JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

脳神経外科の先生にお伺いします。 私の知り合いがバイクで転倒し頭を強打し意識不明になり脳死判定をしましたが、自発呼

解決済みの質問:

脳神経外科の先生にお伺いします。
私の知り合いがバイクで転倒し頭を強打し意識不明になり脳死判定をしましたが、自発呼吸があるということで、不可になりました。
そして一ヶ月後意識を回復しましたが、自分の事もあいまいで、記憶がないようです。
唯一一人の友人だけ認識できたそうです。
肉親も誰だかわからないそうなんです。

彼の記憶が元に戻る方法はありますか?教えてください。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。
私は脳神経外科医ではなく神経内科医です。神経内科とは脳神経外科の内科版のような診療科で、手術はしませんが、脳神経系の疾患を取り扱いますのでお役に立てると思います。

回答をする前に、補足情報が必要です。

このサイトでは、実際に患者様を診察できませんし、MRI画像等の検査所見も拝見することができません。文章で得られる情報が全てですので、十分な情報が得られない場合は十分な回答ができない場合もございます。

相談者様は、患者様のご友人であるということですから、主治医からのご説明も、ご家族ほどには聞かれていないでしょう。
率直に申し上げて、現在のご質問分のご記載からではご満足いただける回答はできません。
回答に必要な情報とは、例えば、
①ご友人は、脳のどの部位をどれくらいの範囲で損傷したのでしょうか?
……というようなものになります。

こういった質問に相談者様のお立場で回答していただくことは可能でしょうか?
もしくは、相談者様が提供してくださる限りの情報に基づく回答で納得し、承諾いただけるでしょうか?

このサイトは相談者様に承諾をいただかなければ専門家は報酬を得られないシステムです。
十分な情報をいただけるか、不十分な情報に基づく不十分な回答でご承諾をいただけるか、そのどちらかを了承していただかない限りは、回答作業が徒労に終わってしまうわけです。

十分な情報提供はしていただけますか?
それとも、わかりうる範囲内で可能な回答でご承諾をいただけますでしょうか。
質問者: 返答済み 5 年 前.

その後検査の結果脳に大きな損傷はなかったそうです。

でも彼は子供のように穏やかにニコニコしている。

美容師だったためか時々突然ナースの髪を触ったりする。

言葉も時々思い出すように組み立てて話す。

アイスクリームを舐めたい。

と言ったりするようです。

充分な情報がなく本人を診ない事には判断できないのは重々承知です。

 

記憶を引き出そうと無理をするのは逆効果だということは知っています。

症例によると思いますが今後どのようはリハビリをしていくと記憶が戻ってくるのでしょうか。

 

私は肉親ではありませんがとても大事な方なのです。どうにかご家族にお話ししてアドバイスしながら長期間かけて記憶を取り戻してあげたいと思っています。

よろしくお願いします。

 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
了解しました。

ご友人に関しては、検査で脳に大きな損傷がなかったということですが、それであれば1か月も意識障害は起こしませんから、びまん性軸索損傷というタイプの脳細胞レベルの広範な障害が起きているのだと考えられます。

ご友人のようなケースではしばしば高次脳機能障害を呈しますが、記憶障害はその4分の1で認められる症候です。
記憶障害を含む高次脳機能障害のリハビリテーションを含む医療機関は限られています。
もしご友人が現在入院されている病院にその体制が整っていないのであれば、然るべき医療機関に転院する必要があろうかと存じます。
以下にリンクしたPDFファイルの370ページ~373ページに、「高次脳機能障害に取り組む専門医療機関一覧」が掲載されていますので、転院先を決める参考とされてください。
http://www.tokyo.med.or.jp/kaiin/handbook/linkdata/358-375.pdf

基本的には、専門施設でのリハビリテーションが必要であると考えらえるべきでしょう。

個人、もしくは病棟レベルでできる高次脳機能障害への取り組みとしては以下のような報告があります。
http://ir.lib.osaka-kyoiku.ac.jp/dspace/bitstream/123456789/9854/1/KJ3_5801_057.pdf
http://reha.cognition.jp/pdf/2007/page052.pdf

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問