JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Nyarlathotepに今すぐ質問する
Nyarlathotep
Nyarlathotep, 医師
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 420
65535416
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
Nyarlathotepがオンラインで質問受付中

「広汎性発達障害」なのか疑問です。 会社で度重なるパワハラとモラハラを受け精神的疲労が達したため診療内科を受診していましたが コミュニケーション能力不足が認められるとして「広汎

質問者の質問

「広汎性発達障害」なのか疑問です。
会社で度重なるパワハラとモラハラを受け精神的疲労が達したため診療内科を受診していましたが
コミュ ニケーション能力不足が認められるとして「広汎性発達障害」の疑いがあるという診断を受けました。
しかし、医師の説明に違和感があって自分で調べると「アダルトチルドレン」に該当するような気がするのです。
理由として
・父親から肉体的暴力をたびたび受けていた。
・容姿・性格・能力等の自分に自信が全くない。
・小学生低学年まで他人の視線が恐怖で無口だった。
・ホームビデオで残っているのではっきりと覚えている件では幼稚園の運動会の徒競走で
1位だったのにわざわざ引き返して3位くらいに落とす行為を行った。理由はやはり他人から嫉妬される恐怖。
・医師はボディランゲージを読み取るのが苦手としているが「この人、目が怒ってる」とか普通に読み取れる。
・むしろ「この人は当たり障りないこと言っているが反感持って るな」くらいには敏感に読み取る。
……なので医師の説明に疑問を覚える次第です。

補足として会社でパワハラを受けた件として
・会 社の事情で同業他社の研修で叩き込まれた「業界常識」を実践したら当時の管理職からも半ば公然と「オタク的」と批判され時々同期と衝突した。
(※但し、ほとんどは後年になって取り入れられているし、私の発言は正当という人もいる)
・ある事件があり上司の責任を自分に押し付けられて隠ぺいしたと聞かされて精神が加速的に荒廃した。
・異動したが「周囲に裏切られる」という恐怖を払拭できずに休職した。
・復職してリハビリ勤務からさぁやっと本来業務!と思いきや「今まで以上に多目的に業務に従事できる」という説明とは裏腹に本来業務を名目上禁止され、制服もただの作業着を着せられてもっぱら掃除やらされた
挙句に特定上司から徹底的に罵倒された。体重も2か月で10kg減った。
・自殺を真剣に考えたので事情を知った本社は2か月で異動したが、異動先で事情を説明しても
「それは厳しい指導、お前も悪いから自己改革しろ」でお話にならない。
どう自己改革したらいいのか分からないので尋ねたら「そのくらい自分で考えろ」で平行線。
(※その人は↑の「オタク的」と陰で言った管理職と同一人物)
・そしてまた「復帰の前段階たる業務拡張」名目で他の人とは違う作業着を着せられて
慌てて道具類を買って「清掃業務」に従事。
(※復帰したメンタル不調者は概ねこのような扱い。知る範囲ではちゃんと復帰できた人を知らない。)

「清掃業務」が追加されてから「本来業務に復帰できるのか?」という不安もさることながら肉体的に
毎日ヘトヘトで困ってます。
本社や職場の「健常者」は本気でこれが自分たちの為になると考えている節があるみたいで
それを感じ取ったときから反発を通り越して「生きる行為全てに対しての疲労感」に苛まれる日々です。
とにかく「疲れた」としか感じられず、「樹海に行って途中で引き返す」とか
「丈夫なロープを買う」とか「職場の倉庫にあったビニール紐で首を絞めてみる」なんか衝動的行動が
現れ始め、自殺という手段も「苦痛からの解放」と感じて現実味を次第に帯びています。

……本当に疲れました……
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  Nyarlathotep 返答済み 5 年 前.

自殺念慮が強い患者様のご相談も多いようですな。

http://www.justanswer.jp/mental-health/6ombp-3-12.html

 

入院されることをお勧めします。

精神科 についての関連する質問