JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

苦しんでいます。質問させてください。ここ数年の症状です。特に今月にはいり酷くなりました。朝、目が覚め

解決済みの質問:

苦しんでいます。 質問させてください。 ここ数年の症状です。特に今月にはいり酷くなりました。 朝、目が覚めてから心臓の鼓動がどきどき、ばこんばこ んと始まり耳鳴りがキーンと日に数回、うなり声みたいのがずっと聞こえます。 疲れてしまい市役所や病院など硬い場所に行く事ができません。睡眠役、デパス0.5とサイレース1ミリを飲んでいます。神経科は2回変更 3月にリストラされ、また一人暮らしを同時にしています。 買い物をしているときや、人と会い話をしているときは声や動悸が止まるときがあります。 内科で教授の診察を受けましたが問題なし 更年期かとおもい婦人科に行きましたがホルモン値がしっかりあり更年期ではないとの診断でした。 精神薬は余り飲みたくないです。 どこの病院に行きどんな診察をうければいいのでしょうか? どうか良いお答えを頂けないでしょうか お願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

ご記載の情報を拝読した限りでは不安障害という診断に矛盾はないと思います。

症状に比べてお薬が少ない印象がありますが、もしかして「精神薬は余り飲みたくないです」と仰った結果でしょうか?
質問者: 返答済み 5 年 前.
トリプタノールを服用すると具合が悪いのです。何をしてもだるいし外出したくない朝起き上がれない
4年間服用しましたが動機も声が聞こえてくるのも止まりません。
精神薬を飲みたくない、、、はジプレキサなど常に8種類くらい処方されていたからです
生理がとまり、太りだし78㌔感情がなくなりTVも見れず読む事もなく人間らしさが無い生活で仕事も出来ませんでした。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございました。

いまどきトリプタノールはないですよね。1963年に承認されたお薬です。

不安障害の標準的治療は、まず薬物療法で不安を抑制し、平素は過剰な不安が起きなくなったら次第に薬を減らしながら行動範囲を広げていき、最終的には薬を飲まずに元通りの生活が送れるようになることを目指します。

薬物療法はSSRI(選択的セロトニン再取り込阻害薬)と呼ばれる抗うつ薬/抗不安薬(トリプタノールのような古い抗うつ薬から副作用を取り除くことを企図して開発された薬物群です)と精神安定剤(デパスはこれに属します)の併用で開始し、SSRIを増量しつつ、次第に安定剤を頓服薬にするなどして減らしていきます。
SSRIは、具体的な薬剤名としては、ルボックス(デプルメール)、パキシル、ジェイゾロフト、レクサプロのことです。
脳内のセロトニンという物質を増やすことで、不安を消褪させると考えられています。
SSRI は服用を開始して十分量に増やしてから有効性が現れるまでに数週間かかります。今日飲んだら明日効くというタイプのお薬ではないのです。
一方で安定剤は、飲めばその時その時で不安に効きます。一方で定時服用を数週間以上続けたら依存が生じます。
この2つのタイプの薬の特性をうまく利用し、SSRIが効くまでは安定剤で繋ぎ、SSRIが効いてきたら依存が生じる前に安定剤を減量していくわけです。

SSRIを速やかに増量して、改善後は速やかに減量するのが不安障害の治療における薬物療法の良手です。
調子が悪い状態が長引くと二次的・三次的に種々の問題が生じてきますので、早期治療が大切です。

日本では、SSRIを不安障害の治療用に適切に使える精神科医は少数派ですが、インターネットなどで検索し て、この標準治療を行える医療機関を受診されることをお勧めいたします(JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介は行っていません)。
それが最小限のお薬で相談者様の症状を改善する早道でしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問