JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

先日初めて受診しました。職場から一度相談してみてはどうかということで行きましたが、何を話したら良いかわかりませんでし

解決済みの質問:

先日初めて受診しました。職場から一度相談してみてはどうかということで行きましたが、何を話したら良いかわかりませんでした。何でも話すように職場から言われていたため思いつくままに話してしまいましたが、主治医の先生は私の話したことから今後の受診方針を立てるのだとすれば職場でこんなことがあった、あんなことがあったと言われても困ってしまったのではないかと思います。次回受診の時までに本当はこんなことを伝えたかったとメモにまとめて持参しようかと思いますがどう思われますか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。猫山と申します。精神科医です。

仰るように、伝えたいことをメモにまとめていただくことは、非常に有用ですし、医師側としてもありがたいことです。
精神科の場合は血液検査や画像検査のような客観的な評価指標がないため、精神科医は患者様が仰ったことから必要な情報を選りだし、診断や重症度評価、そして治療方針の策定に繋げます。

したがって、患者様が伝えたい情報と、精神科医側が聞きたい情報にずれがあると、診断からして正確性が減じていくことになるのですが、外来診療時間は限られているため、精神科医としても、聞きたいことと聞ききれない、患者様としても伝えたいことを伝えきれない、ということが残念ながら起こりえます。

メモをまとめていただくと、精神科医は患者様の状態を俯瞰でき、思われる部分を質問して補完できますので、問診の精度が高まりますし、時間の節約にも繋がります。

A4用紙に1枚程度を目安に、時系列に事実を連ねるだけでも、医師側にとっては大いに役に立つでしょう。相談者様ご自身がご自分を客観視するお役にも立ちます。
このような工夫を実際にされている方のブログを見つけましたので、リンクを張っておきます。
http://kumato.jugem.jp/?eid=152

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問