JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

しばしば休日家に引きこもりがちで、ずっとテレビやネットなどを見ていてしまうことがあります。ひどいときは夜中、朝方まで

解決済みの質問:

しばしば休日家に引きこもりがちで、ずっとテレビやネットなどを見ていてしまうことがあります。ひどいときは夜中、朝方まで食事もろくにせずそのような状態でぼーっとしているのですが、次の日以降しばらく脱力状態になって気分が落ち込みます。生活リズムを自ら崩している感じが非常に愚かな話ですが、子供の頃からのしばしば陥る状況で、個人的な努力ではなかなか解決できない気がしてきました。仕事はしていますが、職場の人間関係はなかなかなじめません。大体、集団の中で のコミュニケーションがかなり苦手な意識があります。特に飲み会やパーティーです。平日 一生懸命頑張る方ですが、些細なことがきっかけで休日に何もかもやる気がなくなって引きこもってしまうことがあります。12、3年も前に一時期 強迫神経症と診断されて薬を飲んだことはありましたが、眠気がひどいのと、効果もあまり感じなかったことと、何とか日常生活は続けられたので 医者に相談の上 了解のもと半年~1年以内もしないうちに薬はやめました。それ以来、そのような症状はまだ時折ありますが、性格上でもあり気にしても仕方がないということで薬は飲んでません。上記のような状況は鬱か何かでしょうか?よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

ご記載を拝読する限りにおいては相談者様が強迫性障害やうつ病の診断基準を満たすとは思われません。
「子供の頃からのしばしば陥る状況」とのことですから、病気というよりは性格の偏りなのではないでしょうか。

私であれば、シゾイドパーソナリティ障害を考えます。
性格なので治療の方法があるわけではありませんが。

以上、ご参考になれば幸いです。

***********************************************

現在、精神科領域でもっとも一般的に用いられているDSM-IV-TR(精神疾患の診断・統計マニュアル)におけるシゾイドパーソナリティ障害の診断基準を以下にお示ししておきます。

本来、精神科疾患の診断はこのようなチェックリストに当てはめて考えるべきものではありませんが、このようなネット相談では使い勝手がいいので。あくまでご参考まで、ですが。


【シゾイドパーソナリティ障害】

以下の基準のうち、少なくとも4つ以上を満たすことで診断される。

1. 家族を含めて、親密な関係をもちたいとは思わない。あるいはそれを楽しく感じない
2. 一貫して孤立した行動を好む
3. 他人と性体験をもつことに対する興味が、もしあったとしても少ししかない
4. 喜びを感じられるような活動が、もしあったとしても、少ししかない
5. 第一度親族以外には、親しい友人、信頼できる友人がいない
6. 賞賛にも批判に対しても無関心にみえる
7. 情緒的な冷たさ、超然とした態度あるいは平板な感情
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

参考になりました。ありがとうございます。2,4はいくらか該当しそうですが、大げさに考えすぎなのかもしれません。孤独気味、友達付き合いもあまりせず、一人ぐらしでは気が滅入ることもあるものかとは思います。性格が偏っているというのはあり得ます。ネットで早速見てみたところ、あえていえば回避性パーソナリティー障害に近いのかというい気はしましたが、統合失調質というのは少し悲観しすぎな見方かと自分では思いました。強迫性障害に関しては加害恐怖に該当するようです(こちらは個人的には確実と思っています)。

質問者: 返答済み 5 年 前.

参考になりました。ありがとうございます。2,4はいくらか該当しそうですが、大げさに考えすぎなのかもしれません。孤独気味、友達付き合いもあまりせず、一人ぐらしでは気が滅入ることもあるものかとは思います。性格が偏っているというのはあり得ます。ネットで早速見てみたところ、あえていえば回避性パーソナリティー障害に近いのかというい気はしましたが、統合失調質というのは少し悲観しすぎな見方かと自分では思いました。強迫性障害に関しては加害恐怖に該当するようです(こちらは個人的には確実と思っています)。

質問者: 返答済み 5 年 前.

参考になりました。ありがとうございます。2,4はいくらか該当しそうですが、大げさに考えすぎなのかもしれません。孤独気味、友達付き合いもあまりせず、一人ぐらしでは気が滅入ることもあるものかとは思います。性格が偏っているというのはあり得ます。ネットで早速見てみたところ、あえていえば回避性パーソナリティー障害に近いのかというい気はしましたが、統合失調質というのは少し悲観しすぎな見方かと自分では思いました。強迫性障害に関しては加害恐怖に該当するようです(こちらは個人的には確実と思っています)。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。

そうですね。少なくとも、何らかのパーソナリティの障害はあって、それに強迫性障害が合併している、もしくはパーソナリティ障害で相談者様ご自身が落胆され、抑うつ的になる(うつ病の診断基準を満たすほどの重症度かどうかは判じかねますが)ということなのだと考えます。

相談者様は生来「行き難さ」を抱えられているということになるのだと存じます。

精神科 についての関連する質問