JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

うつ病を発症してから、四年、休職、復職をくりかえして、今3度目の休職中です。 給与も段々減らされます。妻と二人の子

解決済みの質問:

うつ病を発症してから、四年、休 職、復職をくりかえして、今3度目の休職中です。
給与も段々減らされます。妻と二人の子供がいますので、いつまでも休んでもいられないのです
最近少し回復してきて、復職する意欲が出てきてはいます。しかし、復職しても、また休職をしてしまうのではないか、という不安を抱えています。
周りの目はあまり気になりませんが、こう休職をくりかえすと、会社もなかな復職をさせないという噂もききました。
年齢は33歳で、職場での立場は、平ですがベテランとされています。
なにか、今のこの状況でアドバイスいただけたら、こころが軽くなります。
今の、なかなか完治しない状況を、両親は不信に思っていて、攻撃の矛先が私の妻に飛んできていて、それがかなりストレスになっています。親にあまり意見できる状況ではなく、困っています。親は私のうつの原因を嫁のせいにしていて、このままでは離婚させられてしまうのではという恐怖も感じています。長文になってしまい、申し訳ありません。ただ、アドバイスをいただけたら、大変うれしいです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。猫山と申します。精神科医です。

まず「試行済み」の部分ですが、狭義のカウンセリングとは、相談者様ご自身に解決案を考え出していただく手助けをすることであって、「具体的な解決案」を授けることではありません。

少し補足情報を下さい。

①現在受けられている薬物療法の内容(全てのお薬の名前とそれぞれの1日量)を教えてください。

②発症してからの4年間、ずっと同じ医療機関(病院、クリニック)に通われているのですか?

③「休職、復職をくりかえして」ということですと、すっかり症状が良くなって復帰できた期間があった、と理解してよろしいでしょうか。また、再び休職するときのきっかけのようなものはありますか?

④持病や常用薬があれば教えてください。

以上、確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

よろしくお願いします。

飲んでいる薬は、朝夜トレドミン1錠、夜リフレックス2錠、就寝前ハルシオン2錠です。

症状で薬の数は増えたりもします。四年の間、いろいろな薬を試しましたが、いまのところ

現在の薬で落ち着いています。

病院はずっと同じクリニックに通院しています。

経過としては、復帰する際はかなり寛解して復帰しています。しばらくは勤務時間を短縮しているのですが、休職するときは、仕事のストレスや疲れがたまって、朝出勤するのがおっくうになって休職にいたることが多いです。

うつ病の薬以外に飲んでいる薬はありません。このような状況です。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございました。

まず、日本のうつ病患者のうち、適切な薬物療法を受けているのは25%に過ぎないという事実をあらかじめご理解ください。

【うつ病:適切な治療を受けているのは1/4(2006年 日本うつ病学会調べ)】

次 に、うつ病の薬物療法の基本にして王道は、1つの抗うつ薬による単剤治療です。これが標準的な治療だとお心得下さい。
1つの抗うつ薬を最大耐用量か最大承認用量まで増量し、十分期間(4~6週間) をかけて有効性を評価し、もしも効果が無いようならその抗うつ薬を止め、その抗うつ薬とは異なる効き方をする別の抗うつ薬を十分用量・十分期間試みる…… というやり方で、それぞれの患者様と「相性」のよい抗うつ薬をみつけるべきなのです。

よって、トレドミンとリフレックスという2つの抗うつ薬を、最大用量に達さない中途半端な量で併用している相談者様の現在の処方は、ベストのものとは言えません。どちらの抗うつ薬も十分に力を発揮できておらず、平時は良くても、仕事で一定のストレスがかかる状況では相談者様のうつ病を支えきれていない可能性がございます。

もうひとつの心理療法ですが、カウンセリングではなく、認知療法を受けられないか、主治医に相談されてみるべきでしょう(この治療法は保険診療内で受けることができます)。
寛解するのに、復職すると再発を繰り返すのは、相談者様の認知(用語の定義についてはリンクのサイトでご確認ください)に歪みがあるのかもしれません。

【認知療法】
うつ病の認知療法・認知行動療法 (患者さんのための資料)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/kokoro/dl/04.pdf

うつ病の再発について
http://watchan.net/utubyou/again.html

認知療法・認知行動療法マニュアル
http://jact.umin.jp/manual.shtml

薬物療法の最適化とともに、認知を修正するアプローチをとることで、相談者様の再発を防止することができるようになる可能性は期待できると考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問