JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14198
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

知人がパニック障害、不安障害で悩んでおります。 (私が見た感じでは躁鬱病の症状もあるようです。) 15年前に飛び

解決済みの質問:

知人がパニック障害、不安障害で悩んでおります。
(私が見た感じでは躁鬱病の症状もあるようです。)
15年前に飛び降り自殺をし ましたが、九死に一生を得、
現在に至っておりますが、最近また死にたいと口にし、
言う事が支離滅裂、自分勝手で思い通りに行かないと
人を口撃し、すぐ投げ出してしまいます。

しかし、少し経つと冷静になり、あまり覚えていなく、
本人も気に病んでいるみたいです。

心療内科に通っているようですが、
カウンセリングを受けているらしいのですが、
最近薬の量も増え(処方より多く飲んでいます。)
一向に回復する感じもしないので、医者にも不信感を覚え、
変えさせたいと思っています。
何か良い方法はないでしょうか?
宜しくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

> 何か良い方法はないでしょうか?
とのことですが、どうお答えすればよいのでしょうか?

転院の可否に関するご質問と理解してよろしいですか? 読解力がなくて申し訳ありませんが、ご質問内容を明確にしていただけますと幸いです。

経験的には、こうしたインターネット相談では、ご質問を箇条書きにしていただきた方が、相互の擦れ違いは小さくて済むようです。
例:http://www.justanswer.jp/mental-health/6mf48-.html
質問者: 返答済み 4 年 前.


ご返答ありがとうございます。
解りにくくてすみませんでした。転院の可否というより、

 

質問したい事は
①今後この病気に対して回復の見込みはあるのでしょうか?

②薬を飲むと、呂律が回らなくなり、言っている事もおかしくなり、

後遺症のせいか、視点が定まらなくなり、足元もおぼつかない状態みたいです。
ですのでなるべく薬を飲まない方向もしくは軽めの薬で治療はできないのでしょうか?
現在服用の薬

マイスリー錠5mg

ユーロジン錠2mg
デパス錠 0.5mg
ルボックス錠 50mg
レキソタン錠22mg
ワイパックス錠0.5mg

③この人と将来結婚も考えていましたが、

相手にしてる私の方も正直、この人の言動に振り回され、
心身ともに疲れてしまっています。私も元々精神的に弱い部分があり、
影響されてしまって、このままでは私も病気になりそうです。
上手く付き合う方法などあればアドバイスもお願いいたします。

以上、宜しくお願いいたします。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

質問を重ねて恐縮ですが、追加で確認させて下さい。

④お示しいただいたお薬の用量は1日量でしょうか?

⑤現在、どれくらいの頻度でパニック発作を起こされているでしょうか。

⑥相談者様が躁うつ病を疑う根拠を教えてください。ご本人や主治医はそれについてどのような見解でしょうか。
質問者: 返答済み 4 年 前.

重ね重ねご返信ありがとうございます。

④はい、一日の量です。
マイスリー、ユーロジン、デパス、は就寝時1錠づつ、
ルボックス、レキソタンは夕食後一錠づつ

ワイパックスとデパス(一日以外)は
症状が出たときに服用するようになっています。

⑤最近はほぼ毎日(特に休日や暇な時がひどいです。)

⑥私もうつ病になりかけた事がある事と、
 この人以外にも私の周りに鬱病の人が多く、
その人たちと同じ言動、行動をするからです。

主治医は鬱病とは言っていないみたいなのと、
本人は鬱病ではないと言っています。

あくまでも私の経験上の話です。

宜しくお願いいたします。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
重ね重ねのご返信ありがとうございました。

まず、話をわかりやすくするためにパニック障害の標準的治療について説明させてください。

パニック障害の標準的治療は、まず薬物療法でパニック発作を抑制し、平素は発作が起きなくなったら次第に薬を減らしながら行動範囲を広げていき、最終的には薬を飲まずに元通りの生活が送れるようになることを目指します。

薬物療法はSSRI(選択的セロトニン再取り込阻害薬:ルボックスはこのカテゴリーに入ります)と呼ばれる抗うつ薬/抗不安薬と精神安定剤(ワイパックス、デパス、レキソタンはこのカテゴリーです)の併用で開始し、SSRIを増量しつつ、次第に安定剤を頓服薬にするなどして減らしていきます。
SSRI は服用を開始して十分量に増やしてから有効性が現れるまでに数週間かかります。今日飲んだら明日効くというタイプのお薬ではないのです。
一方で安定剤は、飲めばその時その時でパニック発作に効きます。一方で定時服用を数週間以上続けたら依存が生じます。
この2つのタイプの薬の特性をうまく利用し、SSRIが効くまでは安定剤で繋ぎ、SSRIが効いてきたら依存が生じる前に安定剤を減量していくわけです。

SSRIを速やかに増量して、改善後は速やかに減量するのがパニック障害の治療における薬物療法の良手です。
調子が悪い状態が長引くと二次的・三次的に種々の問題が生じてきますので、早期治療が大切です。

長くなりますので、いったんここで項を変えます。
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14198
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

そのあとの質問も答えて頂けるのでしょうか?

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
従いまして、ご知人の受けられている薬物療法の内容は、2週間前に治療を開始したというのでもない限りは、まったく不適切なものです。

第一に、主剤であるべきルボックスの量が足りていません。このお薬をパニック障害を含む不安障害に効かせよう思えば、最高用量である150mg/日は必要です。

一方で、他のお薬は量が多すぎます。
これらは全てベンゾジアゼピン作動性の抗不安薬もしくは睡眠薬です。このベンゾジアゼピンの過量投与は我が国の精神科薬物療法における問題点の一つとして国際的に悪評が高いのですが、ご知人の処方は、その日本の標準から申し上げてもレベルが低い部類に属します。

ベンゾジアゼピンの長期高用量投与に伴う問題点は、耐性や依存性等、枚挙にいとまがありませんが、ご知人の場合は奇異反応を呈している可能性が高いと思われます。
「視点が定まらなくなり、足元もおぼつかない状態」は、これを濃厚に疑わせます。

(つづく)
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご承諾・ボーナスありがとうございました。

長い回答の場合、他のエディターで作成して小分けにコピー&ペーストする形をとっています(このサイトはシステムトラブルが時々起こり、投稿した回答が消えてしまうことがあるため、そのような方法をとらせていただいています)。

残りの回答は作成中です。
決して報酬のもらい逃げはしませんので、このままご返信せず、最後までお待ちいただけますと幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
奇異反応とは、本来は気持ちを落ち着けたり眠りを催させるはずのベンゾジアゼピン系薬物の服用によって脱抑制が起こり、興奮したり、攻撃的な言動をとったりする副作用です。薬の量が多い場合や、アルコールと一緒に服用した時には起こりやすいと言われていますが、患者様の体質による部分が小さくありません。
http://www.sam.hi-ho.ne.jp/tootake/1997.7.15.htm

ご知人は恐らくベンゾジアゼピンに弱い体質で、まるでお酒に酔ったかのような「視点が定まらなくなり、足元もおぼつかない状態」は、まさしくベンゾジゼピンによる酩酊状態で、お酒で悪酔いしたように奇異反応が起こるのだと思われます。
「言う事が支離滅裂、自分勝手で思い通りに行かないと人を口撃し、すぐ投げ出してしまいます」という症状のある程度の部分は、ベンゾジアゼピンの副作用である可能性があるように思われます。

そもそも、最初の回答で述べたように、ベンゾジアゼピンは長期連用されるべきものではありません。
しかも、ワイパックス、デパス、レキソタンはほとんど同じお薬です。この3剤を併用しているのは、頭痛に対してセデスとノーシンとナロンエースを併用するようなものです。
レキソタンを夕方に服用しているのであれば、発作時もレキソタンを追加服用すれば良いのです。意味も無く処方を複雑にすべきではありません。

極論してしまえば、ご知人の処方はルボックスを1日150mgだけでよいのです。それが効かなければ、他のSSRIをやはり十分量まで試みるべきで、大量のベンゾジアゼピンの連用は愚策です。
かといって、ベンゾジアゼピンは依存性が強いので、急に止めると離脱症状(禁断症状)が出て不安・不眠が現れて大変なことになりますが。

どの程度の期間、現在の処方が続いているのかわかりかねますが、これ以上現行の処方を続けることは百害あって一利ありません。
標準的治療が出来る心療内科/精神科の医療機関に転院されることを私もお勧めします(JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介はしておりません。ご了承ください)。

(つづく)
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
回答をまとめます。

回答 > ①今後この病気に対して回復の見込みはあるのでしょうか?
一般的に申し上げて、パニック障害は数ヶ月単位でかなりの回復が認められ、1年以内には頓服薬をたまに飲む程度で済むようになります。完治する方も少なくありません。

回答 > ②薬を飲むと、呂律が回らなくなり、言っている事もおかしくなり……
これはこれまで述べてきたとおり、処方が不適切の一語に尽きます。
SSRIのみで治療が可能ですし、本来はそれも止められることが多い病気です。

回答 > ③この人と将来結婚も考えていましたが……

とはいえ、実際に不適切な治療が続いたことで病気がこじれています。
うつ病はパニック障害の6割に合併しますが、自殺念慮がうつ病の症状なのか、この方のパーソナリティの問題もあるのかは判じかねますが、決して付き合いやすい方ではないでしょう。治療が最適化されたとしても、それは変わらないかもしれません。
相談者様が「精神的に弱い部分があ」る方なのであれば、この方と深く関わることは大きな負担になるでしょう。
ご覚悟しだいではありますが、少し距離をとられた方がよろしいかもしれません。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.

猫山様

 

親身に長々とアドバイス頂きありがとうございました。
実は生活保護を受けているため、薬代はタダみたいです。
だから、医師が過剰に薬を出しているようにも思えます。
医者を変えるように言ったのですが、現在の医者が女医のため
安心するそうです。男性の医師だと怖くて色々話せないとみたいです。

大変為になりました。やはりしばらく距離を置いて見守る事も考えます。
ありがとうございました。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • DrAkiraOlsen

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    該当なし
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrAkiraOlsen/2012-2-20_746_AkiraADpicmain.64x64.jpg DrAkiraOlsen さんのアバター

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    0
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/KE/kerosuke/IMG_0006[1].64x64.JPG kerosuke さんのアバター

    kerosuke

    精神科医

    満足した利用者:

    104
    平成16年 滋賀医科大学医学部医学科卒業 千鳥橋病院初期研修医平成18年 滋賀医科大学精神科後期研修医平成20年 滋賀医科大学精神科助教平成22年 滋賀医科大学地域精神医療学講座特任助教平成23年 滋賀医科大学精神科外来医長(兼任)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    精神科医

    満足した利用者:

    233
    鳥大学医学部卒。診療所院長(診療科:精神科、心療内科、内科、神経内科)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2556
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    297
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
 
 
 

精神科 についての関連する質問