます。

 

早速、両親に伝え、医師の説明を受けることを強く勧めます。

それから、叔父に対する攻撃的な言動は、 

先生のおっしゃる病気がさせるものなのでしょうか・・・

 

叔父から離れて実家に戻ったり、現在の飼い犬に手をかけたことで、

昨年、行方がわからなくなった犬が関係しているのかと思っていました。 

 

叔父は、今の飼い犬と暮らし、ほぼ毎日のように犬を連れて 

叔母を見舞っているそうですが、このままの状態で良いでしょうか。

それとも、毎日ではなく少し間隔をあけたほうが良いでしょうか。

 

それから、両親が主治医の先生に面談するにあたり、お尋ねしたほうが良い点がありましたら、教えていただきたいです。 

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

行方がわからなくなった犬の件は、発症の引き金としての心理的ストレスにはなったかもしれませんが、「犬が行方不明になった」⇒「家の中に菌が繁殖して汚くて暮らせない」という症状に直結はしませんよね。

犬が行方不明になったことでご主人に対して攻撃的になるのは了解可能で すが、程度が度を越しているのであれば、病気のために興奮が強まっているか余裕が無くなっている可能性が高いでしょう。

叔父様が叔母様を訪問する頻度についても、叔母様の診断と重症度次第であると思われます。

主治医に面談するに当たっては、
①診断と、それによって現在の症状がどのように説明されるのか。
②自殺未遂を図ったことを把握しているか。入院適応ではないのか。
③処方内容と、それぞれの薬の処方根拠。
④家族の対応について(ご主人の訪問頻度を含む)。
⑤診断がOCDであった場合に、薬物療法以外に行動療法は行っているか。
という点を確認されるべきであろうと考えます。
時間をとりますので、予め連絡をして、家族相談として時間をとってもらえるようお願いすべきかと存じます。
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14133
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • DrAkiraOlsen

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    該当なし
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrAkiraOlsen/2012-2-20_746_AkiraADpicmain.64x64.jpg DrAkiraOlsen さんのアバター

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    0
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/KE/kerosuke/IMG_0006[1].64x64.JPG kerosuke さんのアバター

    kerosuke

    精神科医

    満足した利用者:

    104
    平成16年 滋賀医科大学医学部医学科卒業 千鳥橋病院初期研修医平成18年 滋賀医科大学精神科後期研修医平成20年 滋賀医科大学精神科助教平成22年 滋賀医科大学地域精神医療学講座特任助教平成23年 滋賀医科大学精神科外来医長(兼任)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    精神科医

    満足した利用者:

    233
    鳥大学医学部卒。診療所院長(診療科:精神科、心療内科、内科、神経内科)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2556
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    297
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
 
 
 

精神科 についての関連する質問