JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

先日は大変有難うございました。オニオンパール状の障害を指摘頂いた者です。3テスラのMRIで撮影しその後造影剤を使用し

解決済みの質問:

先日は大変有難うございました。オニオンパール状の障害を指摘頂いた者です。3テスラのMRIで撮影しその後造影剤を使 用しての撮影で『脳幹橋・延髄』の障害が見つかりました。本当に心より感謝致して居ります。(猫山をご指名ください)カルテ開示で


橋は横断像で腫大した様に見え、年齢の割にT2延長域(高信号)やFLAIR像での高信号域が目立ちます。慢性虚血性変化としても不自然な印象です。可能であれば造影MRIや拡散強調画像を併せてご確認ください。椎骨、脳低動脈が蛇行し、橋左前方を圧排しています。









 基底核、白質にFLAIR像での高信号域が散見されます。
慢性虚血性変化、微小梗塞巣と思われます。

 C5/6,6/7で骨棘、椎間板、椎間間接の突出による背柱官、椎間孔狭窄が見られます。

[画像診断]

橋病変が否定出来ません。
椎骨、脳低動脈による脳幹の圧排
慢性虚血性変化、微小梗塞巣
頸椎性神経根症の疑い
が2012.3.8のカルテです。

次回2012.4.9の造影剤使用時
前回と同様に橋は若干肥大している様に見えます。
微細なT2延長域(高信号)が複数見られます。
FLAIR像で高信号は指摘できません。
画像上は微小嚢胞の所見です。血管周囲くうが疑われます。中脳の右寄に拡張強調像で異常信号が見られますが、ADCmapでは認識できず、他の断面の拡散強調画像でも認識できません。アーチファクトと思われます。
異常濃染は指摘できません。
活動性の炎症や腫瘤、急性期病変は否定的です。

基底核、白質に慢性虚血性変化、微小梗塞巣が散見されます。他の所見に変化はありません。

[画像診断]

橋の腫大
複数の血管周囲空くうの描出
腫大
と血管周囲くうだけでは、おそらく病的意義はないと思われます。

[コメント]
症状と併せて経過観察してください。

と在りまして、予約で一時間待ちで15分間の面談です。
二月よりふわふわと眩暈と吐き気と頭痛(今までに経験した事のない程の眩暈がずーと続いて居まして、時間が来ても食欲がなく、しょうが無く食べています。
今まで嗅覚外来での投薬『ドルナー20γ一日3Tのみを続けて居ますがひしひしと記憶力の低下を感じ、左の前方の見え方が悪くてよく打撲します。視力が急激に悪化しまして、物が見えずらいです。先生からは何の説明も受けておらず、14級9号の後遺障害を再度申請する旨話していますが、無視です。以前上部障害が考えられると言われた『脳神経外科』に行きたいと話すと『脳外科だから』違うと言われましたが、一度『脳神経外科』に行くつもりです。
長々と書きましたが
、今の私は、異常の所見を証明できて幸いです。此れから先はどの様な事に成ろうとも、受け入れていきます。私の取るべき治療法と今後の推移等、宜しくお願い致します。猫山司先生を指名いたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
猫山です。

その後の経過の詳細なご報告、まことにありがとうございました。
病変部位がはっきりしたのは、まずは良かったと考えられるべきでしょう。

しかし、診断は付いたけれども、それによって治療や各種手続きは一向に前進していないということでの今回のご相談だとお見受けいたします。

今回の検査結果をもってセカンドオピニオンを受けに他院・他科を受診されることは私もお勧めいたします。
ただし、その受診先は『脳神経外科』ではなく『神経内科』であるべきです。これは私の前回の回答をご参照ください。
脳外科は脳神経外科の略称ですから、「『脳神経外科』に行きたいと話すと『脳外科だから』違うと言われ」たのは、それはその通りでしょう。

同じ神経疾患を診るにしても、脳外科医と神経内科医では全く視点が違いますので、是非神経内科を受診されてください。
質問者: 返答済み 5 年 前.

今後の経過で以前は年間数日に眩暈と頭痛がおきて2~3間寝ていたら直りましたが2月よりは、眩暈と頭痛が激しく、嘔吐感に悩まされて居ます。食事は何時間経っても、空腹感が起きずに、食事が苦痛です。睡眠障害でしょうか、夢も5年以上見ていませんし、夜中の3時頃に目覚めてそれ以降は苦痛のみの時間です。主治医は『延髄はメスは入れら れません。直ちに死んでしまいます。』と言われるのみです。今後は何を最優先して人生をまっとうするべきか、お教え下さいませ。私的には、示談で14級の9号でした。カルテ開示で色々判りましたので、私の現状に即した等級と今後の推移で起こるであろ、今後に即した等級の獲得に力を注いで行きたく思っています。何卒私の今後の歩むべき道をお示し頂ければ、幸いです。節に節にお願い致します。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
恐れ入りますが、相談者様の人生の歩み方を指南することは医師の分を超えた行為であり、また私の能力的にもその点についてはご相談に乗りかねます。
よろしくご理解・ご容赦ください。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問