JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

人からわがままだと思われやすい。

解決済みの質問:

人からわがままだと思われやすいです。


こんにちは。自分はいままで何人かの人に、わがままだというようなことを本気で言われたことがあります。自分としてはベストを尽くしているつもりなのですが、それでもそのように言われると、これ以上どうしたら良いのかわからなくなります。自分は人間として欠陥があるのかと結論しそうになってしまいます。


まず自分は非常に疲れやすいです。精神科で統合失調症の診断を受けて現在治療していますが、主治医によると、それは統合失調症の症状というか特徴だそうです。そのせいで、人の話を真剣に聞けないときがありますが、それをうまく相手に伝えることができません。まず、相手の話を途中で遮るのは悪いと感じ、疲れたまま聞き続け、結局相手を不快にさせてしまいます。「いま疲れているので、あとで聞きます」のように言えばいいのかも知れませんが、それこそわがままではないかと思ってしまいます。自分の感覚や判断が信用できません。


また、人のせいにすることがよくあります。その時は本気で相手が悪いと思って行動すると、後になって悪いのは実は自分だった、ということがあります。


あと、自分は所謂社会常識というものが欠落しており、なんとなく不安な中で生活しております。人の顔色 を伺いながら、恐る恐る行動する、といった具合です。わがままだと人から言われることを非常に恐れています。なぜなら言われると非常に辛いからです。自分の行動に自信が持てません。


自分は、人の中に入っていくのが非常に苦手です。ある程度は誤魔化すことができ、フレンドリーなふりをすることができるので、傍から見ればなんの問題もない人と見えるかも知れません。しかし時間が経つと疲れてきて、演技もできなくなります。


あと、人に感謝するということがどういうことなのか、よく理解できません。だから人間関係がうまくいかないのかも知れませんが、でも本当は感謝していないのに、感謝しているふりをするほうがよっぽど相手に失礼ではないでしょうか?


なんとなく、自分の意見は変だと自分でも思うのですが、こういうのもすべて統合失調症の症状なのですか?それとも他になにか疑われますか?主治医には、セカンド・オピニオンは必要ない、統合失調症だけだときっぱり言われました。


自分をわがままだと言った人たちに問題があるとは思えないんですが・・・ちゃんと社会常識を身につけた人たちです。それに、生活面でいろいろと困っているのは自分であって、その人たちではありません。ですから、問題はやはり自分にあると考えました。

投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。前回、前々回のご相談に回答した猫山です。

相談者様の困られている対人関係の諸々は、統合失調症の陰性症状と認知機能障害という症状、また、7年間(でしたよね?)の病歴によって生じた社会的なブランクによって生じた二次的な障害によるものと思われます。

統合失調症は幻覚や妄想が生じるだけの病気ではありません。
幻覚や妄想を「陽性症状」といいますが、その他にも陰性症状や認知機能障害と呼ばれる症状を呈するのです。

陰性症状とは、感情の鈍磨、興味の喪失、引きこもり、意欲の低下、身だしなみ・衛生面にかまわない、気分の落ち込み、といった症状です。

認知機能障害は、学習能力や問題解決能力の重度の障害と、「情報を短期的に頭の一部にとどめておく」ワーキング・メモリーの中等度の障害のことで、これによって社会生活に大きな困難を生じることがあります。場の空気が読めない、臨機応変な対応ができない、といった問題はこれらの症状に端を発するものです。

相談者様は20代半ばで統合失調症を発症されていますが、その後の社会生活のブランクによって、この時期に身に付けるべき社会常識や、対人ストレスに対する耐性、人との関わりあい方などを学習する機会が乏しくなってしまったことも、現在の相談者様が困られている問題の一因でしょう。

これらの問題を解決するには本格的にはソーシャル・スキル・トレーニング(社会技能訓練)を受ける必要があります。
http://www.mental-navi.net/togoshicchosho/chiryo/shinri-syakai3.html

ただ、こういった訓練の場は残念ながら限られていますから、困難はあっても社会との関わりを保ち続け、その中で周囲から受けるフィードバックを受け入れることで、自己学習をしていくことが現実的な解決方法かもしれません。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

お世話になっております。

前回・前々回の質問も合わせて参照していただけたんですね。ありがとうございます。

自分はいま、一人暮らしを一年以上続け、作業所にもここ4ヶ月ほど続けて通っています。日々いろいろと学べて来ていると思うので すが、陰性症状というのは、一見安定していてもしつこく残るものなんでしょうか。というのは、自分のいま苦しいことのひとつは、一見問題なさそうなのに、実は様々な困難を感じながら生きているということなんです。そういう部分がバレるというと言葉が悪いですが、露見してしまうというか、人に知られてしまうのが恐いという感じで、わがままだと言われるのが嫌だから当分誰とも親しい間柄にならないようにしようとか、思ってしまいます。友達も非常に少ないです。

ところで、自分は小学生のときは非常に引っ込み思案で泣き虫、中学生あたりから、協調性がないと担任などから言われだし、た まに学校をサボったりして親に注意されたりしていました。学校に行くこと自体がものすごい苦痛でした。高校も同じ理由で中退、アルバイトをすぐ始めましたがそこでも社会常識が身につかず、知識も蓄積していかずに右から左、協調性はゼロでした。なので、統合失調症を発症した7年前から現在の間のブランク以前に、社会性が無かったのですが・・・これは一体なんだったのか、過去に拘るのは現在の治療法にはそぐわないかも知れませんが、知りたいです。すでに統合失調症だった可能性は高いでしょうか?

社会の一員として自信を持って生きたいと思い、日々いろいろと経験していこうと意欲はあるのですがなにか空回りしているような気がして、虚無感に捉われ、たまに自殺も考えます。

前回の話の続きになってしまいますが、きっぱり別れるという話になったにも関わらず、元彼が家に来ると言い出したので近所の警察署に相談に行ったところ、警察の人は彼からのメールを見て、「彼の言い分は理解できる」「彼はあなたがわがままだといって怒っているのだ」と言われ、前回猫山先生にお見せした彼からのメール内容はむしろ当然だとして納得しているようでした。もし彼が家に来たら、当然110番していいんですが、彼の言い分が正論だとなると、自分に自信がなくなり、今回の質問をさせて頂くこととなりました。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
そういう背景でしたか。
「潜行発症」という言葉があって、社会適応が良好ではなかった方が後に統合失調症を発症した場 合、過去を振り返って、「あの頃から統合失調症の陰性症状が先行して現れていて、社会適応が不良になったストレスが引き金になって陽性症状も現れて統合失調用が完成したのだろう」という考え方をすることがあります。

実際のところは、社会適応の良くなかった方が後に統合失調症を発症したのか、統合失調症の部分症状のために社会適応が良くなかったのか、検証する手段はありませんが、相談者様の場合も「潜行発症」が起きていた可能性は否定できません。

陰性症状は陽性症状に比べて薬物療法に対する反応が悪く、作業所も含めたリハビリテーション的なアプローチが必要になります。
時間もかかりますが、今の方法を続けられるのがよろしいかと存じます

元彼の件は……
警察にも色々な方がいるのだと解釈されておいてよろしいかと存じます。
質問者: 返答済み 5 年 前.

参考までにお聞きしておきたいのですが、「潜行発症」を起こした方の寛解率はどのくらいなのでしょうか?

どちらにしろ、統合失調症の寛解のためには、薬物治療と、リハビリ両方が欠かせないということでしょうか?リハビリは自分の場合、作業所と日々の生活そのものです。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
申し訳ありません。寛解率の数字までは存じないのですが、発症から治療開始前の期間が短いほど予後がいいと言われています。
陰性症状が先行するタイプの患者様は治療にたどりつくまでに時間がかかるので、寛解率も少し低めになるかもしれません。

「薬物治療と、リハビリ両方が欠かせない」というのはその通りです。
おかしな話、元彼との問題も含めて、こういうこともあるのが人生であって、それを処理していくプロセスはリハビリテーションになりうるでしょう。
質問者: 返答済み 5 年 前.

「おかしな話・・・」という部分、納得できます。問題解決能力を磨くという点では元彼との問題は起きてよかったということになるかも知れません。

あと、なにか問題が起きたときのために、やはり相談者は何人かいたほうがいいのでしょうか。病院に担当のケースワーカーがいますが、仕事のことは作業所の所長でもいいかも知れませんが。それ以外にもう少し気楽に相談に乗ってくれる人というのは、どんな機関や施設にいるんでしょうか?どういう形で相談を持ちかければよいのでしょうか?

最後に、今後、人からわがままだと真剣に叱られたりした場合の対応策というか、現実的な対応と、言われた後の気持ちの面での心構えみたいなもの、なにかアイデアありましたら宜しくお願いします。 言われると、ほんとうに自分を見失ってしまうほど落ち込んでしまうので・・・。あれば、で結構ですので・・・。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
病院のケースワーカー、作業所の所長、あと他に使える社会的資源としては、精神保健福祉センターの相談員くらいですかね。ご家族とか友人でそういった役割を果たしてくれる方がいるといいのですが。

本当に真剣にわがままだと言われて、言った人たちが「ちゃんと社会常識を身につけた人たち」ならば、素直に、どこが悪かったのかを尋ねて教えを乞うことが対応にもなるし相談にもなるでしょう。
心構えとしては……社会性という面では、ご自分はまだ10代の精神年齢のままなのだと肝に銘じておくことくらいでしょうか。

回答になっているといいのですが。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問