JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14382
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

脳の中に恐怖を感じる部分があるとすれば、それがonされているかのように、極端な怖さが常にあります。 気になること、

解決済みの質問:

脳の中に恐怖を感じる部分があるとすれば、それがonされているかのように、極端な怖さが常にあります。
気になること、悩みがあればそのことが、なければただ強い恐怖だけがあります。薬づけですが、飲み忘れると
飲みにいくことすら困難なほど恐怖でかたまっています。こんな症状は何の病気でしょうか?どうすれば改善するでしょうか?よろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

ご質問に、幾ばくかの不自然さをかんじますが……
「薬づけ」と仰るくらいお薬を飲まれているのであれば、相談者様は既に医療機関にかかられているのだと愚考いたします。相談者様の主治医は診断も告げずにそれほどたくさんのお薬(どんなお薬でしょう?)を処方しているのでしょうか?

ご記載に含まれる情報が限られていますので、確定診断じみたことは申し上げかねますが、もっとも当てはまりそうなのは全般性不安障害(GAD)という病気でしょう。

もしそうであるならば、治療は、必要十分量のセロトニン再取り込阻害薬(SSR)Iを用いた薬物療法と、行動療法の組み合わせが国際標準です。

SSRIは、具体的な薬剤名としては、ルボックス(デプルメール)、パキシル、ジェイゾロフト、レクサプロのことです。
脳内のセロトニンという物質を増やすことで、過剰な不安や恐怖感を消褪させると考えられています。通常の精神安定剤にその作用は期待できません。

行動療法も、単独では非常に患者様の心理的負担が大きくなりますので、まずSSRIを用いて不安・恐怖感を緩和して上で、行動療法で強迫行為にアプローチする方法が主流です。

日本では、SSRIをGAD治療用に適切に使える精神科医は少数派で、行動療法となると、行われている施設すら限られますが、現在の治療に満足されていないのであれば、インターネットなどで検索して、この標準治療を行える医療機関を受診されることをお勧めいたします(JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介は行っていません)。

以上、ご参考になれば幸いです。

**************************************
現在、精神科領域でもっとも一般的に用いられているDSM-IV-TR(精神疾患の診断・統計マニュアル)における全般性不安障害の診断基準を以下にお示ししておきます。

本来、精神科疾患の診断はこのようなチェックリストに当てはめて考えるべきものではありませんが、このようなネット相談では使い勝手がいいので。あくまでご参考まで、ですが。

【全般性不安障害】

下記のA~Fの各項目を満たすこと。

A. (仕事や学業など)多数の出来事または活動についての過剰な不安と心配(予期配慮)が、少なくとも6ヶ月間続いている。そして、起こる日の方が起こらない日よりも多い。

B. 患者は、その心配を制御することが難しいと感じている。

C. 不安と心配は、以下の6つの症状のうち3つ(またはそれ以上)を伴っている(過去6ヶ月間、少なくとも数個の症状が、ある日の方が無い日より多い)
落ち着きのなさ、又は緊張感、又は過敏。
疲労しやすいこと。
集中困難、又は心が空白になること。
刺激に敏感。
筋肉の緊張。
睡眠障害。

D. 不安と心配の対象が、他の障害の特徴に限られていない。例えば、不安又は心配が、(パニッ障害のように)パニック発作が起こること、(社会恐怖のように)人前で恥ずかしくなること、(強迫性障害のように)汚染されること、(分離不安障害のように)家庭または身近な家族から離れること、(神経性無食欲症のように)重大な疾患があること、によるものではない。また、その不安と心配は外傷後ストレス障害の期間中にのみ起こるものでもない。

E. 不安、心配、または身体症状が臨床的に明らかな苦痛、または社会的職業的な重要な領域における機能の障害を引き起こしている。

F. 不安障害が、物質(例:乱用薬物・投薬)または一般的な身体疾患の直接的な生理学的作用によるものではなく、気分障害、精神病性障害、広汎性発達障害の期間中にのみ起こるものではない。
質問者: 返答済み 5 年 前.
ご説明頂きありがとうございます。統合失調症ですが、恐怖については不安なのですねといわれるだけで、怖いのと不安は違うのに・・・と思っていました。SSRIの薬は飲んだことがありません。先ほどは、妄想、幻聴で怖くなるのとは違うので、説明をしていませんでした。すみません。統合失調症にそんな症状があるのか、もしかしたらうつなのかなと思っ て教えて頂きたく思っていました。ひどい不眠症もありセロクエル他2種類。ジプレキサ、怖いのにはデパス3錠です。(ジプレキサはよけい怖くなります。)ひどいときは他にも飲みます。きちんと説明せずにいて、再度お尋ねするのは失礼だと思いますが、統合失調症の症状ではないと思っていてよいでしょうか?A~Eに当てはまりました。Fの投薬についてはよくわかりません。どうぞよろしくお願い致します。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。

統合失調症であるならば、まずは統合失調症の症状である可能性を考えた方がよろしいかと存じます。
一般に、「妄想、幻聴で怖くなる」のではなく、「怖くなるから妄想、幻覚が生じる」のです。
本来は得体の知れない恐怖が統合失調症の症状の核で、得体の知れない恐怖よりは対象がはっきりした恐怖の方がまだましなので、恐怖にストーリーを与えるために幻覚や妄想を作り出すのです。
世界没落体験という症状もございます。
http://kotobank.jp/世界没落体験

相談者様が感じられている恐怖感が統合失調症の症状だとするならば、これは幻覚や妄想や世界没落体験が形成される前段階だと言えますから、今のうちに抗精神病薬を増やして恐怖感を抑え込むべきです。
ジプレキサが合わないようなので、他の抗精神病薬を使ってもらった方がいいですね。

統合失調症の方がGADを合併することも理論的にはあります。
その場合はSSRIは有効だと思いますが、まずは統合失調症としての治療が試みられるべきだと思います。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問