JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

娘(28歳、既婚、子供2人)についてご相談します。2年ほど前から身体の不調を訴え色々な科を受診しましたが 異常が無

解決済みの質問:

娘(28歳、既婚、子供2人)についてご相談します。2年ほど前から身体の不調を訴え色々な科を受診しましたが
異常が無く結局現在は診療内科通院しております。が、薬を処方してくれるだけで「私の話を聞いてくれない」と本人
は言います。症状は肩こり、食欲不振、携帯に依存、長距離は出かけるのは無理等ですが、仮面うつ病ではないかと思っています。パニックにも2、3度なりました。娘は「自分がどうしたいのかがわからない、どこかに行きたい」と最近は言います。今までは、アドバイスのつもりで色々言っていたのですが 、これは本人を追い詰めてしまうのかな?とも思っています。
娘なのでついつい一緒に暮らしていますと小言を言ってしまうのもいけないんですよね。
心の中をわかってほしいけどどう伝えていいかわからない・・・今の状況から抜け出したい・・・そんな心境でしょうか?
家族はどう接するといいのでしょうか?家族も先生と相談(診察)を受けたほうがいいのでしょうか?
以前良い先生についていたのですがセクハラをされてしまい、それ以来なかなか気持ちを相談できる先生に巡りあわ
ないのです。薬はどこも一緒ですしね・・・。アドバイスをよろしくお願いいたします。 悩める母より
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

ご記載を拝読する限りは、お嬢様は仮面うつ病というよりは新型うつ病(非定型うつ病)の方が診断として相応しいと思われます。
仮面うつ病は、身体症状が前面に出るうつ病という意味ですが、精神症状が無いわけではなく、慎重に問診すればやはり意欲低下や抑うつ気分は聴取できます。
仮面うつ病の患者様が「夜になると出かけたがる」ことはありません。

最近、テレビなどで話題になる「新型うつ病」という概念は、現在臨床・研究でもっとも広く用いられている「精神障害の診断と統計の手引き(DSM)」では「大うつ病性障害、非定型の特徴と伴うもの」(以下、非定型うつ病)と分類されます。

非定型うつ病の特徴は、
1) 典型的なうつ病(定型うつ病)では変動はありながらも1日中気持ちが塞いでいるのに対して、楽しいことや自分の好きなことをしている限りは気分が明るくなります。これを「気分の反応性」と呼びます。

2) 典型的なうつ病(定型うつ病)では不眠が見られるのに対し、むしろ過眠が認められます

3) 他者からの拒絶に敏感で、しばしば人間関係上のトラブルを起こします。定型うつ病が自責的になるのに対し、非定型うつ病では他罰的になると言われることもあります。

非定型うつ病は、そもそもが1950年代に、「従来の抗うつ薬が効かないが、モノアミンキシダーゼ阻害薬というタイプの薬(現在日本にはありません)が効くうつ病の一群」として報告されたのが始まりです。

以後、非定型うつ病が定型うつ病と同じ病気なのかどうかは論争の的でしたが、現在に至るまでその結論は出ていません(新型うつ病に関する最近の議論は、古くて新しい問題なわけです)。

ただ、臨床的にはやはり定型うつ病と同じ治療では効果が上がらない印象はあります。
薬物療法にも工夫が必要であり、また、精神療法や環境調整が必要となる事例が大半です。

できるだけ義務を課し、約束を守らせた方がよいですし、過眠を矯正するために規則正しい生活を心がけることが重要です。定型うつ病では「励ましてはいけない」「頑張らせてはいけない」とよく言われますが、非定型うつ病の患者様に対しては叱咤激励が必要な場合が少なくありません。

非定型うつ病の忘れてはならないもう一つの特徴が、負荷をかけられると衝動的に自殺行為に走ることがあることで、この点に対しては一定の注意が必要です。

敢えて誤解を恐れずに私見を申し上げるならば、治療が必要な「病気」であることは間違いないのだが、アメとムチを使って生活指導をしながら、結局は本人が好む方向に環境調整を図ることになることが多いという点で、釈然としない感触が残る疾患です。

一緒に暮らされるご家族のストレスは特に大きく、時にご家族に精神医学的なケアが必要となる場合もあります。うんざりしながらも、「うつ病」だからと、腫物を触るように患者様に接することを強いられる(感情と行動の不一致)からですが、これはご家族にとっても患者様ご本人にとってもいいことではありません。

上述したように、ご家族が患者様を叱咤激励してあげることも必要です。
もともとが人や物への依存性が高い性格のお嬢様のようですから、そのあたりも少しめりはりをつけた対応をされた方がいいかもしれません。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他2 名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問