JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14144
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

高校生の息子(16歳)のことです。ゴールデンウイーク明けに学校のクラブの下級生14歳が家で自殺しました。  原因は

解決済みの質問:

高校生の息子(16歳)のことです。ゴールデンウイーク明けに学校のクラブの下級生14歳が家で自殺しました。
 原因は学校生活ではないようですが、彼の死後一週間ほどたって気分が悪い、と訴えています。
気分が沈んでいルようでス。その原因の一つに部長として死んだ生徒の両親のところにしばらくしてから行かなくてはいけない、ということもあるようです。クラブ部員数は少ないので自殺したこのことも割合よく知っているようです。 親としてはどのように対処すべきか困っています。       土田昌子
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

正直なところを申し上げれば、多少の違和感は感じます。
ご記載を拝読する限りでは亡くなった下級生とは「割合よく知っている」程度の関係で、それでそこまで衝撃を受け、「一日中寝ていて食事も」摂れないような状態にまでなるものか、腑に落ちない部分がございます。

ご子息が下級生の死に直接に関わっておらず、純粋に感受性が強いためにご記載のような状態を呈しているのであれば、これは「死別反応」と呼ばれるものであり、これを乗り切るためには「喪の作業」と呼ばれる、下級生の死を受け入れ、昇華させるためのプロセスが必要です。

若年者が「喪の作業」を進めるためにご家族や周囲の方がするべき援助としては、

①無理に話させようとしないで、そばによりそって、少しずつ落ち着きを取り戻すのを待って対応する。
②接触を拒否する場合は、食事などの身の回りのケアをしながら、反応を見つつ距離を縮める。
③日常生活(食事、遊び、学習、休憩、睡眠)に早く戻り規則正しくできるよう助ける。
④学校、地域、家族を癒しの場とする。先生・近所の人、家族友人との関わりを促す。
⑤罪悪感や考えを聞く。

といった支持的な方法が推奨されています。
ご子息の場合は、今は少し距離を置いて様子を見ながら、少しずつ日常生活に戻っていけるように、促すのが得策でしょう。
特に、ある段階まで至ったら、⑤を実行することは、この場合きわめて重要であるような気がいたします。

「部長として死んだ生徒の両親のところにしばらくしてから行かなくてはいけない」理由は存じませんが、事情が許すならば、ご子息が現在のような悲嘆反応を脱してからにさせていただくべくべきでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。

【参考資料】
http://pcit-japan.com/kodomo_no_hitan.pdf
質問者: 返答済み 4 年 前.

土田です。解答ありがとうございます。下級生が自殺して2.3日は何でもなかったのが、その後だんだん口数 がすくなくなり、学校で気分が悪くなり、保健室に行ったら様子がおかしいのでカウンセリングを受けてみたら、とアドバイスをされたようです。学校では自殺した子と同じ学年の子が、やはりカウンセリングを受けたりしているようです。ぶちょうとして親のところ・・というのは四十九日に部長先生と家を訪ねることになるだろう、それに対しプレッシャーを感じているようです。亡くなった子との人間関係は普通だったようで問題はありません。

相談したいのは、何か自分で悩みがあったり、落ち込んだりすると一日中でも食事もせずに寝てしまうことがおかしいのではないかと親として心配していることもあります。息子は小学校の頃中学受験と短期間の不登校のストレスで2か月くらい解離性障害になったことがあります。(いわゆるヒステリー)。私が心配しすぎなのかもしれませんが、こういうことがあるとついつい心配してしまいます。自分の悩みをひたすら寝て解決しようとすることは不自然ではないのでしょうか?  土田昌子

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

そういうことでしたか。
私としては亡くなった下級生と何事かあったのかと方向で考えていたのですが、ご子息の側にそういったストレス対処をする傾向があったわけですね。

たしかに不自然ですし、解離、ヒステリーは心理的な防衛機制、もしくは回避機制ですから、ストレスに相対した時に、常にこの方法で嵐が過ぎ去るのを待つような対処様式を身に付けてしまっては、将来的にストレスに対して非常に脆弱な大人になってしまう可能性が否定できません。

今回のエピソードをとっかかりにして、カウンセリングを受けられてみた方がいいように思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございました。ストレスに弱い人間にはなってほしくないと思います。

 もし、病院を訪ねる場合、思春期外来、ストレス外来、心療内科 精神科などどこの病院に行くのが一番良いとお考えですか?教えてください。 土田昌子

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
思春期外来がある心療内科や精神科でしょうね。
町医者(普通の心療内科や精神科)ではご子息の年齢のこういった問題には対処できません。

思春期外来も玉石混交ですので、以下のサイトから検索できる児童青年精神医学会の専門医がいる施設を受診されることをお勧めいたします。

【児童青年精神科専門の医療施設一覧】
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14144
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • DrAkiraOlsen

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    該当なし
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrAkiraOlsen/2012-2-20_746_AkiraADpicmain.64x64.jpg DrAkiraOlsen さんのアバター

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    0
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/KE/kerosuke/IMG_0006[1].64x64.JPG kerosuke さんのアバター

    kerosuke

    精神科医

    満足した利用者:

    104
    平成16年 滋賀医科大学医学部医学科卒業 千鳥橋病院初期研修医平成18年 滋賀医科大学精神科後期研修医平成20年 滋賀医科大学精神科助教平成22年 滋賀医科大学地域精神医療学講座特任助教平成23年 滋賀医科大学精神科外来医長(兼任)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    精神科医

    満足した利用者:

    233
    鳥大学医学部卒。診療所院長(診療科:精神科、心療内科、内科、神経内科)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2556
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    297
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
 
 
 

精神科 についての関連する質問