JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Nyarlathotepに今すぐ質問する
Nyarlathotep
Nyarlathotep, 医師
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 420
65535416
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
Nyarlathotepがオンラインで質問受付中

私の恋人の代理質問です。(彼女の家は現時点でインターネット環境が無い為) 彼女は20歳から統合失調症を患っており現在40代後半です。精神科の入院暦は若い頃に2回。10年以上精神科

解決済みの質問:

私の恋人の代理質問です。(彼女の家は現時点でインターネット環境が無い為)
彼女は20歳から統合失調症を患っており現在40代後半です。精神科の入院暦は若い頃に2回。10年以上精神科入院歴無し。
彼女のお薬手帳を見せて貰ったところ多剤大量処方になっていることがわかりました。

今の彼女の一日分の処方は以下の通りです、

リスパダール2mg 2T-0T-2T-0T 計4錠
インプロメン3mg 2T-0T-3T-0T 計5錠(一番多い頃は8錠飲んでいた)
ピレチア5mg 2T-0T-2T-0T 計4錠
レキソタン5mg  2T-0T-2T-0T 計4錠
メイラックス1mg 1T-0T-1T-0T 計2錠
セロクエル25mg 0T-0T-0T-4T 計4錠(飲まなくても眠れるときもある、殆ど飲まない日が多い)
この上にデポ剤 ハロマンス100mg 二本を三週間に一度、通院時筋肉注射

インプロメン3mg錠は最近の診察では一回の診察で一錠ずづ減らしてもらっ ているそうです。
彼女の症状としては幻聴がたま(月の半分の日数程度)に聴こえるそうです。幻視は見えないそうです。
妄想もまったく無く、アパートでの一人暮らしを立派にこなしています。
このまま、抗精神病薬を減らしていっても幻聴は増えないでしょうか?どこまで薬を減らせるでしょうか?
歳を取ったときにこの量の薬を飲むことは不可能だと思うのですかいかがでしょうか?
八木剛平先生のサイト等を読むと、もっと抗精神病薬は少なくていい様に思うのですがいかがでしょうか?
http://www.comhbo.net/online/medicine/doctor/index01.html
先生方のご意見をお聞かせ頂けると幸いです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  Nyarlathotep 返答済み 5 年 前.

インプロメンは不要。幻聴が続くならリスパダールを単剤で増量、効かないなら他剤に置換(上乗せしないこと)。

ちゃんと服薬する人ならハロマンス使用の意義なし。

レキソタンも多すぎる。メイラックスだけで良いと思う。メイラックスを2分服にする意味はない。

 

八木御大の著作を持ち出すまでもなく、下の中くらいの処方です。

薬より主治医を置換した方がいいかもしれません。

Nyarlathotepをはじめその他2 名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問