JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

娘が精神科に入院して治療を受けていますが、治療の一環としてその成育歴を振り返るという作業をしていますその折母

解決済みの質問:

娘が精神科に入院して治療を受けていますが、治療の一環としてその成育歴を振り 返るという作業をしています その折母親である私の子育て上の問題点について激しく攻撃してきます。 取り返しのつかない失敗で自分の人 生が破たんしたと毎日絶望的な言葉を投げつけてきます。 私にも落ち度はあったのでしょうが子育て中の失態 に今更ながら反省することはあっても取り返しのつかぬことなので、もうどうしたらいいのかわかりません。娘には 本当に申し訳ないと思います。また彼女が不憫で なりません。 私は母親としてどうすればいいのでしょうか。娘は妊娠して医師からうつ病と告げられ街中のクリニックを紹介され以来7年間も薬を処方されましたが症状は重くなるばかりでした。思い余って入院施設のある病院に行きましたら即入院を勧められ3か月の治療を受けることになりました。今は1週間になりますが2週間後は外泊も許されるという話です。断薬はやっとできたようです。アルコール依存症もあります。育児ノイローゼのようです。子供は女の子が2人。7歳と2歳です。夫は大変やさしい男で今は子供の面倒をみています。わたしが週に2回ほど定期的に行って手伝っています。 また必要なときは彼から頼まれた限りで出張などの時は泊まって手伝っています。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

その病院からはお嬢様を転院させた方がいいと思います。
虐待でもしてきたのでない限りは相談者様が後ろめたさを感じる必要はありません。

出来の悪い内観療法のような、アダルトチルドレンという概念の意図的な誤用のような……とにかく、その病院で行われているのは尋常の治療方法ではありません。

精神疾患の全ての病因を生育歴に帰して患者様やご家族に説明し、まるで子供のころから人生をやり直さなければ病気が治らないかのようにのたまうカルト的な精神科医がこの世の中には存在します。

他罰性が強い人格障害者や、両親との関係がうまくいっていないうつ病患者様などにとっては、責任が回避できたり、病気を理由に親を攻撃することができますし、病気を治すための自助努力をしなくてよい理由ができるので、この手の治療がなされることには「疾病利得」があるわけです。

一方で精神科医の場合も、病気が治らないのは自分の治療の拙劣さのためではなく、患者様の親のせいだということにできるので、これまた利得があります(こういった治療を安易に行う精神科医は例外なく藪です)。

こういった病院では、患者様が、しばしば医師の「信者」になりがちです。

成育歴や過去のエピソードに精神疾患の発症要因を求めるアプローチに医学的な有効性は無いと思います。あったらもっと流行っているはずなので。

現代の精神医学において主流となっている考え方は、「今」「ここで」、何をするのが(しないのが)患者様にとってベストなのかを考える方向でのアプローチです。
いくら思いつめても過去も性格も変わりませんし、病気もよくなりません。
そもそも、完璧な親など存在しないわけですから、ほじくれば誰でも何か出てくるでしょう。

私はよく、過去に固執する患者さんに、
「あなたが道端の石につまづいて転んで、脚の骨を折ったとします。その石をどかしたらあなたの折れた脚の骨はくっつきますか? 骨折した時、つまづいた石の色や形や大きさをああだこうだ議論しても骨折は治りません。折れた脚にギプスを巻いて、骨が癒合するまで安静を保つよう指示するのが必要な治療です。たしかに、普通ならばつまづきそうもない小さな石に何度もつまづくようなら、歩き方に問題があるのかもしれません。しかし歩き方を変える訓練は骨がくっついてからでもいいんじゃないですか?」

という喩え話をします。

お嬢様に関しては、まずは転院していただいて、まともな治療を受けていただくのが、まずスタート地点に立つための根本的な解決法だと考えます。

ただ、それをするのが簡単だとは申しません。
もしお嬢様が「信者」になっていたら、ほぼ脱洗脳に近い努力が必要な場合があります。

お嬢様と話し合いを繰り返して、(じっさい良くなっていないわけですから)治療方針が違う病院に転院する必要を説く必要があるでしょう。なかなかうつが良くならないのでセカンド・オピニオンを聞きに他の病院に行ってみよう、という提案をしてもいいかもしれません。

私の立場ではこれ以上のことは申し上げられませんが、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問