JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14291
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

パーキンソン病患者です。暑さに対して抵抗力がなくなりました。夏に向かい注意することは何かありますか?

解決済みの質問:

パーキンソン病患者です。暑さに対して抵抗力がなくなりました。夏に向かい注意することは何かありますか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。

暑さに弱くなられたのは、これは、パーキンソン病に伴う自律神経症状(DBS手術では解消されません)のために汗が出にくく、体内に熱がこもり、発熱しやすくなるからです(顔面はむしろ発汗が増えることが多いと言われています)。
これを発汗障害による「うつ熱」と呼びます。

「うつ熱」に対しては、特別な治療の手段はなく、着衣で体温を調整したり、夏はエアコンなどで室温を調整し、また、発汗による脱水症状にも注意をするようにします。

ただ、パーキンソン病の人は、手足や下半身は逆に冷えやすいため、こまめな温度調整が必要です。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問