JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

抑うつ状態で、抗うつ剤とともに、ランドセンを安定剤として処方されおります。 0.5mgを一日3回飲んでおりましたが

解決済みの質問:

抑うつ状態で、抗うつ剤とともに、ランドセンを安定剤として処方されおります。
0.5mgを一日3回飲んでおりましたが、1ケ月前より昼の分0.5mg1錠を減薬。
なにごともなく、1ケ月が過ぎました。
3日ほど前に通院し、医師指導の下、さらに朝の分0 .5mg1錠を減薬しました。
ところが、本日の朝型より、不安感が増大し、どうしようもなくなり、先生が予備
にくれたランドセンを飲んでしまいました。
インターネットで調べると、ランドセンの離脱症状は本当につらいと書かれています。
わたしの不安感は減薬によるものでしょうか。
そうだとすれば減薬はどのように進めればよろしいのでしょうか。
一日の量1.5mgから1mgまでの減薬は成功しましたが、その先をどのようにすれば
よいかわかりません。今日の不安、焦燥感は普通ではありませんでした。
減薬中に他の薬で離脱症状を緩和しながら進めることはできないものでしょうか。
あるとすればその薬は何という薬なのでしょうか。
一生ランドセンを飲まなければならないのは、あまりにもつらいです
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

ランドセンを含む精神安定剤には強い依存性があり、数週間の連用で依存が生じることがあります。
この依存性については、最近テレビや新聞でも取り上げられ、社会問題になりつつあります。
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=60182
また、このサイトでもしばしばご相談を受けます。

ご記載を拝読する限りは、相談者様の抑うつ状態が完治していて、症状としての不安は無くなっているという前提で回答するならば、ランドセンを1.0mgから0.5mgに減量した時の不安は離脱症状によるものである可能性が高いでしょう。

ランドセン(クロナゼパム)はベンゾジアゼピン系のお薬の中では色々な意味でユニークな特性を持つお薬です。
皮肉なことに、止めにくいこともその特徴のひとつです。
通常、作用時間が長い安定剤ほど止めやすく、作用時間が短い安定剤は止めにくいという傾向があるのですが、ランドセンは長時間作用型の安定剤であるにも関わらずなぜか離脱症状が出やすい印象があります。

止め方としては、大きく2つの方法があります。

1) ランドセンを他の長時間作用型のベンゾジアゼピン系薬物に置換してから減量する。
日本ではメイラックス(ロフラセプ酸エチル)が、欧米ではセルシン(ジアゼパム)がこの用途に使われます。
安定剤は種類によって強さが異なりますから、等価換算表を用いて、まずは現在服用されているランドセン1.0mgがメイラックス、セルシンの何mgに相当するかを計算します。
メイラックスであれば6.68mg、セルシンならば20mgがランドセン1.0mgと同じ強さということになります。
しかしメイラックスは保険適応上1日2mgが上限ですから、相談者様の場合はセルシンを用いるしかないでしょう。逆に申し上げると、ランドセンがそれだけ高力価で強いお薬だということです。
まずランドセン0.5mg+セルシン10mg、それで問題が無いようなら今度はセルシン20mgに切り替えて、このセルシンをゆっくりと減らしていきます。

2) 減量幅を小さくする。
ランドセンには細粒があり、かなり細かい幅での用量調節が可能です。
ランドセンは上述したように強いお薬ですから、その分、減らした際、止めた際の反動も大きくなります。その意味では0.5mg刻みでの減量はペースが速すぎるかもしれません。
1.5⇒1.0mgの減量は量としては33%減ですが、1.0⇒0.5mgの減量は50%ですから、同じ量を減らす場合でも、用量が低くなるほど相対的な「落差」は大きくなります。細粒を使うことで、この落差も小さくできます。
例えば、細粒を用いて、まず0.9mgにして2~4週間程度経過観察し、離脱症状が現れなければ、もしくは現れた場合はそれが消失したら0.8mgに減量し……という方法で減量していくのがもう一つの方法です。行きつ戻りつがあってもいいですし、減量が進むにつれて減量幅を0.05mgにしてもよいでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

猫山先生

 

ご回答ありがとうございます。

詳しい説明で当方非常に助かりますが、果して、私の担当医がどう対応するかです。

医師はやはり、専門職。素人同様の患者から言われては、あまり気分が良くないとは

思います。そこをどう伝えるかだと思います。先生ならどう伝えられたら気分を害せず

、先生が記したような方法で処方していただけると思われますか。医師のお立場から

ご教示ください。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
当初のご質問には過不足なく回答したつもりでおります。追加のご質問がある場合は、このスレッドを 適切に処理された後、別のスレッドを立てて新しいご質問として投稿していただけますと幸いです。

以下、「返信」機能に関するJustAnswerサポートデスクの見解です。

********************************************* JustAnswerは質問ごとに料金を設定し、「承諾」することでユーザーは支払いに同意し、報酬が専門家 に支払われるシステムです。

返信機能は別の質問を投稿するためではなく、質問に対する回答内容に不明な点がある場合にご利用い ただく機能です。

別の質問がある場合は、ユーザーは、返信機能を利用するのではなく、新たにスレッドを立てて、別の 質問を投稿する必要があります。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問