JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

前回複雑酩酊について質問した者です。 丁寧なご回答をありがとうございました。 今回お聞きしたいのは「酒と向精神薬

解決済みの質問:

前回複雑酩酊について質問した者です。
丁寧なご回答をありがとうございました。
今回お聞きしたいのは「酒と向精神薬について」です。
前回の回答の中に「酒とデパスは禁忌」とありましたが、初めて心療内科にかかる際のインテークで「飲酒する」ことは申し出ておりました。
しかし投薬の際にも飲酒について言及されることはありませんでした。
「飲酒すると向精神薬がどう作用するか」について詳しく教えていただければ幸いです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。

「通常、アルコール摂取量に比例して中性神経抑制作用が増強します。薬剤とアルコールの同時摂取では作用が増強します。副作用として、眠気・精神運動機能低下、前向性健忘(寝る前や途中覚醒時の出来事を忘れる)、意識障害、筋弛緩作用による転倒・骨折、奇異行動、呼吸・循環抑制などが現れることがあります。作業能率などへの影響は薬剤の種類・用量、アルコールの摂取量、個人の体質などにより異なることが知られています」(http://www.doyaku.or.jp/soudanshitu/soudannzireisyuu/H21-1.pdf より引用)

デパスの添付文書では、
重要な基本的注意:眠気,注意力・集中力・反射運動能力等の低下が起こることがあるので,本剤投与中の患者には自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事させないように注意すること.
併用注意(併用に注意すること):アルコール(飲酒)/精神機能,知覚・運動機能の低下を起こすおそれがある./エタノールと本剤は相加的な中枢抑制作用を示すことが考えられる.
と記載されています(http://di.mt-pharma.co.jp/file/dc/dep.htm)。

パキシルの添付文書では、
重要な基本的注意:眠気、めまい等があらわれることがあるので、自動車の運転等危険を伴う機械を操作する際には十分注意させること。これらの症状は治療開始早期に多くみられている。
併用注意(併用に注意すること):アルコール(飲酒)/本剤服用中は、飲酒を避けることが望ましい。/本剤との相互作用は認められていないが、他の抗うつ剤で作用の増強が報告されている。
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/1179041F1025_2_25/

アルコールは禁忌ではなく「併用注意」でした。失礼しました。
禁忌なのは自動車の運転でしたね。

通常、これらは医師や薬剤師から説明されるべきですが、添付文書をご覧になっていただければおわかりのように、副作用や併用注意、禁忌をすべて説明していると3時間くらいかかるので、お薬を一緒に渡される処方情報提供書に主な注意事項が記載されるという形になることが多いですね。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問