JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14382
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

最近特にささいな事で緊張して手が震えて文字が書けなくなります。 一人でいても動悸が激しくなります、なんとなく落ち着

解決済みの質問:

最近特にささいな事で緊張して手が震えて文字が書けなくなります。
一人でいても動悸が激しくなります、なんとなく落ち着きません、この様な時は食欲がありません、花月と言う漢方薬をのみました2週間程度飲んだら嘘の様に気分も爽快になり食欲も戻りました。その後飲みつずけた約1ケ月、薬になれたのか元に戻ってしまいました。若い頃から人前で文字を書く時手が震えたり緊張するタイプです。今は書類関係のサインに困っています。それと2週間位前の爽快感が忘れられません。どうぞ宜しくご指導下さい。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

少し周辺情報を下さい。

①「手が震えて文字が書けなく」なるのは、人前で書くときでしょうか? それともこの症状もお一人でいても起こりますか?

②漢方薬による治療にはこだわられますか? 精神科/心療内科受診には抵抗がおありでしょうか。

③この件で既に医療機関を受診されていたら、診療科と検査・診察結果を教えて下さい。

④最近になって暑がりになった、汗っかきになった、体重が減少した、ということはありませんか?

⑤持病や常用薬があれば教えて下さい。

以上、確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

1、何とも無い時もあります。人前でも、一人の時でも緊張すると震えます、その時は心臓がドキドキ凄いで す。大切な書類 契約書等の時です、これは今始まった事ではありません、30年位前に自宅購入時に震えて書けませんでした、それ以来なるべく人前で文字を書くのを避けています。お店の会員とかなった事などありません、GSもセルフです、サインの必要がないからです。手が震えるかな~と思うと余計に緊張して震えます。去年車購入時に手が震えサインが出来ませんでした。それ以来気になって余計に考えささいな事で緊張してしまいます。

2、こだわりません。

3、受信していません

4、特変わりません、体重も57kgと変わりません

5、ありません

必要な書類はビール等アルコールが少し入ると震えません。

昔と変わってないのかも・・・

ただ最近は仕事上での、いらいら感や不安感が多く気持ちがスッキリしないのかもしれません。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

甲状腺機能亢進症のような震えや動悸を呈する身体疾患が無いという前提で回答するならば、相談者様は社交不安障害(SAD)の診断基準を満たしている可能性が高いと考えます。

SADはかつてわが国で対人恐怖と呼ばれてた疾患概念とほぼ重なる疾患です。

以下にSADのポータルサイトを2つお示しします。
両サイトとも、SADを診療可能な医療機関の検索が可能です。

【SAD(社会不安障害・社交不安障害)総合情報サイトSAD NET】
http://www.sad-net.jp/

【社交不安障害(SAD)情報サイト】
http://utsu.jp/sad/

SADの場合、公の場に出ると不安が高まる⇒そういう状況を回避するようになる⇒ますます人前に出ることが苦手になって、いざ冠婚葬祭などのやむを得ない事情で不特定多数の人と接触した場合に不安症状が強く出る⇒さらなる回避行動(たとえば退職、退学、引きもこり)に至る、という悪循環に陥りがちです。
相談者様の場合、病歴が長いようですし、こうした悪循環が既に生じてしまっているようですから、治療に時間はかかるかもしれませんが、然るべき精神科/心療内科を受診されることをお勧めいたします。

ちなみに、ですが、SADを含む不安障害では薬物療法に対するプラセボ効果が強く現れることが知られています。
実際には有効性がないお薬ですから効果は長続きはしませんが、相談者様が
花月と言う漢方薬を服用されていた間の爽快感は、このプラセボ効果によるものであったと推察します。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問