JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

6月初めごろに、インフルエンザらしきものにかかり(急に夜中に39℃の熱がでて、2~3日39℃~40℃が続き、3~4日

解決済みの質問:

6月初めごろに、インフルエンザらしきものにかかり(急に夜中に39℃の熱がでて、2~3日39℃~40℃が続き、3~4日頃から39~38℃、4~5日頃から38~37℃、5日頃で熱が下がりました)、その際、扁桃腺がものすごく腫れました。 幼少期からよく腫れましたが、35年間で一番腫れた感じです。ちなみに、病院には行ってません。
それらも治まったころから、足裏・手のひらにぶつぶつかさかさができ、気づけば胸の真ん中
胸骨に痛みが走るようになりました。
ネットで症状検 索してみると、掌せき膿ほう症と症状がまるかぶりしました。
手足のぶつぶつは点々と小さくなったのですが、胸骨に本気の痛みが走ります。
寝る姿勢や寝返りもきついため、なかなか寝付けない状態です。
あと、いつも食道にご飯つぶがあるような違和感と、胸が痛すぎてなかなか咳ができません。
薬などが苦手なので、病院に行くことにしぶってしまってますし、ネットではもし、自己診断
があっていたら、特にこれといった治療法がないようなので、ご飯も食べれてるし、便通なども普通にあるので、かなり痛いのですが、このまま頑張って、様子を見てみようと思っていますが、どうでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

たしかにご記載を拝読する限り、典型的な掌蹠膿疱症を呈されているように思われます。
仰るように、慢性難治性の疾患です。

治療をするならば、専門性の高い病院を受診して対症療法に徹するか、ビオチン療法や扁桃腺摘出術での根治を目指すか、いずれにせよ定期的な通院と、服薬が必要となります。

胸肋鎖骨骨化症を合併されているようですので、一度は受診されて確定診断と評価を受けておいた方がよろしいかとは存じますが、現在の症状が自制内であるのならば、経過観察も一つの選択肢であると思います。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問