JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

今年の1月に双子が誕生したのですが、妻がうつ状態になり、”子供を育てていく自信がない”、”死にたい”、”入院したい”

質問者の質問

今年の1月に双子が誕生したのですが、妻がうつ状態になり、”子供を育てていく自信がない”、”死にたい”、”入院したい”などということを、横たわり体を丸めて痙攣のように震わせながら繰り返します。

こういった症状を直すことはできるのでしょうか?

なるべく早めの御指導を希望致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。猫山と申します。精神科医です。

出産直後の産褥期(産後約6~8週)は、産後の女性ホルモンの激変に加え、妊婦から母親としての役割の変化や、授乳のための断眠などで、精神疾患を発症しやすい時期です。
既に産褥期は過ぎていますから、奥様の診断としては、産後うつ病を契機に発症したうつ病ということになるでしょう。

【産後うつ病】
http://kotobank.jp/word/産褥期精神障害

現時点ではすでにホルモンバランスは正常化しているでしょうから、治療は通常のうつ病と同様に考えることができます(ただし、精神科のお薬には母乳移行性があるので母乳栄養はできなくなりますが)。

基本的には治る病気だと考えられてください。
しかし、抗うつ薬が効いてくるまでには、十分量を十分期間(4~8週間)用いる必要があります。
また、ご記載を拝読すると奥様のうつ病の重症度は低くはないようです。
脅かすわけではありませんが、この時期の女性のうつ病でもっとも警戒しなければならないのは拡大自殺(子供を巻き込んだ無理心中)です。

もしも状況がそれを許すのであれば、入院治療も視野に入れられるべきかと存じます。

以上、ご参考になれば幸いです。

精神科 についての関連する質問