JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

パーキンソン病と診断されて五年程度経ちます。手足の震えはひどくなる一方です。その頃から記憶力に不安が出てきました。医

解決済みの質問:

パーキンソン病と診断されて五年程度経ちます。左手足の震えから始まり、左腕・肩、左足甲・ふくらはぎの震え痛みはひどくなる一方です。その頃から記憶力に不安が出てきました。医師には何度も訴えましたが、異常はないと言われるばかり。記憶力減退を感じ 始めたのは、他の人の名前、顔を覚えられなくなり、今は毎日会う人しか記憶できません。週に2-3回会っている人の名前や顔を覚えられません。直前にしたことも何度も確認しないと忘れます。物をおいた場所は一週間前ならほとんど忘れています。方向音痴にもなっています。何度も行ったことのある道でも東西南北が分からなくなっています。一年前頃から、活動中に意識が遠くなることがあり、週に一度が今では毎日何度も。今週には完全に意識を失い救急搬送されました。機器の機能には興味が無くなり覚えたつもりでも、新機能は動かせほとんどできません。今まで興味のあったことに関心を失い、外出も減っています。手足の震え痛みは増す一方ですが、記憶力減退は深刻です。物忘れ、ものを覚えられない。休職になるかもしれません。数日で休職に追い込まれるかもしれません。パーキンソン病と共に違った病気を併発し、薬も合っていないのではないかと不安です。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

記名力低下、方向感覚の喪失はアルツハイマー型認知症の特徴的な症状です。
もともとの診断がパーキンソン病であるとのことですが、他の病気を併発しているのではなく、レビー小体型認知症という病気である可能性が高いように思われます。

【レビー小体型認知症】
http://ja.ikipedia.org/wiki/レビー小体型認知症

パーキンソン病とアルツハイマー病を合わせたような病気で、パーキンソン病の治療だけではなく、アルツハイマー病の治療を行う必要があります。
レビー小体型認知症でなくとも、パーキンソン病の患者様が認知症を合併することはしばしばありますので、現主治医の疾患理解は十分ではないように思います。

神経内科の専門医を受診されることをお勧めいたします。

【日本神経学会認定神経内科専門医名簿】
http://www.kktcs.co.jp/jsn-senmon/secure/senmon.aspx

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問