JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14198
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

小学五年生の息子の事で相談です。 小学生低学年の時は、毎晩今日は眠れるかな?怖い夢見たりしないかな? と聞い

解決済みの質問:

小学五年生の息子の事で相談です。

小学生低学年の時は、毎晩今日は眠れるかな?怖い夢見たりしないかな?
と聞いてきました。その都度大丈夫すぐ眠れるし、怖い夢も見ないよと私は答えていました。
そうすると、わかったまた心配になったら聞いていい?と言います。
いいよ。と 答えしばらくすると、また同じ事を聞いてくるの繰り返しでした。
ここ最近は、過去に自分がしてしまった悪いことを私に告白し、怒る?怒ってる?と不安そうに聞いてきます。よく正直に言ってくれたねと言って、もうしてはいけない事を伝えました。
しばらくすると、すこし内容が変わった悪い事をした事を告白しの繰り返しです。
数週間この内容で
つぎは、エッチな事を考えてしまう。考えた事を私に、言ってきました。大丈夫かな?俺は変態?
と上記の様に繰り返しの日々で、今は私に対して反抗心、うるさいババアとか思ってしまったけど、大丈夫?などの繰り返しで、私を殺した妄想が浮かんだり。こんな事を考えてしまったけど怒ってる?の繰り返しです。
どう対処したら良いか分からなくなりました。また息子は病気でしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんにちは。猫山と申します。
大学病院在籍時は児童・思春期症例を診察するグループで臨床と研究に従事していました。

ご記載を拝読する限りは、ご子息は強迫性障害(OCD)の診断基準を満たす可能性が高いのではないかと考えます。
OCDは、コントロールできない不合理な考え(強迫観念)が浮かんできて、その考えを打ち消すために不合理な行動(強迫行為)を繰り返す疾患です。

成人におけるOCDの基本概念はこのサイトが参考になると思います。
【九州大学病院精神科行動療法研究室】
http://www.npsybt.jp/


お子様がOCDに罹患した場合、強迫観念による不安感を自分で処理することができないために、周囲の人々(通常は家族、特に母親)を巻き込んで、何度も確認したり、強迫行為の代行をさせたりすることがしばしば認められます。

代表的な強迫観念は以下の通りです(http://www.npsybt.jp/OCD2.htmlより引用)。
  • 自分を傷つけてしまうかもしれないという恐れ
  • 他人を傷つけてしまうかもしれないと言う恐れ
  • 暴力的な、あるいは恐ろしい考えや場面が頭に浮かんで離れない
  • なにか恐ろしいこと(火事、強盗など)がおこると自分が知らぬ間にそういうことをしたのではないかと考える。
  • 尿や便に関する過剰な心配
  • 汚れやバイ菌に関する過剰な心配
  • 有害廃棄物や、放射能に関する過剰な心配
  • 洗剤に関する過剰な心配
  • 昆虫・動物に関する過剰な嫌悪
  • ねばねばするものを異常に気にする
  • 汚染されたものをまき散らして他の人を病気にするのではないかという恐れ
  • 大事なものを捨ててしまうのではないかという恐れ
  • 善悪や道徳に関する過剰な心配
  • 物の位置や対称性に関する異常なこだわり
  • 何でも知り、かつ覚えていなければならないと言う考え
  • 適切な言葉を使っていないのではないかという心配
  • 幸運な数、不吉な数に関する過剰ななこだわり
  • 病気に関する過度の心配
  • 体の一部や外見に関する異常な心配
相談者様が「妄想」とご記載されている、相談者様を殺してしまったかもしれない、という考えも、おそらくは強迫観念なのではないかと思います。

まず、精神科/心療内科を受診されることをお勧めします。ただし、一般の町医者ではご子息の年齢の患者様には対応できませんので、児童精神医学の専門医を受診される必要があります。

以下のサイトから検索できる児童青年精神医学会の専門医がいる施設を受診されることをお勧めいたします。
【児童青年精神科専門の医療施設一覧】

確定診断が付けば、ご自宅での対応についても受診時に説明があると思いますが、通常、専門施設は予約制で、受診できるまでに時間を要しますから、それまでは以下の原則に従って対応されるのがよろしいかと存じます。

1)
ご子息が本当に自分ではどうすることもできないと感じている確認に対して怒りの感情を示さない。

2) そのためにも、あらかじめ確認の回数に関して約束事を決めておく。たとえば、「確認に応じるのは1回まで」というふうに、です。この約束は守られなければなりません。仮に2回以上の確認があった場合は「約束してるでしょ?」と答えるだけにして下さい。逆に、守れる約束をすべきだともいえます。現在10回以上の確認があるのであれば、いきなり1回にするのはギャップが大きいでしょうから、2~3回までOKにしておくのが無難かと存じます。
一度の確認にも応じるべきではないとする米国の研究がありますが、母子関係、親離れ、子離れの程度が日米では異なりますので、そのまま日本に取り入れるのは得策ではないでしょう。
http://www.healthdayjapan.com/index.php?option=com_content&view=article&id=1973(NNN) NNN-NNNNamp;catid=20&Itemid=98

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.
病院へ行かないと悪化しますか?
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
精神科の受診は躊躇われますか?
質問者: 返答済み 4 年 前.
本人が楽になるのであれば、全然大丈夫です。
どこかで、病気でない事を願ってるというか。
本人には、病気とは知らせたくないです。
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご心境は理解できているつもりです。

就学前までの強迫的言動や儀式的行為に関してならば、正常発達の中でも認められるものですので、経過を観察していてもよろしいかとは思います。
しかし5年生になってまでそうした症状が続いている場合、早期に治療的介入が行われない場合、思春期を経て症状が悪化する可能性が低くありませんので、このタイミングで医療機関を受診されておいた方がいいでしょう。

小学校5年生ですと、大人が思っている以上に疾患を理解できるものなのですが、さすがにいきなり「病気」だとは言わない方がいいでしょうね。実際、受診して診断が付いているわけでもないわけですし。
ただ、前述の「約束」をする段取りとして、
・いろいろな不安が湧いてきて、それを相談者様に何度も確認するのは度が過ぎているように思えること。
・しかしその不安は十分に理解できること。
・だからといって何度も何度も相談者様が保障を与えていては、その不安は良くならないこと。
・したがって、保障には回数の制限を設けること。
・なぜか湧いてくる不安の原因は、どこかで突き止めなければならないこと。
……は、話されておいた方がよいでしょう。
質問者: 返答済み 4 年 前.
湧いてくる不安の原因はどこかで突き止めなければならないこと
とは、病院へ行く理由として伝えると言う事ですか?

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
そういうことですね。
他に病院に連れて行かれるよい理由がみつかればそこは差し替え可能ですが。
質問者: 返答済み 4 年 前.
完治出来る病気なのですか?一生付き合わないといけないのでしょうか?
原因は、育て方が、悪かったからなのでしょうか。
チックもあります。
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
チックとOCDの合併は良く知られています。

予後については、完治する場合も、しない場合もあるとしか申し上げられません。

近年、OCDは、育て方の問題ではなく、「脳の病気」として捉えらえるようになっています。

【児童期の強迫性障害について】
http://homepage3.nifty.com/reno/jidoki.html

お子様のことですからいろいろとご不安なのは理解いたしますが、当初のご質問には過不足なく回答したつもりでおります。追加のご質問がある場合は、このスレッドを適切に処理された後、別のスレッドを立てて新しいご質問として投稿していただけますと幸いです。

以下、「返信」機能に関するJustAnswerサポートデスクの見解です。

*********************************************
JustAnswerは質問ごとに料金を設定し、「承諾」することでユーザーは支払いに同意し、報酬が専門家に支払われるシステムです。

返信機能は別の質問を投稿するためではなく、質問に対する回答内容に不明な点がある場合にご利用いただく機能です。

別の質問がある場合は、ユーザーは、返信機能を利用するのではなく、新たにスレッドを立てて、別の質問を投稿する必要があります。
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14198
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • DrAkiraOlsen

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    該当なし
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrAkiraOlsen/2012-2-20_746_AkiraADpicmain.64x64.jpg DrAkiraOlsen さんのアバター

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    0
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/KE/kerosuke/IMG_0006[1].64x64.JPG kerosuke さんのアバター

    kerosuke

    精神科医

    満足した利用者:

    104
    平成16年 滋賀医科大学医学部医学科卒業 千鳥橋病院初期研修医平成18年 滋賀医科大学精神科後期研修医平成20年 滋賀医科大学精神科助教平成22年 滋賀医科大学地域精神医療学講座特任助教平成23年 滋賀医科大学精神科外来医長(兼任)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    精神科医

    満足した利用者:

    233
    鳥大学医学部卒。診療所院長(診療科:精神科、心療内科、内科、神経内科)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2556
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    297
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
 
 
 

精神科 についての関連する質問