JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Nyarlathotepに今すぐ質問する
Nyarlathotep
Nyarlathotep, 医師
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 420
65535416
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
Nyarlathotepがオンラインで質問受付中

お子さんがが不登校+反抗期や家庭内暴力などで自殺される親御さんはどのくらいいらっしゃいますか?

質問者の質問

お子さんがが不登校+反抗期や家庭内暴力などで自殺される親御さんはどのくらいいらっしゃいますか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

この手の資料を持っているのは警察庁ですが(自殺は不審死に分類されるので)、そこまで自殺理由を細分化した集計はされていないようです。

下記資料(「平成23年中における自殺の状況 - 警察庁」)の表5に原因・動機別の集計が載っていますが、このうちの「家庭問題」で自殺された方の何割かがお子さんの「不登校+反抗期や家庭内暴力」で亡くなられたと類推するしかないでしょう。
例えば、学校に行く、反抗期の年齢の子供がいる方の年齢を主に30~59歳と仮定すれば、家庭内問題が原因で自殺された方は約2400人、家庭内問題の半分が「不登校+反抗期や家庭内暴力」だと仮定すれば、約1200人がお子さんの問題で自死されたのであろうと推定できます。

【平成23年中における自殺の状況 - 警察庁】
http://www.npa.go.jp/safetylife/seianki/H23jisatsunojokyo.pdf

公表されている資料から申し上げられるのはこの程度かと存じます。
ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございます。

私が質問させていただいたのは、統計資料や。検索すれば、わかるような情報ではなく、

現場の人しか分からないような、生々しい経験をもとにした、納得できる回答がほしいのです。 だからこそ、お金を払って質問させていただいています。 家庭問題の半数が不登校というのも、なにか根拠があるのでしょうか?

 もしこれが回答の限界でしたら、回答は承諾できません。

よろしくおねがいします。

専門家:  Nyarlathotep 返答済み 5 年 前.

ネットで調べてみたのですが、わかりませんでした。とあなたが書いていたから、猫山大先生も資料に当たったのではないでしょうか。

現場の人しか分からないような、生々しい経験をもとにした、納得できる回答ってどんな回答ですか。

私は現場で20年間以上精神科医やってますが、お子さんがが不登校+反抗期や家庭内暴力などで自殺される親御さんにはお目にかかったことがありません。死んだら病院には来ないんですよ。

だからこの問題で情報を持っているのは警察でしょう

「現場」の意味を取り違えられているのでは?

精神科 についての関連する質問