JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14344
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

東京都在住の会社員です。酒を飲むと止まらなくなり、ブラックアウトするまで飲んで同伴者に に迷惑を掛けてしまします。

質問者の質問

東京都在住の会社員です。酒を飲むと止まらなくなり、ブラックアウトするまで飲んで同伴者に
に迷惑を掛けてしまします。いつも酒が飲みたい訳ではありませんが、飲むと必ずブラックアウト
になるまで飲み続けます。そして翌日、同伴者に迷惑を掛けたことが非常に申し訳ないと思われ
仕事の手に付かなくなります。工事業務と関係上、酒がきってもきれません。唯、全て掛け てこ
れを直さないといけないと強く思います。普通の人は飲んでも、酒量が足りるとペースが落ちて
やがては飲まなくなります。この「酒量、足りる」の感じが小生にはありません。飲むほどにペー
スが上がり、止まらなくなります。これまで自分の力で克服できる筈と考えていましたが、やはり
無理でした。早急に専門医に相談したいと思いますので、ご紹介もしくは診断して頂きたく。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

結論から申し上げますと、相談者様がご自身で考えられているように、「酒席は辞退する」ことが唯一の治療ということになるでしょう。会に出られても、一滴も飲まれないことです。

つまり断酒が必要です。

 

診断としては複雑酩酊ということになるでしょう。

http://www.sapporo-ohta.or.jp/ohta/C/C-3.htm

1年間断酒して禁断症状(手の震えなど)が無かったのであれば、診断分類上はアルコール依存症には当てはまりません。

 

ただ、アルコール絡みの疾患の場合、治療法はシンプルです。

相談者様も含めて皆さん、「適量で済ませること」を治療目標とはできないことを銘記下さい。

ビールを350ml飲んで止められるようには、絶対になりません。

本当に問題を解決されたいのであれば、断酒がそのための唯一の方法です。

 

そのためには、アルコール専門外来がある医療機関を受診され、かつ、断酒会にも入られることをお勧めいたします。そうした集団精神療法的な活動をしない限り、断酒はしばしば困難です。

 

ご希望の専門医の紹介ですが、誠に申し訳ありませんが、して差し上げることができません。
JustAnswerの医療カテゴリの専門家が日本全国の病院の内情を把握できているわけでもありませんし、相談者様を実際に診察しているわけでもありません。医師と相談者様の相性の問題もあります。
そういう状況で、こうしたサイトを通じた病院紹介は、病院側、相談者側の両方からクレームを受ける可能性があります(実際、そういったトラブルは、他の専門家が手がけた事案も含めてこれまでにも何回か起きています)。

このような事情がございますので、JustAnswerでは個別の病院の「紹介」については控えさせていただいています。

この点につき、ご理解を賜れますと幸いです。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

精神科 についての関連する質問